《 有酸素運動と無酸素運動 》どういう効果の違いがあるの?

BEAUTY

痩せるためには、運動が必要です!
もちろん食べなければ痩せますが、それでは確実にリバウンドします!
動けば動くほどカロリーは減り、健康的になれるのですよ♪

SON
SON
2015.07.12

有酸素運動って?

有酸素運動と無酸素運動の違いって、詳しくわかりませんよね?
では、有酸素運動と無酸素運動とはどういうもので、それぞれどのような運動があるのか、紹介します♡

まず有酸素運動を紹介します♪
有酸素運動は、脂肪燃焼に欠かせない運動です♪
有酸素運動をすると、体内の糖質と脂肪が酸素とともに一緒に燃えて、痩せるのに重要な部分なのです!

有酸素運動をすれば、心拍数が高くなり脂肪燃焼するので、脂肪が減りダイエットにつながります。
20分以上やるのがオススメです♪

自宅でできる有酸素運動を紹介!

有酸素運動は、ものすごく激しく動く運動って思いますよね。
だから家ではやりづらいし、ガタガタうるさい!と家族に言われそう。
しかし、自宅でもしっかりと効果を出せる有酸素運動があります!

①踏み台昇降運動
これは、タウンワークの様な太い本を二三冊重ねて床に置いて、そのうえに登ったり下がったりする運動。楽そうに見えるけど、20分続けてみてください。汗がじわじわ出てきます。

②スーパーマンポーズ
これも静かにできる運動。まず脚を肩幅に開いて立ち、そのまま膝を少し曲げ屈伸。起き上がる時に片方の手を反対側の上に伸ばし、ウエストも絞ります。この下からポーズを繰り返せば、結構辛くなりますよ。

無酸素運動とは?

続いては、無酸素運動についてです。
無酸素運動は、運動負荷をかける運動のことです。

有酸素運動は、酸素を取り入れて激しく動く運動なので、脂肪燃焼に効果がありますが、無酸素運動は主に筋トレのような運動のことをいいます。

筋トレをすると、脳から成長ホルモンが分泌され、主にその成長ホルモンの作用により体脂肪を燃やしていくので、代謝が高くなり筋肉をつけてくれます。

有酸素運動だけしても、筋肉がないひとはすぐに代謝が悪くなるし、逆に無酸素だけする人は、体脂肪を減らすのに時間がかかります。
一番いいのは、一緒に行うことです。

自宅でできる無酸素運動を紹介!

無酸素運動は主に筋トレ。有酸素運動で脂肪燃焼した後に行う、より効果アップ!

無酸素運動は、回数よりも負荷をかけることが大事。回数よりも秒数なのです。

例えば仰向けに寝て、ひざを上にあげ90度に持ち上げます。この姿勢から上半身を起こし、手は伸ばしてお尻の横に浮かせてください。この姿勢を20秒✖︎3回です。

シンプルに見えますが、お腹がプルプルします!

運動したらリフレッシュもするし、健康にとてもいいです!♪
有酸素20分と無酸素運動を合わせて行えば、ダイエット効果高いです♪
是非試してみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。