素敵な笑顔はピカピカな歯から♡きれいな歯をつくるオーラルケアって?

BEAUTY

歯は予防が大切です!今回はおうちでどのように歯のケアすればいいのかについてご紹介します♪憧れセレブのような真っ白でピカピカの歯を手に入れて、素敵な笑顔を振りまこう♡

<ピカピカの歯の秘訣①>歯みがきの仕方♪

~虫歯予防のためのブラッシング~
①奥歯の噛む面の溝に歯ブラシの毛先を当て小刻みに振動する。
②歯の表と裏側に歯ブラシの毛先を直角に当て往復運動する。
③歯と歯の間にデンタルフロスを使用する。

☆特にむし歯になりやすい場所は、奥歯の噛む面と、歯と歯の間!歯ブラシと一緒にデンタルフロスを使うとよいです♡

~歯周病予防のためのブラッシング~
①歯の表側の磨き方は、歯と歯肉の境に歯ブラシの毛先を45度になるように当て、弱い力で細かく振動する。
②奥歯の裏側の磨き方は、歯と歯肉の境に歯ブラシの毛先を45度になるように当て、弱い力で細かく振動し、前歯の裏側は、歯ブラシを縦に使用する。
③歯と歯の間は、歯間ブラシを使用する。

☆歯周病は歯と歯肉の溝から進行するのだそう。歯ブラシが歯肉にとどいているか鏡で確認しながらブラッシングしましょう。また、歯と歯の間のお掃除は歯間ブラシを使うのがおすすめですよ♡

<ピカピカの歯の秘訣②>歯ブラシってどんなのがあるの?

~歯ブラシの代表的な持ち方~
①ペングリップ(鉛筆を持つ要領)
特長:細かくブラッシングできて、大人向き
②パームグリップ(手を握る要領)
特長:ブラッシング圧が強くなりやすいので、子供向き

~歯ブラシ交換の目安~
通常の歯ブラシの交換は、1ヶ月を目安にとして、少なくとも3ヶ月に1回は交換しましょう。特に毛先が開いた歯ブラシは歯垢除去の効率が下がってしまいます。定期的に交換しましょう♪

~歯磨き粉について~
付けすぎには注意です!ブラシの先端に少し付けるだけで十分なのです。また、歯磨き粉は使用しなくてもよく磨けます。

<ピカピカの歯の秘訣③>歯の輝きのヒミツ♪

健康的で白く美しい歯は、表面がなめらか。エナメル質内部の密度も高いので、ツヤがあって輝いて見えます。

しかし、歯垢(プラーク)が作り出す酸によって歯が溶け出すと、なめらかだった表面は次第にでこぼこに……。

エナメル質の内部の密度も低下していきます。この状態になると、透明感を失って歯はくすんで見えてしまうんです!

<ピカピカの歯の秘訣④>フッ素を歯に"長く残す"!!

出典:clinica.lion.co.jp

むし歯の発生を防ぐ効果があるフッ素は、口の中に長く留めておくことで、その効果を発揮します。フッ素を残すオーラルケアの習慣を身に付けることが、むし歯予防には欠かせないんです!

フッ素は磨いた後も歯や粘膜などに残り、少しずつ唾液と混ざり合って口の中で効果を持続的に発揮し続けます!

よって、フッ素が口の中に長く留まる工夫がされている歯磨き粉を選びましょう♡

いかがでしたか?正しい知識で美しい歯を保ちましょう♡
歯がピカピカになれば笑顔が素敵な美人さんになれちゃいますよ♪
今日からやってみましょう!