目元の老化を防ぐ7つの方法。実年齢より老けて見られていない?

その人自身の印象を左右するといっても過言ではない目元。
ハリがあると若く見られますが、その反対にたるんでいたりシワができていたりすると老けて見られてしまうこともあるんです。
そこで今回は、生き生きした目元を保つために、目元の老化を防ぐ方法をご紹介いたします。

実年齢より老けて見られているかも。目元の老化は早めに防ぐのがおすすめ!

初対面の人に会うときや、誰かと話をするとき、目を見て話しますよね。
そのことから、目元は人の印象を左右するほど重要なパーツだといわれています。
その一方で、目元は老化が現れやすいパーツであることをご存知でしたか?

・目元に見られる老化のサイン
①目の下のクマ
②目尻のしわ
③まぶたのたるみ
④まぶたのくぼみ

この4つが現れると、実年齢より老けて見られてしまいます。
そこで今回ご紹介するのは、目元の老化を防ぐ方法です。
いつまでも美しくありたい女性にとって、「目元の老化なんてもってのほか!」と思っている女性も多いのではないでしょうか。

少しずつ老化のサインが見え始めている場合でも、改善することができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目元に老化のサインが現れる主な原因とは?防ぐ方法はあるの?

目元が老化する原因にはさまざまなものがあります、その原因とは一体何なのでしょうか。

・目元が老けやすい主な原因
①皮脂腺の少なさによる乾燥
②コラーゲン不足によるハリ不足
③「目元を擦る」などによる摩擦
④眼精疲労や睡眠不足による血行不良
⑤ストレス
⑥表情筋の低下
⑦紫外線

原因が多いことに驚いた女性も多いのではないでしょうか。
すべてを一度に防ぐことは難しいかもしれませんが、これらの原因を意識しながら毎日ケアを続けていくことが大切だといえます。

目元の老化を防ぐ方法①保湿を徹底する

目元は皮脂腺が少ないので、適度なうるおいを保つことが難しく乾燥しやすいです。
目元が乾燥してしまうと、シワやまぶたのくぼみなどを招くことに……。
乾燥による目元の老化を防ぐためには、とにかく保湿を徹底することが大切です。

朝晩のスキンケアでは擦らず、優しく押さえるように浸透させていくことがポイント。
また、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど、保湿力に優れているスキンケアアイテムを選ぶことも乾燥対策に効果的です。

そして、乾燥が気になるときはスペシャルパックで決まり!
化粧水をたっぷり浸したコットンを目元に乗せ、3分ほど置いてから美容液や乳液をつけることでしっとりさせることができますよ。
最近では目元専用のパックもあるので、忙しい女性はそちらを活用するのもおすすめです。

目元の老化を防ぐ方法②アイクリームで集中ケアする

次に目元の老化を防ぐ方法として挙げられるのが、アイクリームで集中ケアをすることです。
目元専用のアイクリームは、乾燥を改善するだけでなく、ハリを与えてくれるものもあるので、たるみを改善することも期待できるんですよ♪

今では普段のスキンケアステップに加えて、アイクリームを追加する女性が増えています。
また、メイク前に使うことで、乾燥ぐすみやシワよれを阻止することもできるので、ひとつ持っておくと便利ですよ。

アイクリームを使うときに気をつけたいことは、擦らないこと。
ゴシゴシ擦って塗ってしまうとシワの原因になるので、力が入りにくい薬指の腹にアイクリームを乗せ、ポンポンとスタンプを押すように浸透させるのがポイントです。

目元の老化を防ぐ方法③目の周りの血行を良くする

続いてご紹介する、目元の老化を防ぐ方法は、目の周りの血行を良くすることです。
パソコンやスマホなどを長時間使っていると、目元が凝ってしまい、血行が悪くなってしまいます。
すると、まぶたのくぼみやくすみ、くまなどの原因になってしまうので、目元の凝りをほぐしてあげることも大切なんです。

