脱毛サロンってどうなの?知っておきたい「光脱毛」の仕組みと効果

Cover image: www.veet.com.au

脱毛によるツルツルの肌に憧れながらも、なかなか最初の一歩が踏み出せずにいる方も多いのではないでしょうか?
値段をとるか、技術をとるか、それとも設備をとるのか……脱毛を考えている女性が陥りやすい悩みに焦点を当て、「光脱毛」について徹底解説します!

目次

脱毛サロンでは「光脱毛」が一般的?

www.treatmentsatbank.com

脱毛には、大きく分けて2種類あります。
ひとつはエステサロンや脱毛専門のサロンでおこなう「光脱毛」。
もうひとつは美容クリニックなどの医療機関でおこなう「レーザー脱毛」です。

実は、どちらも「光」を照射することで、毛根にダメージを与えて脱毛をうながすという点では同じなのです。
ポイントは、光の「波長」にあります。
光脱毛が複数の波長をもった光で広範囲に照射するのに対し、レーザー脱毛は単一の波長で集中的に照射します。

光脱毛では出力が一定に制限されたマシンを使用するため、だれでも安全に扱うことができるそう。
一方、レーザー脱毛では照射の威力が強いため専門医しか扱うことができないようになっているんだとか。
そのため、サロンでは光脱毛が一般的におこなわれ、クリニックなどの医療機関でのみレーザー脱毛がおこなわれているのです。

光脱毛とは

www.veet.com.au

光脱毛とは、IPL(インテンス・パルス・ライト)などの光によって毛根のメラニン色素にはたらきかけ、毛の再生力を弱らせて脱毛する方法のことです。

サロンによっては、「フラッシュ脱毛」「IPL脱毛」などと表現するところもありますが、光を照射して脱毛することから、主に「光脱毛」と呼ばれています。

使用するマシンによって光の波長や照射する時間などが違い、それにともなって適応する肌の色やタイプも変わるのが特徴です。

光脱毛の仕組み

そもそも、毛が生える仕組みをご存知でしょうか?
毛には、毛周期といわれる、生えかわりのサイクルが存在します。

毛母細胞の分裂によって皮ふの下のほうで新しい毛が伸びはじめ、毛細血管から栄養を取り込んで表面に出てくる時期を成長期と呼んでいます。
その後、毛母細胞の分裂がとまって退行期に入ると毛が上に押しあげられ、さらに休止期に入ると自然に抜け落ちます。

ムダ毛を抜いても、毛のサイクルが成長期であれば、皮ふの下でスタンバイしていた新しい毛がすぐに生えてしまうのです。

それでは、光を照射するとどうなるのでしょうか?

光脱毛は、黒色に反応して熱を発生させる波長をもった光を照射します。
この黒色に反応する光がムダ毛の毛根に届き、発熱のショックで毛の中にある毛母細胞を破壊するのです。
光の照射は瞬間的なものですが、ゆっくり時間をかけて細胞を破壊し、1、2週間ほどで毛がキレイに抜け落ちます。

また、脱毛サロンでの施術前に、ムダ毛の自己処理をするようにいわれるのは、黒色に発熱する光が毛根を破壊しやすくするためなのです。
さらに、色素沈着やホクロがある部分への照射ができないのも、発熱による肌のやけどなどを防ぐことが理由です。

光脱毛の種類:IPL脱毛

IPL脱毛とは、Intensive Pulse Light(インテンス・パルス・ライト)の略で、毛根のメラニン色素に熱のダメージを与えて毛の再生力を弱めます。

この光には複数の波長が幅広く含まれているため、皮ふの奥のほうまでしっかり届いて脱毛の効果をうながします。
シミやくすみなどの色素沈着や、赤み、ニキビ痕などの治療にも用いられています。

IPL脱毛は、成長期の毛にのみ効果があります。
毛が長い状態だと光が分散して肌を痛める可能性があるため、施術の前日、または当日にシェービングをおこなう必要があります。

また、光を照射するまえに、脱毛する部分に冷却ジェルを塗ります。これは、光の熱から肌を保護するためです。
照射された光は毛のメラニン色素に吸収され、熱エネルギーに変わって毛に伝わります。

栄養を失って細くなった毛が、10日~2週間かけて抜けていきます。
レーザー脱毛より光の出力が弱いIPL脱毛は、毛の成長にあわせて1、2年ほど施術を続けることが大切です。
この繰り返しによって、だんだんと毛が薄くなっていくといわれていますよ。

