いいオンナは知ってる♪ホワイトデーでお返しをもらうためのテクニック

LOVE

バレンタインデーが無事に終わると、すぐにホワイトデーがやっきます。
今度は男性からお返しとしてプレゼントを貰える日ですが、中にはお返しをくれない男性も多いようです。
そこで今回は、男性からバレンタインデーのお返しをもらうためのテクニックをご紹介いたします。

ホワイトデーのお返しを忘れている男性が多い!

バレンタインデーでもらったもののお返しとして、今度は男性から女性に贈りものをする日であるホワイトデー。
しかし、興味がない男性はホワイトデーをスルーしてしまいがち。

女性からすれば、「頑張って用意したのに、お返しがないなんて」とガッカリしてしまいますよね。
高価なものが欲しいわけではなく、「ありがとう」と言うちょっとした気持ちが欲しいのに、気づいてもらえないのは切ない!

でも「バレンタインデーのお返しは?」とガツガツ聞くこともできないのが乙女心。
男性が気づいてスマートに用意してくれることが一番ですが、鈍感な男性が多いので、女性からありとあらゆるテクニックを使ってお返しをもらいましょう♪

ホワイトデーでお返しをもらうためのテクニック①素直におねだりする

ホワイトデーで何か準備してくれているのかな?と探るよりも、単刀直入に素直におねだりすることが一番です。
しかし、何度も言ったりすると、鬱陶しいと思われてしまうので注意が必要。

素直におねだりするのであれば、タイミングと言い方がポイントです。
最適なタイミングとは、男性の機嫌がいいとき!
機嫌が悪いときに言ってしまうと、さらにイライラさせてしまうことも……
手料理を振舞ったり、マッサージをしてあげた後を狙うといいですよ。

そして言い方は、簡潔に述べること。
「○○が今すごい有名なんだって!いいな、これ欲しいなぁ」と遠回しに言うよりも、「バレンタインデーのお返しは○○が欲しいな」とダイレクトに言ったほうが彼に届きやすいです。
遠まわしに言っても伝わらないことがあるので、要点をまとめてみてください。

ホワイトデーでお返しをもらうためのテクニック②バレンタインを思い出させる

「素直におねだりはできない!」と言う方も多いと思います。
その場合は、バレンタインを思い出させる作戦でいきましょう。

例えば、手作りのバレンタインチョコを渡したのであれば、「そう言えば、バレンタインにあげたチョコどうだった?」と聞いてみてください。
多くの方が、このテクニックでお返しをもらっているそう♪

「美味しかった?」と感想を聞くことができたら、「○○くんに喜んで欲しくて頑張ったんだよ」など、“バレンタインデーはあなたのことを考えていた”とさり気なくアピール。
そうすることで、男性も「ホワイトデーにお返しをしなきゃ!」と気づいてくれるはず。
ただし、しつこく聞くことはNGです。
確実に感想が聞けるようなリラックスしている時間に聞くとよさそう!

ホワイトデーでお返しをもらうためのテクニック③LINEでアピールする

直接聞くことができなくても、メッセージでなら聞きやすいと言う女性も多いでしょう。
その場合は、無理せずLINE(ライン)でアピールしてみましょう。

バレンタインデーを一緒に過ごしたカップルなら、ホワイトデーも一緒に過ごすのではないでしょうか?
14日に会えなかったとしても、別日にデートをしますよね。
ホワイトデーが近づいてきたら、「ホワイトデー楽しみだね♪」と送ってみてください。
デート楽しみだねと送るよりも、ホワイトデーであることを意識させることができ、いつもより特別な日であることをさり気なくアピールできます。

もし、ホワイトデーのお誘いがなければ、思い切って「ホワイトデーどうする?○○に一緒に行きたいな」と送ってみることが効果的ですよ!
女性からすれば、デートスポットは彼に決めて欲しいと思うものですが、自分から行きたいところを積極的に言うことで男性も行きやすくなるみたい。

