雑誌連動

美人じゃなくていいんです♡愛され雰囲気美人のつくりかた♪

♡4MEEE magazine Vol.2 p.84〜 「平凡な自分をヒロインにする方法」

昔から「女は愛嬌」という言葉がありますよね。
顔がものすごい美人というわけではないのに、なぜか彼氏が途切れない女性は、雰囲気が美人なことが多いんです♪
今回は、雰囲気美人になれる方法についてご紹介します♡

雰囲気美人の作り方①姿勢を正して歩く、座る

雰囲気美人になるなら、まずは育ちの良さをさりげなく醸し出すのが◎
立っているときはもちろん、座っているときの姿勢もいい女性は凛としていて、上品な印象ですよね。

立つときは、内股やガニ股にならないように気をつけて、重心を両足にかけるように心がけましょう。
座っているときには、脚は必ず閉じて、猫背にならないように気をつけます。

これだけでもきれいな後ろ姿になるので、雰囲気美人にぐっと近づけるはず!

雰囲気美人の作り方②マナーをきちんと守ってまわりを不快にさせない

雰囲気美人な人は、マナーをきちんと守って食事をしたり、まわりの友人を大切にしていたりします。

例えば、飲み会では気配りを忘れなかったり、お世話になった人にお礼のメールをこまめにしていたり。

いくら顔が美人でも、まわりを不快にさせるような行動をしていては、女性としてもったいないですよね。
女性としてマナーを身につけるということは、大切なことなのでこれをきっかけに学んでみてもいいかもしれません♡

雰囲気美人の作り方③他人の悪口、愚痴を言わない

ついついこぼしてしまう仕事の愚痴や、悪口も言わないのが雰囲気美人ですね。
汚い言葉を使ってしまうのは、よくありません。

どうしても聞いてほしい愚痴があるときには、笑い話にしてしまうのが雰囲気美人です♪
大変な仕事があったとしても、声のトーンや使う言葉を選べば大丈夫。

例えば、仕事でチームの人が体調を崩してしまったときも、「なんかわたし身体丈夫すぎて、全然大丈夫だったんだよね!」というように、愚痴を変換できるといいかもしれません♪

雰囲気美人の作り方④せかせか動かず、ゆっくりを意識する

テキパキ行動できることは、とてもいいことですが、バタバタしていたり、落ち着きがなかったりしていては、雰囲気美人にはなれません。

ちょっとせっかちだという方は、意識して動きをゆっくりにしてみましょう!
食事はいつもより多く噛むことを意識してみたり、朝時間に余裕を持って準備してみたりすれば、心のゆとりも生まれるでしょう。

話し方も雰囲気美人には重要なポイントなので、早口の人はゆっくり話すことを心がけてみてくださいね。

雰囲気美人の作り方⑤いつでもご機嫌顔で口角をあげる

美人ではないのに、可愛く見える雰囲気美人の共通点は、いつでもニコニコしていてご機嫌顔だということ!

きゅっと口角を上げることを意識するだけで、相手にいい印象を与えられるんですよ♪
また、口角を上げるように意識しておくと、写真を撮るときにも自然な笑顔が作れるようになるんです。

これはモデルさんもやっていることなので、ぜひトライしてみてください。
口角を上げるように意識していたら、顔の下半分がすっきりとして小顔に見えるようになったという人もいるんですよ!
いかがでしたか?
今回は、雰囲気美人になる方法についてご紹介しました!
顔を変えることは難しいですが、相手に与える印象をちょっとよくすることならすぐにできそうですよね♡
雰囲気美人なら、心がけひとつで誰でもなれるのでぜひ取り組んでみてください。
雰囲気美人になることは、男性ウケだけではなく、女性を含めた仕事での人間関係をよくしてくれることも考えられますよ♪
ぜひ、今回ご紹介したようなことも参考にしてみてくださいね。

【関連記事】せっかくなら愛されたい♡「職場の華」の女性に共通する3つのこと

「オフィスの華」のような存在になっている女性は、男女を問わずに好感度が高いもの♡そして、...

雰囲気 美人

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

Misaki

>もっとみる