光脱毛の種類:SSC脱毛

SSC脱毛は、Smooth Skin Control(スムース・スキン・コントロール)の略で、ジェルに含まれる抑毛成分と光の相互作用を利用します。
ジェルに光を当てて皮ふの奥へと浸透させ、体毛に働きかけてムダ毛が生えにくい肌に導くといった仕組みです。

IPL脱毛より刺激の少ない「クリプトンライト」という光が、制毛効果のある大豆イソフラボンや、鎮静効果のあるヤナギ科の植物エキスなどを含んだフィリニーブというジェルの主成分だけに反応して有効成分を溶かし出すのが特徴です。

そのため、毛根に刺激を与えて脱毛効果をうながすIPL脱毛に比べて、やけどや炎症などの肌トラブルの心配が少ないんだとか。
痛みも最小限に抑えられているそうで、敏感肌の方でも安心して施術が受けられますね。
また、ジェルには美白効果も配合されていたり、毛が生えたままの状態で施術が受けられたりできるというメリットがあります。

ただし、せっかくツルツルの肌を手に入れたとしても、脱毛サロンに通うのをやめてしまえば再びムダ毛が生えてしまう傾向にあるんだとか。
だんだんと毛を細くしていくことを目的としているため、脱毛よりも減毛や抑毛と言ったほうが正しいかもしれませんね。

光脱毛の種類:フラッシュ脱毛、美容脱毛、VIP脱毛

一般的な脱毛サロンでは、IPL脱毛とSSC脱毛のほかに、フラッシュ脱毛や美容脱毛、VIP脱毛などと呼ばれている脱毛方法があるようです。
それぞれの違いは、いったいどこにあるのでしょうか?

脱毛サロンでおこなわれる「光脱毛」には、大きく分けて2種類の施術方法があります。
それが、先ほどご紹介した「IPL脱毛」と「SSC脱毛」です。

どちらも、ジェルをつけてから光を照射し、そのエネルギーを利用して脱毛効果をねらうという点では同じですが、光をなにと反応させるかという点で異なります。
IPL脱毛はメラニンによる毛根の黒色に、SSC脱毛は肌に塗った特殊なジェルに反応させる仕組みです。

そして、気になる「フラッシュ脱毛」や「美容脱毛」、「VIP脱毛」というのは、実はすべて「光脱毛」のことを指しています。
脱毛サロンによって、さまざまな呼び方があるだけなのです。

光脱毛の効果

成長期の毛に光を当てると、1、2週間ほどで毛が抜けていき、1、2か月のあいだツルツルの状態になります。
次の成長期に毛が生えてきたら、再び脱毛をおこないます。
これを2年ほど繰り返すことによって、毛が細く薄くなるといわれています。

光脱毛の効果は、脱毛だけではありません。
光脱毛に使用されるマシンは、もともとはフォトフェイシャルという施術に用いられていました。
これは、毛穴を引き締めて肌を明るくすることが目的の施術でしたが、これによって毛が薄くなったという報告があったために、ドクターのあいだで検証がおこなわれたそう。

その結果、脱毛効果が確認され、光脱毛に使われるようになったんだとか!
このような経緯があって、光脱毛には脱毛のほかに美肌効果も期待することができるというわけです♡

光脱毛の価格帯

脱毛サロンでおこなわれる「光脱毛」と、美容クリニックなどの医療機関でおこなわれる「レーザー脱毛」。
料金を比べてみると、圧倒的に安いのは脱毛サロンの光脱毛です。
それでは、コストパフォーマンスの面ではどうでしょうか?

脱毛サロンの「光脱毛」は、およそ12~18回の施術で完了します。
全身脱毛を12回おこなったとすると、20万円以上はするサロンが多いようです。

一方で、医療機関の「レーザー脱毛」なら、およそ5、6回の施術で完了することができます。
大手といわれる美容クリニックの相場は、全身で30万円ほどのようです。

金額の差はありますが、光脱毛より脱毛効果が高いことを考えれば、レーザー脱毛のほうがコストパフォーマンスがいいと言えそうですね。

しかし、全身脱毛では20万円以上する脱毛サロンでも、湘南美容外科のように両ワキ5回で1,000円という破格の料金でパーツ別の施術を受けることができるサロンが増えています。

すでに終了していますが、ミュゼプラチナムでは「両脇+Vライン通い放題」が100円という期間限定のキャンペーンや、エピレでは「両脇+Vライン6回」が700円という初めての方限定の割引などもあるようですね。
気になるパーツだけを脱毛したい場合は、脱毛サロンでの施術がおすすめかもしれません♪

また、脱毛サロンや美容クリニックのほかに、家庭用脱毛器という選択肢もあります。
とくに、アローエイト株式会社が販売する「ケノン」は、効果が高いと評判の人気商品。
料金は、公式サイトで69,990円。
一見、高額に思えますが、たしかな効果を実感している利用者が多いことを考えれば、十分に購入する価値があるのでしょう!