ホワイトデーでお返しをもらうためのテクニック④ショッピングデートに誘う

ホワイトデーを一緒に過ごす前に、一度ショッピングデートに誘うことも一つのテクニックです。
大好きな彼からもらったプレゼントなら何でも嬉しいですが、男性の中には“何をあげたらいいのか分からない”という場合が多く、好きじゃないものをあげても仕方が無いからとお返しを諦めてしまうこともあるんだそう。

なので、ショッピングデートに誘い、ショッピング中にさり気なく「これ可愛い、欲しいなぁ♡」とアピールしてみましょう。
毎回おねだりされていたら困ってしまいますが、たまーにおねだりするのであれば、嫌な気持ちになる男性は滅多にいません。

むしろ、“こういうものが欲しいんだ、プレゼントしてあげたい”と思わせることができます。
あまり高価なものは頼まず、気軽に買えるもののほうがお返しをもらえる確率がグッと上がりますよ♪

ホワイトデーでお返しをもらうためのテクニック⑤友人の話題を出す

もし、ホワイトデーを過ぎても、お返しをもらえなかったら最終手段を使いましょう!
それは、友人の話題を出すことです。

遠まわしに「友人カップルのホワイトデーはこんな感じだったらしいよ」と言ってみましょう。
男性からすると、他のカップルの話題は嫌であると同時に、“自分だったらもっとスゴイことが出来るぞ”と奮闘する気持ちが沸々と湧き上がるそうです。

ただし、友人カップルの話を出しすぎると、自分との時間は楽しくないのかなと拗ねてしまう場合があるので注意が必要。
友達に協力してもらい、彼氏からもらった写真を送ってもらって、そのままの流れで見せることが自然にアピールできる方法です。
いいところを見せたい男性なら、「こんな物でいいの?」と聞いてくれるかも♪

もらったときは最高のリアクションを!

彼からバレンタインデーのお返しをもらえたときは、最高のリアクションをしてあげましょう。
そうすることで、「また来年のホワイトデーもプレゼントしたいな」と思わせることができるんですよ♪
もらったときに意識したいポイントをいくつかご紹介いたします。

・トーンを上げ、素直に喜ぶ
「わぁ嬉しい!」と、いつもの声よりワントーン高くして、素直に喜びを伝えましょう。
嬉しそうな彼女の笑顔に、彼もキュンとすること間違いなし。
少しオーバーに、抱きついてみることもアリですよ。

・お返しがあることを予想外だと思う
「お返しがあるなんて思ってなかった!ありがとう」と、予想外であったことを強調し、お礼を伝えてみてください。
見返りをもとめない、謙虚な姿勢に好感度が上がります。

・上目遣いで嬉しい気持ちを伝える
男性がときめく女性のしぐさとして人気の高い“上目遣い”を取り入れつつ、「今開けてみてもいい?」と言ってみましょう。
見たい気持ちを抑えることが出来ないと伝えることができ、本当に喜んでいるんだと感じてくれるでしょう。

・最後に男性を褒める
プレゼントを見たとき、どんなものでも「センスいいね!」と褒めてあげましょう。
そうすると男性は、頑張って選んだ甲斐があったと嬉しくなるものです。
男性の頑張りを汲み取れる女性は、周りから見ても素敵ですよね♪

ご紹介したポイントに合わせて、ホワイトデーデートの別れ際にはもう一度「お返しのプレゼント、本当にありがとう」と伝えてくださいね♡

彼からホワイトデーでお返しをもらうためのテクニックを、ご紹介させていただきました。
どのテクニックでも共通して言えることは、「さり気なく」です。
ガツガツいくと、男性側に嫌な思いをさせてしまうので、相手のことを考えつつ、男性の心理をついてアピールすることがもらい上手な女性のポイント!

“私の彼はちゃんとくれるのかな”と不安になったら、ぜひ試してみてくださいね。