喧嘩別れをしないために。心のモヤモヤを彼に上手く伝えるコツって?

彼とお付き合いをしていると、定期的にモヤモヤ時期が訪れませんか?
いつもは忙しすぎて気にする余裕がなくても、ふっとしたときにモヤモヤ・イライラ……。
最初は冷静に彼に伝えていても、気がついたときには大爆発!
もっとモヤモヤを彼に上手く伝えられたら、喧嘩する頻度も落ち着くかも!?
そこで今回は、心のモヤモヤを彼に上手く伝えるコツをご紹介いたします。

心のモヤモヤを彼に上手く伝えるコツ① LINEでは話し合わない

心の中で彼に対するモヤモヤが浮かんできたとしましょう。
一緒に住んでいれば、すぐに伝えられますが、お互いに別々の環境で過ごしているとなると、さすがにそういうわけにはいきません。

どうしても、最初はLINE(ライン)で伝えようとしませんか?
しかし、LINEでなにもかもを伝えようとすると、失敗する可能性が高くなるのです。

特に深夜の時間帯は、ただでさえ感情的になりやすい時間。
そんなタイミングで心のモヤモヤを彼にLINEで伝えても「喧嘩をしてください」と言っているようなもの。

あくまでもLINEでは「話し合いたいことがあるから時間をつくれる?」と投げかける程度にしておきましょう。

具体的な話は当日まで持ち越すことをおすすめします♡

心のモヤモヤを彼に上手く伝えるコツ② 事前に要点を整理しておく

モヤモヤ状態に入っても、彼のどんなことが納得いっていないのか、自分自身でも完璧に理解できていない場合があります。

彼にモヤモヤを伝えても「じゃあ、どうしてほしいの?」と言われた瞬間に「結局、自分は彼に何をしてほしいんだろう?」とその場で考えこむことも多いのでは?

モヤモヤ時期に突入したら、勢いで彼に話す前に要点を整理しましょう。
頭の中で浮かんでいる感情一つ一つを紙に書き出すだけでも、状況は違ってきます。

モヤモヤの原因がはっきり分かれば、彼にどう振る舞ってほしいのかも同時に分かるはず。事前に要点を整理しないまま、感情任せに話しても、彼の心には響かないでしょう。

心のモヤモヤを彼に上手く伝えるコツ③ 彼にはどうしてほしいか考える

要点を整理するだけではなく、彼に何をしてほしいのかも考えておきましょう。

たとえば、会えない時期が続きすぎていることにモヤモヤしているなら「せめて連絡する頻度は上げてほしい」「1年に1回だけでの旅行では物足りない」「同棲をしてほしい」と各々で結論は変わってきますよね。

具体的に、こうしてほしいという提案がなければ、話を聞いている彼もどうしたらいいのか分かりません。ただ文句を言われ続けていても、いつかは限界がくるでしょう。

要点が分かったら、次はそれぞれの対策を前もって考えておき、あとは彼と話し合いながら、お互いに納得できる折衷案を考え出してみては?

心のモヤモヤを彼に上手く伝えるコツ④ 一回の話し合いで結論を出そうとしない

モヤモヤの度合いにもよりますが、毎回の話し合いが一回だけで、結論がすぐに出るとは限りません。

もちろん、仕事の場合は早急に結論をださなければ、どんどん他の人(会社)に追い抜かれていく厳しさがあります。
しかし、仕事とプライベートは一緒のようで、どこか微妙に違う部分もあります。

モヤモヤを吐き出し、その日のうちに解決しようとすると、焦ってしまって結論が間違った方向にいく可能性もあります。
二人して焦り出すのは、とても危険。
間違った選択肢を選んだまま進むのもリスクがあります。

モヤモヤを早急に解決しようとせず、あえてグレーにする期間を設けることも大切です。
お互いが納得できる結論へともっていく方法もあるということを覚えておきましょう♡
一番避けたいのは、モヤモヤを伝えているうちに感情的になり、「別れたほうがいい!」と投げやりな態度をとること。
これでは、モヤモヤを伝えているというよりも、感情を爆発しているのと変わりません。
あくまでも、自分が考えていることを彼と共有するのが目的ですから、思わぬ方向へ話し合いが進まないように気をつけましょうね!

【関連記事】相手にしてくれないなら放置しちゃえ♡多忙な彼に振り回されない方法

仕事や趣味にいつも全力で頑張る彼。そんなところに惹かれたはずなのに、今はすっかり嫌い……...

モヤモヤ 伝える コツ カップル

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

山口 恵理香

webライター。
モットーは「瞬間を生きる」。得意ジャンルは恋愛とライフスタイル。年間2000記事以…

>もっとみる