ただし、全身脱毛をしたいという方には、あまりおすすめできないかもしれませんね。
というのも、業界最大のケノンでも約2cm×3cmという狭い範囲での照射になるため、全身をくまなく脱毛しようとすると、かなりの手間や時間がかかってしまうからです。
さらに、背中やVIOゾーンなどの手が届きにくい部分の脱毛が難しいことも理由です。

全身脱毛をしたいのか、気になるパーツだけでいいのか、まずは自分の脱毛ニーズを整理することが大切です。
そのうえで、全身脱毛ならC3(シースリー)や、ラ・ヴォーグ、KIREIMO(キレイモ)などの全身脱毛専門サロンの料金を比較したり、パーツ別の脱毛ならミュゼプラチナムや、脱毛ラボなど、さまざまなサロンの料金をパーツごとに比較したりするといいですね♡

光脱毛で永久脱毛はできる?

これまでIPL脱毛やSSC脱毛という代表的な「光脱毛」について説明してきましたが、実は、これらの脱毛では永久的な効果を得ることはできないのです。

永久脱毛とは、毛根細胞を破壊する医療行為であるため、脱毛サロンでおこなわれる光脱毛は半永久脱毛である「不再生脱毛」ということになります。

つまり、永久的に脱毛効果を得たいのであれば、美容クリニックなどの医療機関でレーザー脱毛をおこなうべきなのです。
もちろん、光脱毛でもほとんど生えてこないという人もいるので、個人差はあります。

脱毛サロンやエステサロンなどでも信頼関係があったり、通うことが楽しかったり、美容効果を期待できたりということがあるので、パーツごとの毛の生え具合などからサロンとクリニックを使い分けてもいいかもしれませんね。

光脱毛のメリット

ここで、「光脱毛」のメリットを挙げてみます。

1. 痛みが少ない
輪ゴムでパチンと弾かれたような痛みをともなうレーザー脱毛は、あまりの痛みに通うのをやめてしまう人もいるほどです。
それに比べて、光脱毛はほとんど痛みを感じることがないようですよ。

2. 肌トラブルがない
光脱毛では照射できる出力が抑えられているため、肌にやさしく、やけどや炎症などのトラブルがありません。
とくに、肌が敏感な方は光脱毛がおすすめかもしれませんね!

3. 美容効果がある
実際に、光脱毛を経験した人から「肌がきれいになった」「肌のトーンが明るくなった」という声が続々とあがっている様子。
施術のときに使用するジェルに含まれている美容成分や、施術のあとの保湿ケアなどが関係しているようですね♪

4. 短時間で施術できる
光脱毛は1度に広い範囲を照射できるため、短時間での施術が可能です。
仕事や家事、育児などに忙しくて時間がとれない女性にとって、通いやすいというメリットがあります。

5. 営業時間が長い
美容クリニックなどの医療機関では、長くても19時くらいまでの営業で、また日曜・祝日は休診であることが多いようです。
それに比べて、脱毛サロンは21時や22時くらいまで営業していることが多く、なかには年中無休というサロンまであるようです。使い勝手がいいのは嬉しいですよね。
「脱毛したい」と思ったら、まずは自分の脱毛ニーズを整理しましょう。
全身なのか、気になるパーツのみでいいのか、はっきりさせることが大切です。
それによって「レーザー脱毛」と「光脱毛」を使い分けたり、さらに光脱毛の中から「IPL脱毛」と「SSC脱毛」を選んだりと、自分にあった脱毛方法が見つけやすくなるはずですよ♡
また、カウンセリングやパッチテストなどを受けて、自分の肌やサロン・医療機関と相談してみてくださいね。

光脱毛 仕組み 脱毛 脱毛サロン

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

向原ひなこ

1989年、横浜生まれ。
幼少期よりピアノやバレエ、英会話に親しむ。
現在は歌舞伎鑑賞や茶…

>もっとみる