印象の良いデートの断り方を教えます!相手を傷つけずに済む方法とは

LOVE

会社の同僚やただの男友達など、これからも良好な関係を保ちたいけれど恋愛対象ではない!
そんな相手にデートのお誘いを受けた時の、正しい断り方をご紹介します♡

相手を傷つけないデートの断り方①仕事や習い事

https://www.shutterstock.com/download/success?src=OrjtxT7Hzn-2AYzVmmVMkQ-1-12

デートを断る際に気をつけたいのは、相手を傷つけずにあくまで自然で無難な口実を作るかということです♪

最も使いやすい口実は、仕事やバイト、大学の授業、習い事など、こなさなければならないタスクがあることです。

好意を抱いている相手であれば、尚更その人のメインタスクを押し切ってまでデートに誘ってくることはないでしょう♡

ただし、何度も誘われているのにその都度仕事を口実にお断りをしていると、さすがに嘘っぽく感じられるので使う頻度には注意!

また、お仕事を理由にお断りしたことを忘れて買い物や遊びに行っていたことがバレないように、誘われた日のSNS更新にも気をつけましょう。

相手を傷つけないデートの断り方②恋愛はお休み中

https://www.shutterstock.com/download/success?src=OrjtxT7Hzn-2AYzVmmVMkQ-1-49

デートのお誘いをしてくるということは相手は少なからずあなたに好意を抱いていますし、その後の関係が発展することを期待しています。

全くその気がないのに弄んでいると、後々相手を傷つけたりがっかりさせてしまいますし、二人の関係も微妙になってしまいます。

そういう場合はハッキリと「今は恋愛お休み中なの!」と伝えましょう♪

実際に仕事や自分磨きに専念したい時期はありますし、相手も自分に好意がないとダイレクトに言われるよりは「恋愛はお休み中」とやんわり断られる方が気が楽です。

相手を傷つけないデートの断り方③好きな人がいる

https://www.shutterstock.com/download/success?src=F7L29eL6WAkyNcntyE4tdg-2-30

先ほどご紹介した仕事を口実にした断り方や「恋愛はお休み中」という理由では、いつか再び誘われる可能性が高いです。

好きな人への依存度が高かったりストーカー気質な人などこれ以上お誘いを受けたくないという場合は「好きな人がいる」と言ってしまうのも一つの方法です。

あるいはデートに誘われる前に、自分の好きなタイプについて相手にあてはまらなさそうなポイントをさりげなく伝えておくのもオススメ♪

好きな人がいることを伝える際に、同時にデートに誘ってくれたことに対する感謝の気持ちも添えるのも忘れずに!

相手を傷つけないデートの断り方④家族や友人

https://www.shutterstock.com/download/success?src=aC0GXEYFQZFGacrwk6KCrQ-5-47

5つ目は、家族や友人など他の大切な人との約束を口実にした断り方。

恋人ではない少し親しい男性からのお誘いより、仲の良い友人や家族との時間を優先させることは不自然ではありませんよね!

もちろんこの口実も何度も同じ人に使っていると嘘っぽく感じられてしまいますが、ナチュラルに一度断るには丁度良いでしょう♡

相手を傷つけないデートの断り方⑤体調が優れない

仕事や他の人との約束以外にも体調が優れないことを口実にするのもおすすめです。

「最近身体壊しやすくて」や「偏頭痛持ち」、「疲れがたまりやすくて休日は家でゆっくりしたい」など、お断りするときに体調が悪くない時でもさらっと断ることができます。

デートをお断りする際は、誘っていただいたことへの感謝の気持ちも同時に伝えて相手を傷つけないようにすることが大切ですよ♡
ぜひ、実践してみてくださいね。