レーザー治療と一緒に!「RegenSkin」が術後回復に効果的

BEAUTY

レーザー治療やピーリング治療というのは、肌に刺激を与えることで綺麗な肌の再生を促すというもの。
美肌施術の術後回復を助けてくれるのが、RegenSkin(リジェンスキン)マスクです!
知らないと損をする!?RegenSkinマスクをご紹介します。

美肌治療後のアフターケアの重要性

最近は、顔のレーザー治療やピーリングといった、美肌のための美容外科治療が浸透しています。
切開や入院の必要がない美肌治療は、料金も手頃なため比較的容易に挑戦できる施術方法です。

その一方で術後のアフターケアを怠って、赤みが続いてしまったり、更には術前よりも酷くなってしまったという経験談もネット上には多くあります。
美肌治療はクリニックの専門家によって施術を受けますが、その後のケアは自分次第。

そこでおすすめなのが、デリケートな肌をいたわり回復を早めるRegenSkin(リジェンスキン)マスクです!

RegenSkinマスクは、フェイスマスクタイプなので複雑な使用方法などは一切ありません!

RegenSkinマスクとは?有効成分とその効果

RegenSkin(リジェンスキン)マスクは、成長因子マスクパック、グロースファクターマスクとも呼ばれている肌の若返りに効果的なフェイスマスクです。

RegenSkinマスクの有効成分は、サイトカイン(細胞増殖因子)と呼ばれる成分で、RegenSkinマスクにはなんと、5種類のサイトカインが含まれています。

その5種類のサイトカインが持つ効果は、

- 皮膚の血流を良くする
- 新しい細胞生成を促す
- 新陳代謝や活性化作用によって傷の治しを促す
- 保湿成分の生成を促しハリを保つ
- 美容整形手術との相乗効果が期待できる

美肌への再生真っ只中にある状態の肌を後押ししてくれる効果ばかりです!

相乗効果を得られる施術と入手方法

このRegenSkin(リジェンスキン)マスクは、基本的に肌にダメージを与えて、細胞の生成を促すタイプの施術後に使うのがおすすめです。

代表的なものだと、
✔フラクショナルレーザー
✔ダーマローラー
✔ダーマペン
✔ピーリング
✔️フォトフェイシャル

美肌施術で一度ダメージを受けたデリケートな状態の肌の回復を早め、肌の若返りや元気を取り戻したい時におすすめ。

美肌施術後でなくても、日焼けでダメージを受けた肌にも効果的ですし、施術後に使えるほど効果と安全性が認可されているので、敏感肌の方でも使用できるのが嬉しいポイントです!

そんなRegenSkinマスクは、医療機関専売品。
一部の美容外科クリニックや歯科などで購入することが出来ます。

RegenSkinを使用する上でのデメリット

たくさんの嬉しい効果をもたらしてくれる、RegenSkin(リジェンスキン)マスク。

使用する上でのデメリットは特になく、本当に良い事尽くしのアイテムです。

どのフェイスマスクにも言えることですが、RegenSkinマスクの注意点としては、使用時間は10〜20分で留めること。

使用する時間が長ければ長いほど、成分が浸透するという訳ではなく、20分以上放置するとマスクの乾燥が始まり、そのマスクに触れている肌まで乾燥してしまうので注意が必要です。

術後回復にも、肌の若返りにも効果的なRegenSkin(リジェンスキン)マスクについてお伝えしましたがいかがでしたか?
美肌の為にはアフターケアが非常に重要。しっかりとアフターケアをしてあげることで、美肌治療の結果も大きく変わってきます。