【気温13度の服装】お天気別のレディースコーディネートレッスン♪

FASHION

気温13度前後の日は朝晩の気温差も激しく天気によっても体感温度が大きく変化するでしょう。だからこそ、コーディネートに悩む方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、【気温13度の服装】お天気別のレディースコーディネートをご紹介します。気温13度の日は、こちらのコーディネートを参考にしてみてくださいね♡

13度の気温に似合う服装は、アウターがポイント♡

出典:wear.jp

気温13度の服装は、「アウター選び」がコーディネートのポイント♪
ニット以上の暖かいアイテムが必要になってくる気温13度の日のコーディネートは、アウターで温度調節することが大切です!

朝晩は冷え込むけれど、晴れている昼間は日差しが暖かく感じたり、天気によって体感温度が変化する微妙な気温だといえます。
だからこそ、状況に合わせてアウターの厚さを選ぶことが服装選びのポイントなんです。

今回は、アウターの選び方を重点的に、気温13度の服装をご提案していきます。
体感温度の変化が激しい気温13度の服装を、天気別で詳しくご紹介していきますね♡

【気温13度×晴れの日】服装例①トレンチコート

出典:wear.jp

気温13度晴れの日服装は、「トレンチコート」がGOOD!

日中の日差しのある時間帯も、トレンチコートなら羽織っていられます♪
朝晩の冷え込む時間は、トレンチコートに大判ストールなどをプラスして防寒するとおしゃれなコーディネートに。

定番アウターのトレンチコートですが、使い勝手の良さが愛されるポイントでしょう。季節の変わり目には欠かせないアウターです。

寒暖差のある時期には、トレンチコート+大判ストールで上手に温度調節してみてくださいね♡

【気温13度×晴れの日】服装例②ブルゾン・パーカー

出典:wear.jp

晴れの日のアウターは、「ショート丈のアウター」で軽やかさを楽しむのが正解!

気温13度の服装としておすすめなのは、厚みのあるブルゾンやトレンド感のあるビッグシルエットパーカーとのコーディネート。
ショート丈でもしっかり暖かいので、朝晩の冷え込みにもしっかり対応してくれますよ。

カジュアルコーデからフェミニン・ガーリーなコーディネートまで、幅広く合わせやすいのもポイント♪
大人可愛い雰囲気を楽しむなら、トレンドのファー付きニットパーカーや華奢に見えるビッグシルエットのアウターを取り入れてみてくださいね。

【気温13度×晴れの日】服装例③ニットカーデ

出典:wear.jp

ちょっと厚手の羽織りものが必要かも……。と感じる気温13度の晴れの日の服装は、「ニットカーディガン」がいいでしょう。

昼からお出かけする時には、ニットカーディガンを軽く羽織るぐらいがGOOD♪
あまり着こんで出かけると暑苦しい印象の服装になってしまうので、秋冬の季節感と暖かさを感じられ、着膨れしないニットカーディガンがベストです。

カジュアルコーデからオフィスカジュアルなコーディネートまで、合わせやすいのもポイント。ちょっと暑がりな方や通勤の電車内では身軽でいたいと感じる方におすすめのアイテムです。

程よいカジュアル感を演出できるので、彼とのドライブデートにもおすすめ。
車内で過ごす時間が長いなら、可愛くて快適なニットカーディガンがおすすめですよ♡

【気温13度×曇りの日】服装例①もこもこブルゾン

出典:wear.jp

気温13度曇りの日は、晴れの日よりも体感温度が低く感じるでしょう。服装選びにも迷うところ。そんな時は、アウターの素材感で暖かさアップさせるのがGOOD♪

中でもおすすめなのは、トレンドアイテムのもこもこブルゾン!
もこもこのブルゾンなら、おしゃれ感もありつつしっかり防寒できるので寒がりな人にもおすすめのアイテムです。

トレンディでおしゃれなコーディネートに魅せることができますよ♡

【気温13度×曇りの日】服装例②中厚コート

出典:wear.jp

厚手のアウターを羽織るはまだ早いけど、トレンチコートだとちょっと寒いかも……?という気温13度の曇りの日の服装は、中厚コートを上手に使いこなすのがポイントです!

