リフレッシュ上手になれる♡ハーブの種類&効果と上手な活用法

BEAUTY

リラックス効果を得られることで有名なハーブですが、種類によって様々な効果を期待することができるってご存知でしたか?
あなたの今の気分や症状に合わせたハーブを選んで、お家で上手に活用してみましょう♡
ハーブが持つそれぞれの効能や、お家での活用法をご紹介します。

活用する前に確認!ハーブの種類と効果

「リラックス効果が得られる」という、ざっくりとした効果は有名なハーブですが、実は種類によって、得られる効能は様々なんです!

あなたが「疲れたな……。」と感じた時、どんなハーブがその効能を発揮してくれるのか、チェックして活用しましょう♡

・カモミール
青りんごのような香りが特徴的で、不眠やイライラ、生理痛、の際に気分をやわらげてくれます。

・ラベンダー
リラックス作用だけでなく、鎮静、抗菌効果が期待できます。不安な気持ちやイライラを抑えてくれますよ。
妊娠中の使用は控えたほうが良いともいわれています。

・ローズ
強壮の作用が期待できるので、ストレスを感じた時に使用するのがオススメです。保湿効果や鎮静作用があるので、美容効果も期待できます。

・ミント
鎮静作用があるので、ストレスによる胃の不調が見られる際にオススメです。

・ローズヒップ
ビタミンCを多く含むので、美肌効果や疲労回復、イライラを感じた時に効果を発揮してくれます。

・リンデン
不眠が心配な時に効果を発揮してくれます。発刊効果があるので、風邪を引いていて早く治したいときにもオススメです。

リラックスできる♡お家でのハーブの活用法▶ハーブティー

様々な効果が期待できるハーブですが、お家で活用するのであれば、香りと味に癒される、ハーブティーがオススメです♡

【材料】(1人前)
・ドライハーブ ティースプーン山盛り1杯(フレッシュハーブの場合には、その2倍)
・カップソーサー1杯分のお湯

【作り方】
ティーカップにハーブを入れ、お湯を入れ、ソーサーをかぶせる。
ソーサーをかぶせておくことで、蒸らして風味を豊かに仕上げることができます。

ドライハードとフレッシュのハーブでは、ドライハーブの方が効果を得やすいといわれています。
しかし生のハーブの方が香り高いので、好みでフレッシュハーブとドライハーブをミックスしても良いですよね。

ハーブティーは、温かいままいただくと発汗作用が、そして冷たくしていただくと利尿効果が得られるといわれています。
ハーブティーはノンカフェインのものが多いので、妊娠中にも活用できるのが嬉しいですよね♡

リラックスできる♡お家でのハーブの活用法▶フェイスマスク

ハーブティー以外にも、美容効果が高まるフェイスマスクを作って活用する方法もオススメです。

【材料】
・ドライハーブ 5g程度
・フェイスマスクシート
・お鍋
・茶こし

【作り方】
・ドライハーブを細かくして、お鍋ぶ熱湯を注ぎ、5分抽出しましょう。
・カップに茶こしで漉し、注いでそれを冷まします。
・そこにフェイスマスクシートを含ませます。
・軽くしぼって顔にひろげ、10分間パックすればOKです!

暑い季節、日焼けが気になる時にはラベンダーやローズを使用すると、日焼けによる炎症を抑えてくれますよ。
紫外線を予防したい人には、ローズヒップがオススメです♡

まずは腕の内側などの目立たない部分で試し、お肌との相性を確認してから顔をパックするのが良いでしょう。

リラックスできる♡お家でのハーブの活用法▶ハーバルバス

最後にご紹介するのは、香り豊かなハーバルバス♡
想像しただけでも、癒されそうですよね。

【材料】
・ドライハーブ 20g程
・布袋(お茶パックでも可)

【作り方】
・布袋にドライハーブを入れて、お風呂に入れるだけ!
他にも熱湯で予め10分以上抽出し、濃いめのお茶を作ってそれを湯船に入れる方法でもOKです。

体が冷えていると感じる日には、ハーブにお塩をプラスして活用する方法がオススメですよ。

お家でハーブを使用する際の注意点

様々な種類があるハーブですが、それぞれ産地や栽培方法によって、風味が少しずつ異なります。
なるべく自然な方法で栽培された、安全性の高いものを選ぶことを心掛けましょう。

味だけでなく、効能が異なってくることもあるので、安全性重視で選んで活用することがオススメです♪

とにかく癒されたいという時だけでなく、美肌を意識したい人にも、ハーブはオススメ!
様々な活用法があるので、期待する効果に合わせてお家で試してみてくださいね♡