自信がない。自己嫌悪に陥った...。誰でもはじめられる、モチベーションを復活させる方法

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第108弾】

仕事、恋愛、友人関係など、日々の暮らしをするなかで、自信を喪失して自分が嫌いになってしまう日はきっと誰にでもあるはず。
今回は、ネガティブな気分になって落ち込んでしまったときにモチベーションを復活させる対処法をお伝えします。

まずは、紙に全部を殴り書き!

やったことがない方は試してみて欲しいのですが、自分の内面で感じていることを紙に書くのは本当におすすめです。湧き上がってくる感情をとにかく何でもいいので書き殴ってみるんですよね!

実はこれは、私自身の体験に基づく対処法です。年齢でいうと17歳ぐらいの頃、仕事で辛い時期があって、そのたびに自己嫌悪に陥っていました。当時はとても繊細で感情のコントロールがうまく出来ず、帰宅途中のタクシーでずっと涙が止まらなかった日がありました。そしたら運転手さんが驚いたらしく声を掛けてくれて「なんでもいいから紙に書いてごらん」と教えてくれたんです。

『感情的になった時には、書いたらスッキリする。とにかく書き殴る。どんな事でもいいから。書き終わったら冷静になれるから、客観的に紙を見直してみて。次はどうやったら自分の問題が解決できるのか?と、アタマで考えはじめるんだよ』

この運転手さんに教えてもらった自己嫌悪の対処法が、大人になった今でも問題解決の原形になっています。このやり方をすると感情的な問題を理性によって解決できるようになるのです。

飽きるまで泣く!

ネガティブな考えにいきがちな人、鬱っぽい気分になって終わりが見えなくなってしまう人の共通点は、その状況に抵抗しているところです。

「病院で鬱と言われました」と相談に来る人に「そうなんですか!今はそういうタイミングなんだね。飽きるまで鬱でいれば?」と言うと、自分のタイミングでいつのまにか復活して元気に動きだすのを何度も目にしてきました。

自己嫌悪も同じく抵抗すると逆に時間がかかります。飽きるまで泣くとか、飽きるまで自分を嫌いになるとか、やり切ってしまえばいいのです。

「こんなことしても無駄だな」
「何もしないで時間が過ぎて老化するだけだ、、」

そのように考えられるようになれば復活のとき。「メンタル、冬の時代」を味わい尽くしたら、春はやって来るのです。

小さな自信からつけてみる!

意外かもしれませんが、自信家だと周りから言われている人にも自信がないという一面はあります。ただカッコをつけたくて、自信のない自分を表に出さないだけなのです。

あなたには憧れの大人はいますか?

その憧れの人でも、自信がない経験はしてきていると思いますよ^ ^ ではどのように自信をつけてきたのか?というと「小さな自信をつけること」を連続しておこなって、雪だるま式に大きな自信へと変化させていったのです!

このような質問を自分自身に問いかけてみて下さい。

「小さな自信をつけるには、私はどんな行動をしたらいい?」

出てきた答えが今のあなたにとっての正解です。それをすぐに実行するのです。1つ達成したらまた同じ質問をして、動いてみてください。

まだ自信が持てない時期には、大それた目標を持つよりも「コレなら私にも出来そうだ!」というぐらい小さなことを積み上げていったほうが、地に足が固まっていきます。そのうち目標も大きなものになっていくでしょう。大事なのは一歩一歩をしっかりと踏むこと。そうすることで大きな自信が手に入るのです。

ちょうど季節の変わり目。
新しい春の気分とともに試してみては?

睡眠、食事、運動

自己嫌悪に陥っている時には、睡眠、食事、運動のバランスがきちんととれているか確認するといいでしょう。驚くほどに体調とメンタルの状態は連動しているからです。

もっと踏み込んだ話をすると「欲しいものは何ですか?」と聞くと「時間」と答える人が割と多いと思います。

目の前の仕事や生活に追われてしまって心身ともにボロボロ状態だとすると、きっと、睡眠、食事、運動に意識を向けられる余裕などないはずです。となると、女性なら綺麗でいられなくなってしまいますし、仕事のクオリティーにもバラつきが出てしまいます。時間がない!と感じたときこそ、時間の使い方と作り方を見直してみるといいでしょう。そんなときにも、

「自分の将来のためにどんな時間の使い方をすべきだろうか?」「どんな生活習慣に切り替えるべき?」

落ち着いて紙に書き出してみると、これまでどれだけ無意識的に時間の無駄を生み出していたか、確認できますよ。

精神的に幸せでいるために必要なのは、自分の人生目的に沿った時間の使い方が日々できているということです。惰性で時間を過ごさないことです。

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】 好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか?? 心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/ 実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。 「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^ 「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか?? 今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】 世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。 しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。 カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。 では、どうしたらいいのでしょうか?? それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。 少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。 今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】 私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。 「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。 それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。 今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。 はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!