同窓会は審査会!女子の厳しいチェックをすり抜ける3つの方法

FASHION

同窓会は、懐かしい仲間たちに出会えて嬉しいですよね♡
しかし女子の中では、メラメラと闘志が燃えている時でもあるんです。
今回は同窓会で、女子の厳しい審査をすり抜ける方法をお届けします◎

\楽しいだけでは済まされないのが、同窓会/

同窓会は疎遠になっていた友達との再会のチャンス。
思い出話に花を咲かせたいと誰もが思っています。

が、しかし!女子の中では格好のネタ探しの場所でもあるんです。

「あの子は太った」「可愛かったのに劣化したね」などなど…。
女子は怖いと思っていましたが、同窓会になるとさらに怖い!
同窓会でネタの対象にされるよりむしろ、褒められるための方法を探してきました。

同窓会で褒められる方法①体のラインが出る服を着る

もしも、当時よりも太った時にしている人がいたら、同窓会では、それを隠さないほうが、褒められますよ。
体型カバーと言って全体的にゆったりした服を着てしまうと、余計太って見えてしまうのです。

太ったしても体のラインが出る服や、腰がキュッとくびれたAラインの服を着ることをおすすめします。
サイズ感よりもシルエット重視◎
むちむちボディでも、シルエットを強調した服なら”セクシー”と捉えてもらうことは、十分に可能なのです!

同窓会で褒められる方法②痩せすぎない

太るのも良くありませんが、痩せすぎてしまうのも、良くありません。
痩せてガリガリになると、不健康そうに見えるだけでなく、老け顔に見られてしまう危険性も…!

ガリガリ体型は、同窓会に行った時に、色気がないと言われてしまうことも。
女性らしい身体の特徴と言えば”曲線美”!
曲線美も何も…まっすぐの棒のような身体では女の色気は出せないんです。

同窓会で褒められるには、ほどよい女性らしい体型を作ることを心がけましょう。

同窓会で褒められる方法③地味とケバいの中間を狙う

地味すぎてもだめだし、ケバすぎても褒められることはないのが同窓会。
絶妙なバランスをとるのが、難しいところです。

地味だと注目すらされないこともあるし、いきなり夜の雰囲気を醸し出すようなケバさで登場されても、反応に困ります。
どちらにしろ、後々女子たちのネタにされてしまう危険性を秘めています。

メイク方法や服装のバランスを考えて、万人受けするように心がけましょう。

同窓会で褒められる方法をご紹介しました♪
雑誌から飛び出したような、万人受けするようなメイク方法と服装を取り入れればネタにされることはないはず!
メイクと服装以外で、自分らしさを纏っていれば、凛としているようにみえ、同窓会で褒められること間違いなし◎