あなたは何タイプ?4つのコミュニケーションタイプで受け答え上手♡

LIFESTYLE

みなさんは、「この人との会話ってなんか苦手……」なんて思うことはありませんか?
そんなとき、ビジネス研修などでも使われる、4つのコミュニケーションタイプを知れば、上手にコミュニケーションが取れるかも?

あなたはどれ?4つのコミュニケーションタイプ

コミュニケーションタイプには、「Driving(ドライビング)」「Expressive(エクスプレッシブ)」「Analytical(アナリティカル)」「Amiable(エミアブル)」の4つがあります。

自己主張度が高く、感情表現度が低いのがDriving。
自己主張度も感情表現度も高いのがExpressive。
自己主張度も感情表現度も低いのがAnalytical。
自己主張度が低く、感情表現度が高いのがAmiable。

以上の4つが、コミュニケーションタイプです。

あなたはどれに当てはまるでしょうか?
特徴を細かく見ていきましょう♪

受け答え上手になろう♪コミュニケーションタイプ① Driving

Driving(ドライビング)の特徴は、リーダータイプであり、自己主張が激しいこと。

誰かに指示されるのが嫌いで、自分の道は自分で決めます。
人の上に立ちたいので、他人に合わせるのは苦手。
また、行動が速いことも特徴です。

そんなDrivingタイプさんとコミュニケーションを取るには、簡潔に話すことが大切。
行動が速いので、長々と話しているとイラッとされてしまいます。
また、自分の道は自分で選びたいので、いくつかの提案をして、決めてもらうのも◎

受け答え上手になろう♪コミュニケーションタイプ② Expressive

Expressive(エクスプレッシブ)は、感情豊かで、楽観的なのが特徴です。

楽しいことが大好きで、ノリが良く社交的です。
一方で、その場のノリが全てなので、忘れっぽいという一面も……。
また、自分に注目がどれだけ集まるかを気にし、褒められたがるということも特徴です。

そんなExpressiveタイプさんとコミュニケーションを取るには、ノリが大切。
楽しいことが大好きなので、テンポよく話すのがポイントです。
Expressiveタイプさんは忘れっぽいので、遊びに行く約束などはその場で決めましょう。

受け答え上手になろう♪コミュニケーションタイプ③ Analytical

Analytical(アナリティカル)は、あまり感情を表に出さないのが特徴。

冷静で、慎重に物事を考えます。分析することも好きです。
作業を黙々とこなすので、1人でいるのも苦ではありません。少々人付き合いが苦手とも言えます。

そんなAnalyticalタイプさんとコミュニケーションを取るには、専門的なことを話すのがポイント。
人付き合いが苦手なので、いきなり話しかけると敬遠されてしまうかもしれません。友達の友達といったように、知り合いを伝って話しかけるのが良いでしょう。

受け答え上手になろう♪コミュニケーションタイプ④ Amiable

Amiable(エミアブル)は、協調性があるのが特徴的。

「みんなのために」と他人の意見をしっかり聞いたり、困っている人がいたら、すぐに手を差し伸べることができます。やさしく、親しみやすさは抜群です。

そんなAmiableタイプさんとコミュニケーションを取るには、共通の話題を探すことがポイント。
世間から外れていたくないと考えてしまうので、同じ趣味などの、共通の話題があると話がはずみます。
また、普段は聞く側なので、自分の話は苦手です。そのため、しっかりと聞いてあげると安心してくれますよ。

コミュニケーションタイプを知れば、いろんな場所で役に立つこと間違いなし!
相手のタイプを知って、受け答え上手になっちゃいましょう♡