「子供好き」を仕事にしてみよう!子供に関わる6つの職種♡

可愛くって無邪気な子供は、いつ見ても元気をもらえる存在です。
あなたの子供好きを仕事に活かしてみませんか?少子化とはいえ、子供と関わる仕事は本当にたくさん!
自分にあった職種を選んで、好きを仕事にしちゃいましょう。

《子供と関わる職種①》保育士・幼稚園教諭

結婚しても仕事があるといえる、保育士や幼稚園教諭は、子供と関わる仕事として、誰もが真っ先に思いつく仕事の一つです。

保育士免許は社会人からでも取得できるので、出産を機会に保育士免許を取得する人もいるのだとか。

子供の成長をそばで見守れる保育士さんや幼稚園の先生は、責任重大だけど魅力的な職種です♪

《子供と関わる職種②》習い事の先生

自分の特技を生かして子供と関わる職種を探すなら、水泳教室や音楽教室・英会話教室など子供向けの習い事の先生もおすすめです。

何よりも自分の好きなことを最大限生かした仕事だからやりがいも十分!

将来的には個人で独立することも教室によっては可能です♪

《子供と関わる職種③》看護師・小児科医

子供の命、健康に関わる仕事をしたいなら、看護師や小児科医などの医療系の職種もおすすめ。
何といっても手に職がある状態なので、将来も安心です!

看護師さんは社会人になってから、改めて目指すことも不可能ではありません。

キャリアチェンジを図るなら、何事も早めが吉。
子供と関わる職種への転職を考えているなら、早めに計画を立ててみましょう。

《子供と関わる職種④》教師

大学でなんとなく取ったという人もいるかもしれない「教員免許」。

小学校の先生は、子供と関わる職種の代表格でもありますよね。
教育を通じて、健やかな成長をサポートする仕事はやりがい十分!

私立の学校は、ユニークな教育方針を取り入れているところもあり、自分の考え方にあった職場を見つけることだってできますよ。

《子供と関わる職種⑤》臨床心理士

心に傷を負ったり、問題を抱えている子供をサポートするのが、臨床心理士という職種です。

カウンセリングなどを通じて、子供の悩みを聞き出し、一緒に解決を目指していく仕事は、児童虐待やいじめなど、子供を取り巻く問題と関わる職種でもあります。

優しく寄り添う、という気持ちが大切になる仕事ですね!

《子供と関わる職種⑥》児童福祉司

家庭内暴力や児童虐待など、子供の問題に行政という立場から関わるのが児童福祉司という職種です。

児童福祉司は、自治体に所属する児童相談員を指し、子供だけでなく保護者のサポートや問題解決のお手伝いにも関わる仕事です。

児童福祉司になるためには、しっかりと資格を取得することが必要。
計画的にキャリアプランを考えないとなれない職種です!
他にも子供と関わる職種は、子供向けサービスを提供する会社の社員になるなど、手段はいろいろ。
自分にあった働き方や職種かどうかなどを考えて、見極めていくといいでしょう。
あなたの好きを仕事に変えるきっかけになりますように♡

【関連記事】#プレ花嫁 に必要な知識▷プロポーズから入籍までの結婚準備

♡4MEEE magazine Vol.1 p.96〜「“最幸”に幸せな結婚をするには」大好きな彼からプロポーズを...


【関連記事】あの大学にエスカレーターで!?都内の名門幼稚園4選!

4MEEE世代の皆さんも結婚や出産を考える時がありませんか?そして、子供ができた時の想像をし...

子供 関わる 職種

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

川島ゆい

丸の内OLからフリーランスに転身してもう5年……。
おしゃれや毎日を充実させることを毎日考えていま…

>もっとみる