せっかくのお祝いだもん!デザインも可愛いくね♡【ご祝儀袋】特集

Cover image: zozo.jp

結婚式や出産祝いなど、人生の節目となるお祝いごと。
お祝いごとのシーンでは、ご祝儀を包むのが日本の習わしですが、お金をポンと封筒に入れるのではなく、華やかなご祝儀袋に入れますよね。
いざというときに、コンビニのものを使うよりは、しっかり選んだ素敵でオシャレなご祝儀袋を使いたいもの。
何かと使うシーンが増える年代だからこそ、ご祝儀袋をいろんな種類で用意しておきませんか?

シーンによって種類が違う?ご祝儀袋の選び方

一般的に、ご祝儀袋は金額によって選ぶタイプが異なります。
友人の結婚式のように、3万円程度を包むお祝いの場合は、金銀のシンプルな水引で装飾が施されたノーマルタイプが一般的に選ばれる種類です。

また、「水引」と呼ばれる装飾も、お祝いによって適した形があります。
気をつけたいのが、リボン結び型の水引は、「解ける、また結べる」という性質上、結婚のお祝いには向いていないのでご注意を!

ご祝儀袋の色も基本は白。色つきのものはカジュアルな印象になります。
といっても、友達の結婚式ならカジュアルなスタイルで大丈夫♪

好みのご祝儀袋をいろいろこだわった方が、お祝いの気持ちも伝わりますよ。

お祝いに♡可愛いご祝儀袋①ガーリーな花柄で華やかに

zozo.jp

水彩絵の具のように滲んだような素敵な花柄があしらわれたご祝儀袋は、結婚のお祝いにも喜ばれること間違いなしのデザインです。

ドレスの色に合わせてコーデしたり、季節や友人の好みに合った色をチョイスするのも素敵!

Afternoon Tea 祝儀袋

¥432

販売サイトをチェック

お祝いに♡可愛いご祝儀袋②さりげなくムーミン!

zozo.jp

ムーミン好きのお友達へのお祝いなら、透かしでさりげなくムーミン谷の仲間たちが潜んでいる、ムーミンご祝儀袋も可愛い♡

おめでたい赤とピンク・白のコラボは、いろんなシーンで使えるから、一つ引き出しに入れておいてはいかが?

MOOMIN すかし和紙金封

¥842

販売サイトをチェック

お祝いに♡可愛いご祝儀袋③おしゃれさんにオススメ!

zozo.jp

スタイリッシュなデザインのご祝儀袋は、あなたの個性を表現する素敵なアイテム。

お祝いの気持ちを伝えるシーンでも、人と同じより自分らしさをしっかり出すことで、大切な人にもあなたの気持ちがより伝わりやすくなるものです。

シンプルだけど、エレガントなデザインご祝儀袋は出産祝いなど結婚祝い以外にも使える場はたくさんありますよ♡

IDEA 祝儀袋

¥540

販売サイトをチェック

お祝いに♡可愛いご祝儀袋④喜ばれる手ぬぐいタイプ

zozo.jp

紙で作られたご祝儀袋に代わって、お金を包むだけでなく、受け取った人がそのあと色々使えるように……という配慮がされた手ぬぐいご祝儀袋は、見かけることが多くなった素敵なタイプ。

手ぬぐいの柄も色々あり、種類豊富なので、季節ごとに使い分けられるよう色々揃えておくと◎

ふりふ 【手ぬぐい祝儀袋】しろくろねこ

¥1,620

販売サイトをチェック

お祝いに♡可愛いご祝儀袋⑤水引で遊ぶ

zozo.jp

パッと目を引く鮮やかなブルーが印象的なご祝儀袋は、水引部分がおめでたい富士山の形になっています。

水引アートや全体のデザインをこだわるだけでこんなに印象的なご祝儀袋になるなんて!と驚いた人もいるのでは?

富士山がデザインされているご祝儀袋はまさしくお祝いごとにぴったりですね♡

ふりふ ご祝儀袋・スタイリッシュ

¥583

販売サイトをチェック

お祝いに♡可愛いご祝儀袋⑥清楚な印象に

zozo.jp

ふんわりガーリーで清楚な印象のご祝儀袋は、ホテルでのウェディングパーティーに雰囲気がぴったり。

真っ白な純白のウェディングドレスを連想させるようなご祝儀袋は、シンプルなのにエレガント♡
結婚のお祝いにいかがですか?

everyday by collex ブランピュール金封

¥626

販売サイトをチェック
友達の結婚式や出産祝いといった、ちょっと気心知れた相手へのお祝いに使うご祝儀袋なら、デザイン重視でいろいろ遊んでみるのも大いにアリ♡
いくつか自分の好みのデザインのご祝儀袋をことあるごとに手に入れておけば、いざという時に「ご祝儀袋の用意を忘れていた!」と慌てる心配もなし。
季節に合ったものを選べるよう、いろんな種類を用意しておくといいですよ。

【関連記事】幸せになってね♡大切な友達に贈りたい「結婚祝い」おすすめ6選

大切な友達が結婚という人生の節目を迎えたとき、何かスペシャルな物でお祝いしたいですよね♡...

ご祝儀袋 お祝い

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

川島ゆい

丸の内OLからフリーランスに転身してもう5年……。
おしゃれや毎日を充実させることを毎日考えていま…

>もっとみる