痩せにくいのは「代謝」が原因かも?代謝を上げる6つの方法

BEAUTY

昔と食べる量は変わってないのに太った方や、ダイエットをしても痩せにくくなった方、それは「代謝」が原因かもしれません。
代謝は年齢とともに低下していくため、10代や20代前半と同じ生活、ダイエットをしていては意味がないのです!
そこで今回は、代謝を上げて、痩せやすい身体作りをするための方法をご紹介いたします。

代謝とは?低下する原因は加齢?

代謝とは、外部から取り入れられた栄養素やエネルギーが、体内で利用されたり、消費されたりすることをいいます。

代謝には身体を合成する代謝と、エネルギーとして消費する代謝の2つがあります。
ダイエットとして重視したいのは、後者の消費系代謝です。

この消費系代謝は、脳や内臓、筋肉などを動かし、体温を保つために、エネルギーとして常に消費されています。
なんと、体温が1度上がれば、代謝量は13%も上昇するといわれているんですよ♪
つまり、代謝が上がるほど、1日に消費されるエネルギーも多くなり、痩せやすくなるというわけです。

しかし、この代謝量は10代前半にピークとなり、年齢を重ねるとともに低下してしまいます。
これに加えて、運動不足や栄養不足、睡眠不足や冷え性など、代謝が下がる生活を続けていると、身体がどんどん脂肪を蓄えてしまい、痩せにくい身体になってしまうんです。

だからこそ、生活習慣を見直して、代謝を上げる努力をしていく必要があります。
代謝が上がれば、身体を合成する代謝に含まれる新陳代謝も良くなり、美容面でも嬉しい効果をもたらしてくれるでしょう!

代謝を上げる方法①肝臓に負担をかけない

1つ目の代謝を上げる方法は、肝臓に負担をかけないことです。

肝臓は、安静にしていても使用されるエネルギーである基礎代謝を27%も占めているのだとか。
つまり、エネルギー消費を一番多くしている器官なので、正常な状態を保つことで代謝アップに繋げることができます。

肝臓をで気を付けたいのが、脂っこい食べ物や、糖質の多い食べ物を食べ過ぎて肝臓に負担をかけないようにしましょう。
野菜の量を増やしてみたり、バランスの良い食生活を心がけることで、肝臓も元気になりますよ!

そして、お酒の飲み過ぎにも注意が必要です。
肝臓には有害な物質を分解する働きがあるのですが、アルコールを摂りすぎると肝臓の機能が低下してしまいます。
エネルギーの消費量も減ってしまうので、適切な量を守りましょう!

代謝を上げる方法②身体を冷やさない

2つ目の代謝を上げる方法は、身体を冷やさないことです。

女性の天敵である冷えは、代謝を下げる原因にもなります。
そこで、冷え性を改善することで、代謝アップを期待することができるんですよ♪

いつもシャワーだけの方は、5分でもいいので湯船に浸かる習慣をつけてください。
毎日続けることで、血流が良くなり、代謝を上げることに繋がるでしょう。
そしてお風呂上がりは、足元を冷やさないよう、寝る直前まで靴下を履いておきましょう。

他にも、冷房対策をして、身体を温める効果のある生姜などを食べるように心がけましょう。

代謝を上げる方法③身体を柔らかくする

3つ目の代謝を上げる方法は、身体を柔らかくすることです。

身体が固いということは、それだけ筋肉が凝り固まっている証拠でもあるんです!
そのままにしておくと、血液やリンパ液がうまく流れなくなってしまいます。

血液やリンパ液は、身体の代謝を助ける大切な役割があるので、正常な状態を保てるように身体を柔らかくしてあげることが大切です。
身体を柔らかくするためには、毎日のストレッチが効果的といえるでしょう。

ストレッチを取り入れるタイミングは、お風呂上がりがベストです。
身体が温まっているときにストレッチをすることで、普段の時よりも身体を柔らかくする効果が期待できます。

座ったままや寝たままでもできるストレッチがたくさんあるので、無理なく続けられるのも嬉しいポイントです。

代謝を上げる方法④深い呼吸をする

4つ目の代謝を上げる方法は、深い呼吸をすることです。

パッと聞いただけでは、なぜ深い呼吸が代謝アップに繋がるのか、あまりイメージできませんよね。
しかし、深い呼吸を意識することで、酸素が体内にたくさん取り込めるようになります。
すると、血流が良くなり、脂肪燃焼を促進することができるので、代謝をあげることに繋がるんです♪

そこで、腹式呼吸を身に付けましょう!
方法は、8秒かけて鼻から長く息を吸い、8秒間息を止めたら、再び8秒かけて鼻からゆっくりと息を吐き出します。
これを約12セット、朝昼晩と1日3回取り入れることが理想的です。

ストレス社会で生きる現代人は、ストレスや緊張から呼吸が浅い傾向にあるので、積極的に深い呼吸を心がけてみてください。

代謝を上げる方法⑤食生活を見直す

5つ目の代謝を上げる方法は、食生活を見直すことです。

栄養が不足していると、内蔵が十分な栄養を摂取できず、代謝は鈍りやすくなってしまいます。
そこで、食生活を見直して、代謝アップに繋げてくれる食べ物を積極的に摂りましょう。

おすすめは、代謝を促進してくれるビタミンB群です。
レバーや豚肉、うなぎや玄米、納豆や牛乳などに多く含まれています。

また、脂肪を燃やす筋肉の元となるタンパク質も欠かせません。
肉類や魚介類、大豆製品や乳製品に含まれているので、特定のタンパク源に偏らず、いろいろなタンパク源から摂取するようにしてみてください。

毎日バランスの良い食事を心がけることは難しいと思うので、代謝の活性化が期待できる酵素やαリポ酸が含まれているサプリメントで代謝アップをサポートしていきましょう。

代謝を上げる方法⑥筋肉量を増やす

6つ目の代謝を上げる方法は、筋肉量を増やすことです。

筋肉は、肝臓の次にエネルギーの消費量が多いので、筋肉量を増やすことによって代謝が上がり、痩せやすい身体を作ることができます。
ですので、簡単なトレーニングでいいので、毎日取り入れていきましょう。

効率よく筋肉量を増やすためには、体の中で面積の大きい筋肉を鍛えることがおすすめです。
例えば、腹筋や背筋、大腿筋が挙げられます。

中でも大腿筋は、最も大きな筋肉といわれているので、まずは下半身を中心に筋肉量を増やしていくことが良さそう!

大腿筋は、スクワットや自転車などで鍛えることができます。

アラサーになったら意識したい、代謝を上げる6つの方法をご紹介しました。
年齢を重ねるとともに痩せにくくなるのは、代謝が深く関係していることが分かっていただけましたでしょうか。
代謝が低下しても、日々の生活を見直して努力をすることで、また上げることができるので、痩せやすい身体作りを目指して代謝を上げていきましょう。