モデルのような二重幅を手に入れるには、どのくらいの整形費用がかかる?

特に最近はハーフ、ダブルと呼ばれるモデルさんやタレントさんが急激に増え、それに伴い顔のトレンドも大きな目元がポイントになっています。
日本人は本来黒目や目そのものが小さい方が多いですが、美容整形でモデルのような二重幅にしたい場合、どれくらいの整形費用がかかるのでしょうか。
二重幅を広くしたいと整形を本気で考えている人にも、なんとなく検討している人にも気になる費用を紹介していきます。

この記事の監修

品川スキンクリニック 表参道院 院長 Dr. 石橋 正太

二重幅整形費用①末広型二重になるには……「埋没法」

女優の桐谷美玲さんや新垣結衣さんのような"末広型二重"は、日本人の骨格や黒目の大きさに対して一番似合う二重幅とされています。
確かに末広型二重はナチュラルなメイクや黒髪、着物にとても良く似合うと思いませんか?

そんな末広型の二重幅を作るのに適している整形方法は、「埋没法」です。
埋没法はメスを使わない「切らない二重手術」として知られており、二重を希望される多くの方がこちらを選びますが、この手術法に適しているのが末広型二重なんです。
まぶたの厚みがあまりない人が無理のない幅で二重を作れば、留めた糸が外れにくく長期間に渡って美しい仕上がりの効果が期待できます。

そんな埋没法の費用は、数〜20万円前後です。
安い費用を謳っているところもありますが、麻酔代が別途かかったり、技術が高くなかったりと安全面に不安があるクリニックもありますので、本当の平均費用は数〜20万円前後といえます。

二重幅整形費用②平行型二重になるには……「ミニ切開法、全切開法」

佐々木希さんや比嘉愛未さんのような、まるまるとした"平行型二重"を手に入れたい方が多いタイプです。
くるくるとした大きな目は華やかでお化粧映えしやすく、最近流行りのカラーメイクなどにもマッチしてとてもかわいいですよね。

そんな平行型の二重幅を手に入れるには、「ミニ切開法」や「全切開法」が向いていると言われています。
- ミニ切開法は、二重にしたいラインを1〜2cm程切開し、必要に応じて脂肪を除去後、二重のラインが外れないように癒着されるといった手順で行われます。
- 全切開法は、二重にしたいしたいラインを端から端まで(3〜4cm)切開し、必要に応じて脂肪を除去後、癒着させます

まぶたの脂肪が薄い方であればミニ切開法が、脂肪の分厚い方は全切開法が適用されることが多いです。

どちらの費用も、平均20〜40万円前後です。

二重幅整形費用③美しい印象の目元になりたい方は……「二重幅の狭い平行型二重+目頭切開」

大人っぽくありつつ可愛さも表現しやすい"二重幅の狭い平行型二重"は、平愛梨さんや黒木メイサさんをイメージすると分かりやすいかと思います。

このタイプの二重幅はお化粧をするとすごく華やかになりますし、すっぴんでも目力のある瞳でいられるので人気のタイプの二重です。
ただしその分難易度が高く、人によっては二重の手術だけではこの目を手に入れるのは難しく、「切開法の二重手術+目頭切開」が必要になることが多いです。

目頭切開とは、目頭にある蒙古ひだを取り除く手術で、ないことによって白目が広く見えるので切れ長の大きな目になることが出来ます。

費用はダブルでかかってしまうので、切開法二重手術平均20〜40万円前後+目頭切開平均20〜30万円前後になります。

二重幅整形費用④「グラマラスライン形成」で垂れ目に

石原さとみさんや綾瀬はるかさんのような"垂れ目"は、女性からも男性からも愛される人気の秘密です。
広い二重幅だけでなく垂れ目効果も欲しいという方には、「グラマラスライン形成手術」がおすすめ。

グラマラスライン形成手術は、下まぶたの目尻部分を数ミリカットし、下まぶたを少し下げて固定することで目尻部分に見える白目の幅を広くして、垂れ目を作るという二重整形方法です。皮膚の表面を切る方法と、アッカンベーをした時に出てくる結膜を切る方法とがあります。

グラマラスライン形成にかかる費用は20~40万円程度です。
モデルさんのような二重幅を手に入れるための整形費用を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
糸が外れたり、元に戻りにくい切開手術法で垂れ目の二重目を手に入れたい場合は、最低でも数十万はかかるということですね。
せっかく広い二重幅にするための整形手術をするなら完璧な目元を手に入れたいものですが、本当に投資できるのか、一度じっくり考えて頂く機会になればと思います。

二重幅 整形 費用

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

霧島ゆな

初めまして。スイーツとオシャレが大好きで、他には映画を見ることも大好きです。

>もっとみる