憧れのぷっくり涙袋に!気になるヒアルロン酸注入の値段は?

毎朝、目を大きく見せようと、ぷっくりボリューミーな涙袋メイクをしている女性も多いのでは?
今回は、メイクではなくプチ整形によって涙袋をGETしたい方に、ヒアルロン酸注射による涙袋形成をご紹介します。

この記事の監修

湘南美容外科 Dr. 平田 レナ

涙袋があると可愛く見える!?

涙袋は目の下の、下まぶたのまつ毛の生え際にあるふくらみのこと。
実は涙袋は筋肉の一部。年齢とともに筋肉がたるみ、涙袋はなくなっていくと言われ
ています。

最近では、女優の石原さとみさんや、元AKBメンバーの板野友美さんなど、涙袋がぷっくりとしている芸能人に憧れる女性が多いですよね。

涙袋があることで優しい印象を与えたり、立体的になるので目が大きく見える効果があります。

涙袋はメイクで作ることも可能ですが、今回は「素肌の状態の時も涙袋が欲しい」「ナチュラルな涙袋にしたい」という方におすすめのヒアルロン酸注射をご紹介します。

涙袋はヒアルロン酸注射で作れる!

涙袋は、目の下に注射でヒアルロン酸を注入することによって作れます。

ヒアルロン酸による涙袋形成術はメスを使わず、さらに片目約15分程度で仕上がり、
メイク、洗顔、入浴も当日から可能。簡単にできるプチ整形として人気です。

涙袋形成ヒアルロン酸注射、量はどのくらいが平均?

涙袋形成に使用するヒアルロン酸の量は、仕上がりの好みによります。

ナチュラルな涙袋を作りたい場合は、0.1cc〜0.3cc程度。
はっきりとした涙袋を作りたい場合は、0.5cc〜0.7cc程度。

自分のなりたいイメージを医師に伝え、ヒアルロン酸の注入量を調節してもらえば希望どおりに仕上がるはずです。

涙袋形成ヒアルロン酸注射の値段、持続期間は?

涙袋形成ヒアルロン酸注射の値段は美容クリニックによって異なりますが、大体、両目で3〜6万円ほどの値段帯が多いです。
麻酔代や針代に別途費用がかかるクリニックもあるので、事前に細かく調べておきましょう。

また、持続期間は個人差や美容クリニックによって差がありますが、比較的短いです。
早い方で数ヶ月、持ちの良い方でも1年弱ほどだと言われています。

涙袋形成ヒアルロン酸注射の注意点

涙袋形成ヒアルロン酸注射をする前に注意点を知っておきましょう。

✔︎腫れ、内出血
目の周りの皮膚は非常に薄いので、腫れや内出血が目立ちやすいです。

✔︎左右差
もともとの涙袋や目の形に左右差があると、ヒアルロン酸を注入した際にも左右差が現れる場合があります。

✔︎しこり
涙袋形成ヒアルロン酸注射を繰り返すと、しこりになる場合があります。

涙袋形成ヒアルロン酸注射は簡単にできるからこそ、価格に惑わされず安心できるドクター、クリニックで行いたいですね。
今回は手軽に出来て人気の「涙袋形成ヒアルロン酸注射」についてご紹介しました。
注入する量によって印象が変わるので、担当してくれるドクターとよく相談して行ってくださいね。

涙袋 ヒアルロン酸 値段

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

松本優

食べるの大好き♪都内のカフェ巡りが趣味。友達から聞いたり、雑誌で見つけた素敵なお店は必ずチェックして…

>もっとみる