言わずとも肌が語る。年齢が出やすいボディパーツとそのケア方法

歳を重ねるたびに気になってくるボディパーツ。
若い頃のようにハリがなくなり、シワも目立ってきて、女性ならではのお悩みは尽きませんよね。
年齢に合ったケア方法を取り入れていかないと、ケアしているのに逆に老けて見えるなんてことも……。
後悔しないよう、年齢が出やすいボディパーツをチェックして、今からケアをしていきませんか?

年齢が出やすいボディパーツとは?

20代後半から歳を重ねるたびに現れやすくなる、ボディパーツのエイジングサイン。
目に見えて分かるパーツもあれば、自分では気が付きにくいパーツもあります。

気にしている方が多いと思いますが、実際にどんなケア方法を取り入れたらいいのか分からない方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、年齢が出やすいボディパーツとそのケア方法をご紹介します。

「まだ大丈夫」と油断しているうちに、どんどんお肌は変わってしまいます。
美しい姿をキープするために、今からケア方法を見直していきましょう。

年齢が出やすいボディパーツとそのケア方法①デコルテ

最も年齢が出やすいといわれているボディパーツが、デコルテです。

デコルテとは、首から胸元にかけてのパーツを指します。
いくらお顔のスキンケアをしっかりしていても、横ジワが入った首やくすみのある胸元を見てしまうと、年齢を感じてしまいますよね。

美しいデコルテをキープするためには、お顔と同じようにスキンケアをすることがおすすめです。

化粧水や乳液などをデコルテまで広げて、軽くマッサージを取り入れながら毎日のケアを欠かさないようにしましょう♪

年齢が出やすいボディパーツとそのケア方法②目元・口元

年齢を重ねるごとに、目尻や口元のシワに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
お顔全体はケアとあわせて、目元や口元の集中ケアもしたいところ!

皮膚が薄いので、どうしても乾燥が目立ちシワができやすくなるので、ケア方法を適宜見直すことが大切です。

おすすめは、保湿成分やハリを与える化粧品に変えることや、蒸しタオルで目元や口元を温めてあげること。
凝り固まった筋肉をほぐし、リラックス効果が得られます♪

年齢が出やすいボディパーツとそのケア方法③手の甲

手の甲も目元や口元と同じように皮膚が薄いので、年齢を重ねるごとにしぼんだり、血管が浮き出たりします。
また家事や仕事柄、水を多く使っている場合は荒れやすくなります。

手の甲のケア方法は、ハンドクリームを塗る前にお顔で使っている基礎化粧品を塗ることです。
手にも潤いをしっかり与えてあげましょう!

就寝前は絹の薄い手袋をして寝ると、翌朝のしっとり感を実感することができますよ。
ハンドクリームは常に持ち歩いておくことがおすすめです。

年齢が出やすいボディパーツとそのケア方法④あご

年齢を重ねるとともに、あごのたるみが気になる女性も多いようです。
シミなどであればメイクで誤魔化せますが、フェイスラインは隠せませんよね。

老け顔に見える原因にもなっているので、パソコンやスマホを見る姿勢を気をつけるとともに、マッサージをしていくことがおすすめです。

握りこぶしを作ったら、あごからこめかみに向かってリンパを流すイメージでマッサージをしていきましょう。
お風呂上がりのスキンケアとともに、取り入れてみてください。

年齢が出やすいボディパーツとそのケア方法⑤背中

自分では変化に気が付きにくく、ケアを怠ってしまいがちなボディパーツが背中です。
ふと鏡を見たときに、こんなところに贅肉が……!なんて経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

美しい背中を維持するためには、こまめな運動を取り入れることがおすすめです。
フェイスタオルの端と端を両手で持ち、前に伸ばした状態から頭の後ろを通るように肩甲骨あたりまで下ろす運動を10回ほど繰り返しましょう。
日頃の姿勢も関係しているので、猫背になりやすい人は意識して姿勢を正しましょう。

また背中は、老廃物が溜まりやすいパーツなので、ボディクリームなどで優しく保湿してあげることも大切です。
年齢が出やすいボディパーツと、そのケア方法をご紹介しました。
これからは基本的なケアとともに、気になるボディパーツを重点的にケアしていくことが大切です。
後々になって後悔しないよう、美しい姿をキープして周りと差をつけてみてはいかがでしょうか?♡

【関連記事】ささくれ&ひび割れの原因!乾燥を撲滅する基本のハンドケア方法♡

手元のオシャレを楽しみたいみなさん。ネイルはばっちりなのに、手が乾燥で荒れているなんて...

年齢 ボディパーツ ケア 方法

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小湊 瑠衣

beautiful daysをあなたに♡

>もっとみる