不安から解放されたい…。“既読無視に振り回されない”3つの方法

LIFESTYLE

友達でも恋人でも、連絡を入れたのに“既読無視”をされると不安になりますよね。
未読なのか既読なのかハラハラしてしまって、まるで既読の操り人形状態に!
今回は、既読無視で不安にならない方法をご紹介します。

既読無視って“無視”と一緒?

既読無視は、物理的に無視しているわけではありません。

送られてきた相手からしてみたら、それほど重要ではなかったり、「了解」の意味だったりと、複数の意味合いがあります。

正直、どれだかわからないからこそ送信側は不安になってしまうものなのですが、何らかの反応を期待しているからこそ待ってしまうんですよね。

既読無視で不安にならない方法:相手にもタイミングがあると考える

「深い意味はないから、気にしないこと」、不安を解消するためにはそれがベストですが、気持ちはそんなに簡単に治らないんですよね。

返信にはタイミングがあります。
それが数分から数時間、数日と人によって感覚が違うので、不安になってしまうのです。「あの人はいつも返信が遅いから」とわかっていれば、あなたも不安にはならないはず。

既読無視で不安になる人は、ある程度素早く返信ができる人であることが多い傾向にあります。自分と同じ返信頻度のはず、という感覚は捨てましょう!

既読は「確認しました」の意味であって、返信は落ち着いてからとかPCでまとめてやろうと考えている人もいます。

既読無視で不安にならない方法:返信の必要がない場合もあると考える

そもそもメッセージを送るという行為自体が、一方通行なもの。
今でこそ気軽にやりとりできる時代になりましたが、昔は確認できればよかったのです。

昔と比較するわけではありませんが、そのような感覚を持っている人は少なくないのかもしれません。既読無視の意味が、「確認・了解・後で返信します」のどれかだと認識しておいたほうがいいかもしれません。

あなたに返信する価値がないのではなく、メッセージがそういう性質を持っていると思うと不安は無くなります。もっと言えば「一応見てくれたんだ」と言い聞かすと、かなり楽になりますよ。

既読無視で不安にならない方法:自分と同じ判断基準だと思わない

最後に、既読無視をよくするという逆の立場から考えてみましょう。
既読無視は送られた相手に意味を理解してもらうことになるので、少なからず負担はあります。

親しい間柄だったり、どういう人かよく知っているなら、さほど不安にかられることはないのでしょうが、信頼関係が築けていないと「どういう意味?」とわからなくなってしまうのです。

相手も自分と同じ判断基準なはず、と思わないことが大切。
顔が見えないからこそ、あらゆるとらえ方を想定して慎重にメッセージを送るべきですよ♪

“既読”にかなり振り回されていた人は、自分も既読無視をしてみたり、相手のことを信頼することで不安が解消されるようになったという声もあります。
単に忙しかったり、他ごとに集中しているだけのケースもありますから、不安になる必要はありませんよ♪