毎日シャワーだけで済ませている女性は、体の芯から温められるように湯船に浸かる習慣をつけましょう。
また、熱めのお湯で絞ったタオルで、目元を覆うようにすると集中的に血行を良くすることができますよ♪

忙しいときは、市販のホットアイマスクを活用するのがおすすめです。
寝る前に取り入れればリラックス効果が高まるので、質の良い睡眠をとることもでき、疲れを取り除くことができますよ。

目元の老化を防ぐ方法④眼輪筋エクササイズをする

表情筋や眼輪筋が低下してしまうと、目元のたるみに繋がります。
加齢によって起こることですが、表情筋や眼輪筋を使っていなければ若くても衰えてしまうことがあるんです。
今回は目元の老化を防ぐ「眼輪筋エクササイズ」をご紹介いたします。

・眼輪筋エクササイズのやり方
①中指と人差し指をそれぞれ眉頭と眉尻に当てます。
②中指と人差し指で眉を下からグッと持ち上げます。
③視線を天井のほうに向け、黒目をできるだけ上に持っていきます。
④そのままの状態で、上まぶたと下まぶたが付かないように薄目をしたまま20秒キープしてみましょう。

このとき添えている指に力が入らないように気をつけてくださいね。
眼輪筋エクササイズをする前に、ホットタオルで温めてから行うと効果もアップしますよ♪

目元の老化を防ぐ方法⑤頭皮マッサージをする

「頭皮は関係ないのでは?」と思っている女性もいるかもしれませんが、顔の皮膚と頭皮は1枚で繋がっていて、頭皮は顔の皮膚を持ち上げる役割があります。
頭皮の環境が悪ければ、顔の皮膚もたるむことになり、目元もたるんでしまうので、目元の老化を防ぐ頭皮マッサージを取り入れて頭皮の血行も良くして行きましょう。

・頭皮マッサージのやり方
①まずは髪の生え際に、両手の指の腹をあて、頭皮を押し上げるように10秒ほど揉み解していきます。
②次に両手の指を広げ、頭頂部から頭全体を掴みます。
③そのままの状態で、頭全体を20秒ほど揉み解していきましょう。

爪を立てると頭皮を傷つけてしまうので、指の腹で揉むのがポイントです。

目元の老化を防ぐ方法⑥紫外線対策を欠かさない

紫外線は、目元の老化を加速させる原因になります。
目元の老化を防ぐためには、日々の紫外線対策も欠かさないようにしましょう。

外出前は、UVカット効果のある化粧下地やファンデーションを使い、外出先ではこまめに塗り直せるように、メイクの上から使えるスプレータイプやパウダータイプの日焼け止めを持ち歩くのがおすすめです。

また、日傘やツバの広い帽子やサングラスなどで目元を守ることもポイントですよ。

目元の老化を防ぐ方法⑦質の良い睡眠をとる

目に疲れが残ったり、ストレスが溜まったりすると血行が悪くなり、クマやくぼみができやすくなるといわれています。
温めて血行を良くすることが大切ですが、それだけでは目元の老化を防ぐことは難しいです。

人間にとってなくてはならない「十分な睡眠」を心がけるようにして、疲れをリセットすることが大切なんですよ。
身体の傷ついた細胞を修復してくれる成長ホルモンは、深い眠りである“質の良い睡眠”によって正常に分泌されます。

睡眠時間が7時間~8時間と十分にとれていても、質が悪ければ疲れをリセットすることができないので、眠る前は睡眠を妨害するスマホやパソコンの光は避け、リラックスできる環境を作ってみてください。
目元の老化を防ぐ方法について、ご紹介させていただきました。
目元はとても繊細なパーツなので、老化のサインも現れやすいことが分かりましたね。
ですが、日ごろからのケアを徹底していれば、“老け目”といわせない若々しい目元をキープすることができるので、早速意識し始めてみてください。

【関連記事】目元のエイジングケアしてますか?若いうちに始めたいアイケア習慣

メイク次第で、いくらでも目を美しく見せることはできますが、できることなら元から美しい目...

目元 老化 防ぐ 方法 実年齢 老け

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる