「政治なんて興味ない」で大丈夫?選挙権が18歳に引き下げに…。

LIFESTYLE

皆さんは、選挙に行ったことありますか?
選挙の時期になると「選挙に行こう。」というポスターが街中に貼られ、メディアでも選挙に行ったことがある人ない人の特集を組まれますよね。
一言で「選挙に行こう。」なんて言われても、正直なところ「選挙ってなに?どうすれば?」って思ったことはありませんか?少なくとも私はそうでした。

選挙権が来年夏から18歳に引き下げに

現在、選挙権は20歳以上なのですが、来年夏から18歳に引き下げになりました。

これは、1945年に25歳から20歳に引き下げられて以来、70年ぶりのことなんだとか。

これまでは、若年層の選挙参加率が低かったために、選挙立候補者の選挙運動は、どちらかと言えば高齢者向けのものでした。ですが今回選挙権が18歳になったことで、そこがどう変わってくるかも注目されているんです。

なぜ選挙権が18歳に引き下げになったの?

引用:asahi.gakujo.ne.jp

理由としては

・若い世代の人たちが政治に対して興味を持ち、責任感を持ってもらえるように
・たくさんの人の意見が政治に反映されるように

といったことがあげられます。

実は、世界のほとんどの国では、選挙権が18歳以上に与えられているんです。
それが原因かは分かりませんが、実際に、日本の若い世代からの政治に対する関心度は、世界各国から比べると低いんだとか。

選挙権を与える年齢を世界の基準に合わせることによって、「将来は今の若い世代が未来を担うということを自覚してほしい」という願いも込められているのでしょう。

選挙に行くキッカケは【ちょっとだけ政治に興味を持つこと】から始まる

一部では「18歳に引き下げになったとしても変わらない」「若い子は政治になんて興味ないでしょう」「選挙に行くくらいなら遊んでる」「私達には関係ない」などといった意見もあるようです。

ですが、どんなに政治に興味がない人でも、多かれ少なかれ、テレビやその他メディアで取り上げられている時事問題に一度や二度、反応を示したこがあるはずです。

最近で言えば、”消費税増税”とか…。

ちょっとしたことでも、『それは嫌だ』とか『そういう理由があるなら仕方ない』だったり、思うことの一つや二つ、ありますよね?

はじめはそういった気持ちがあれば十分です♪

投票は【理想の世の中を作ってくれそう】の気持ちから

引用:www.senkyo.metro.tokyo.jp

「どういった基準で投票すればいいの?」と、疑問には思いませんか?
でも、基準なんて、人それぞれでいいんです♪

選挙に行かなきゃ、と焦って難しいことから勉強しなくても大丈夫。まずは、街中でやってる選挙運動や、テレビで流れている候補者の言葉に耳をかたむけてみて☆

”この人が言ってることなら、賛成できる”
”この人が言っているような世の中になったらいいのに”

そう思う気持ちを、投票に繋げてみてください♪

たった1票の投票でも、多く集まれば、たくさんの票につながります。
今まで興味がなかった方も、これを機会に、選挙について考えるキッカケになれば嬉しいです。