合コンではデキる女より愛され上手な「お姫さまポジション」を狙え!

LOVE

合コンや飲み会などで、過剰に女子力アピールをしている痛い女子になっていませんか?
女子受けは悪いですが、男受けを狙うなら愛され上手な"お姫さまポジション"を狙ったほうが◎
愛され上手なお姫さまになれるテクニックを紹介します。

<お姫さまテクニックその1>そもそも"女子力"なんてあって当たり前ですから!

一般的に言われる"女子力"の定義を本稿にて端的にまとめると

①気が利く
EX:合コンや飲み会などで率先して料理をお皿に分ける、誰かが困っていたら真っ先に気付くなど
②女の子らしい容姿
EX:メイク、スキンケア、ヘアケア、ネイルなど完璧な自分磨きなど
③人柄の良さ
EX:容姿だけではなく内面も美しい、明るく朗らかなど

これは私見ですが、このようなことは女子ならあって当たり前のこと。
また"女子力アピールをする=モテテク"という風潮があるので、モテたい女子はこぞって①などをアピールしようとします。そうなると、他の女子との差別化が図れなくなってしまうのです。

<お姫さまテクニックその2>なんでもかんでも全部はやらない!

女子力アピールの中で一番手っ取り早くできる"気が利くアピール"は古いです。

なんでもかんでも「私が全部やってあげる♡」は一歩間違えると、気が利く子ではなく"お母さんキャラ"になってしまいます。

お母さんキャラは女友達としては面白いですが、恋愛対象からは外れます。
一見、年下受けが良さそうに見えるけどそれも微妙。なぜなら、年下男子は年上女子に対して、背伸びをして"年上男子"的なポジションに立つことにより、自尊心を満たす傾向があるからです。

お姫さま女子を目指すなら、率先してサラダを配る女子になっちゃダメ!
「あ、サラダきた〜!美味しそう〜じゃあ◯◯くんやって〜♡」とさり気なくトングを渡し、可愛くかつちょっぴり冗談っぽくお願いするのが◎。

<お姫さまテクニックその3>何かしてもらったら、必ず感謝をする。

サラダを配ってもらったり、お皿をとってもらったり、自分に何かしてもらったらとにかく感謝しましょう。

ここでポイントなのは、「ありがとう♡+一言」で相手を褒めること。

例えばサラダを配ってもらったら「わあ、ありがとう!◯◯くんセンスあるね〜♡」など。
もしお世辞でも上手とは言えない盛り付けだったら無理して褒めようとしないで「なんでもそつなくこなすタイプだと思ってたから、なんか安心した笑」など、フォローを入れるのが◎

男はプライドが高い生き物。自尊心を傷つけないことが大事です。

<お姫さまテクニックその4>NOTワガママ!思わず守ってあげたくなるお姫さまに

なんでもかんでも全部やってもらったり、人任せにしすぎると"ワガママお姫さま"キャラが定着してしまいます。

ここでのお姫さまはキャラは「この子は俺がいないとダメ!」というポジションにもっていくこと。元々男は狩猟民族。追われるより追いたいし、守られるより守りたい生き物。

執事に命令してやってもらうわけではなく、男の子側が自分から何かしてあげたいと思わせることが大切。

合コンでの女子力アピールはもう古いですし、ありきたりすぎて男子もありがたみが薄れてきています。
真のモテ女子は「この子は俺がいないとだめなんだ!」と無意識に錯覚させてしまう子のことなんです♡