トレンチコート以上厚手のアウター未満の微妙な厚みの中厚コートは、秋や春など微妙な気温の時期に活躍してくれます。
登場する時期が短い分、上手に使ってあげるのがおしゃれさんだと言えるでしょう。

中厚のコートなら、きちんと感を出したいオフィスコーデから休日のお出かけデートコーデまで網羅できる万能アイテム♪
まだ出番の少ない中厚コートを眠らせているなら、気温13度の曇りの日に大活躍させてあげましょう。

【気温13度×曇りの日】服装例③コーディガン

出典:wear.jp

曇りの日はちょっと気持ちもどんより気味……。だからこそ、リラックス感のある服装で心身ともに無理をしないことが大切です。

気温13度の曇りの日のベストなアウターは、「コーディガン」!
厚みのあるコーディガンなら、体感温度が下がる気温13度の曇りの日にちょうどいいアウターでしょう。

大人のリラックス感もありつつ、”こなれ感”も演出できるアウターなので、楽に着こなせるのにおしゃれに魅せることができますよ。気温13度の微妙な時期に便利なアウターです♡

【気温13度×雨の日】服装例①しっかりコート

出典:wear.jp

気温13度の雨の日服装は、しっかりとした防寒対策が必要になります。
雨がより冷えを感じさせるので、体感温度が急激に下がり「冬が来た!?」と感じるほど寒さを感じてしまうかも。

無理して薄着でいると体調を崩してしまいかねないので、体感温度に合わせてしっかりコートを着こむのが正解です!
コートはちょっと早いかな?と感じても、トレンドの先どりをするつもりで取り入れてしまうのが◎

足元はスニーカーやブーツなどを履き、なるべく足首を出さないようにして雨の冷えから守ってあげてくださいね。
気温13度雨の日は、思い切ってコートを登場させてみましょう♡

【気温13度×雨の日】服装例②ライダース

出典:wear.jp

寒さを感じる気温13度雨の日服装は、「ライダース」で風を通さないのがポイント!

冬にも大活躍してくれるコンパクトなアウターのライダースは、気温13度の微妙な時期にもおすすめなアイテム。

雨の日はお出かけしても屋内で過ごすことが多いので、暑く感じた時に脱いで手持ちすることになってもコートほど邪魔にはなりません♪
ショッピングや映画など室内で過ごす時間が長いときにおすすめのアウターといえるでしょう。

寒さ対策には風を通さないアウターが鉄則!まさにライダースは秋冬の寒さを感じる時期にぴったりのアウターですよ♡

【気温13度×雨の日】服装例③カラーコート

出典:wear.jp

雨の日は曇りだし、どんよりしていて気分が上がらない……。というときには、「カラーコート」を服装に取り入れて楽しむのがGOOD!

2018秋冬トレンドのヴィヴィッドカラーのコートは、気温13度の雨の日の服装におすすめ。寒くて暗くて気分が落ち込む時期に元気を与えてくれるアウターです♪
ちょっと気が乗らないけれど出かけないといけない……。というときのお供にぴったりのアイテムといえるでしょう。

自分だけではなく、あなたを見かけた人も元気にしてくれるヴィヴィッドカラーのアウター。寒い雨の日でもデートを楽しみたいというときにも、おすすめのアウターですよ♡

【気温13度の服装】お天気別のレディースコーディネートは、アウターで賢く温度調節するのが良いということがわかりましたね♪天気によって当日コーディネートを変えるのは大変ですが、アウターだけをチェンジするなら忙しい朝でも簡単!合わせるアウターを数パターン考えておくのがおすすめですよ。

微妙な気温の時期は、アウターまでしっかり準備しておいてくださいね♡