不安だけど気になってる人が多い!「格安婚」のメリットとデメリット

「結婚式、挙げたいけれど費用がかさむのが気になって決断できない……。」
と、悩んでいるプレ花嫁さんはいませんか?

結婚式の費用に悩む人たちの間で話題を集めている「格安婚」は、通常の結婚式よりもグンと費用が抑えられるので、結婚式をあきらめかけていた新郎新婦たちから絶大な支持を集めています。

しかし一方で、格安婚の存在を知ってはいるけれど、なんだか不安に感じている、という人がいるのも事実ですよね。
今回は、格安婚のメリットデメリットをしっかりと掘り下げてご紹介し、その不安を解決します!

格安婚って?

結婚式って、結婚式場を契約をして演出やアイテムによってはさらに料金が発生する……。

と、思っている以上に費用がかさみ、「そんなにかかるんだったら、挙げられないかも」と思ってしまうもの。

そこで今回ご紹介したいのが、格安婚です。

格安婚とは、結婚式にかかる費用をご祝儀で済ませることで、実質の費用をゼロにできるという事が特徴の結婚式のスタイルです。

格安婚は、“ご祝儀で費用を賄える”という意味から取って、「ご祝儀婚」と呼ばれることもあります。

格安婚がどうしてほかの結婚式よりも大きく費用を抑えることができるのかというと、それは披露宴をパッケージ化しているからなんです!

具体的に、格安婚にはどんなメリットとデメリットがあるかを知ることで、結婚式のスタイルを比較し、自分たちにあったスタイルの結婚式を挙げられるように考えてみましょう。

格安婚のメリット①▶ご祝儀で賄えるレベルの出費

先ほど格安婚は「ご祝儀婚」と呼ばれることもあるとお伝えしたとおり、ご祝儀で賄える程度の出費で済ませることができるというのが、格安婚最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

実際には契約をするタイミングで先にお金が発生するので、費用はあらかじめ用意しなくてはいけませんが、格安婚は招待するゲストの人数に応じて費用が変動するので、最終的にはいただいたご祝儀で全額が収まるようにプランニングされています。

「格安婚でそんなに費用を抑えられるということは、参列してくれているゲストの皆さんに、手抜きをしたと思われるのでは……?」

と格安婚を不安に感じてしまう人もいるかもしれませんが、クオリティ自体はそんなに大きく劣ることはなく、ゲストの皆さんは格安婚であることには気が付かないのではないでしょうか。

格安婚のメリット②▶直接会場と交渉するよりもお得♡

格安婚のメリットとして次にご紹介したいのは、自分たちで直接結婚式場に交渉するよりも、結果としてお得に結婚式を挙げられるというところ♡

格安婚は結婚式場と特別な条件で契約をしている状態なので、持ち込み料や中間マージンなどをカットしているところがほとんどで、直接会場に頼むよりもお得な費用で結婚式を挙げることができます。

新郎新婦が直接式場に値段交渉をしても却下されてしまったり、結婚式場のもとからの決まりでどうにもできない可能性が高く、あまり費用をグンと抑えることができません。

しかし格安婚であれば、あらかじめ中間マージンや持ち込み料がカットされているので、その分グンとお得なんです♡

格安婚のメリット③▶特化したプランがお得

他にも、格安婚は特化したプランが秀でてお得であるという特徴があります。

格安婚が持っているその特化したプランと、新郎新婦の希望がマッチングしていれば、かなりお得に結婚式を挙げることができるんです♡

格安婚の特化したプランとして一例を挙げるのであれば、マタニティ婚や少人数制の結婚式などです。

このプラン内容に関しては、プロデュース会社によって異なるので、さまざまな会社を比較して、新郎新婦の希望とマッチするものがあるかを探してみるのも良いかもしれませんね。

格安婚のデメリット①▶自由度が少ない

ここからは、不安に感じている人が知りたい、格安婚におけるデメリットをご紹介します。

実際に格安婚を挙げた先輩花嫁さんたちからも一番多く声が集まったのが、すでに決まめられたものが多く、オリジナリティを出しにくいというもの。

はじめでも触れていたように、格安婚は披露宴がパッケージ化されているからこそ、費用をグンと抑えることを可能にしています。

そのため、あれもやりたいし、これもやりたい!というプレ花嫁の希望が通るケースが少なく、格安婚は決められた枠の中で結婚式を行うことになるのが通常です。

しかしこのパッケージ化されたプランが、新郎新婦にとってやりたいことであった場合には、とてもお得ですよね!

すでに決まっている内容なので、「こんなはずじゃなかった」という自体にならないよう、はじめの段階でプランの内容を確認しておくことが大切なのではないでしょうか。

格安婚のデメリット②▶結婚式場と打ち合わせができない

通常の結婚式は、担当のプランナーさんを通して、結婚式場と直接交渉をしたり打ち合わせをするような仕組みになっています。

しかし格安婚の場合は、プロデュース会社がすべての案件を握ってるため、結婚式場と直接打ち合わせができないというデメリットがあります。

一見面倒がかからなくていいようにも思えますが、直接結婚式場と打ち合わせができないことで、どんな不都合が起こるのでしょうか。

デメリットとして挙げられるのが、結婚式当日まで様子がわからないというもの。

あくまで格安婚はパッケージ化された結婚式のプラン。

「何これ!?」というひどい内容になってしまうことはまずありませんが、想像が膨らんでいたり、希望を強く持って当日を迎えると、現実との差をデメリットに感じてしまうかもしれません。

格安婚のデメリット③▶費用が上がるケースもある

もう一つ把握しておきたいのが、格安婚でも結果として費用がプラスされて、最終的に決して安くない結婚式になってしまうケースもあるということです。

「格安婚はすでにパッケージ化された披露宴なのに、どうして費用が上がることがあるの?」と、疑問に感じる人も多いでしょう。

これは、格安婚でも様々な希望をかなえられることをウリにしているプランの場合に、起こりうるケースです。

パッケージ化された披露宴だったはずなのに、こちら側の要望をプラスできるということは、その分プラスして費用が発生するということ。

格安婚に色々とオプションを追加していくと、結果として費用が高くなってしまうこともあるということを、覚えておきましょう。

格安婚はこだわりを持っていなかったり、結婚式をあきらめていた人におすすめ!

いかがでしたか?

格安婚はメリットの部分だけを見るととても魅力的に思える一方で、デメリットを踏まえると、どうしようかなと悩んでしまうプレ花嫁さんもいるかもしれません。

では、どんな人が格安婚を挙げるのに向いているのでしょうか。

まずご紹介したいのは、結婚式には多額の費用が掛かるからという理由で、結婚式を挙げることをあきらめていた人です。

あきめて挙げないよりも、プラスマイナスゼロで挙げられるのであれば、やっぱり挙げたい!というプレ花嫁さんだってたくさんいますよね♡
そうした人には、きっと格安婚だったら満足いく結婚式になるのではないでしょうか。

結婚のお披露目の場として、結婚式をすべきか1.5次会をすべきか悩んでいるという人にもおすすめです。

こうした人の中には、友達のみを招待するのであれば1.5次会でも良いけれど、親族や上司を招待するのであれば、結婚式を挙げたい!と考える人もいますよね。

結婚式を挙げることに重点を置いていて、内容には特にこだわりはない、という人にも格安婚はおすすめなんです。
内容を知らないと不安に感じてしまう格安婚ですが、費用を抑えられるのには、きちんとしたワケがあるのですね。
新郎新婦2人の考えとマッチするのであれば、絶対におすすめしたい、とてもお得な格安婚をご紹介しました♡

【関連記事】まず取り掛かるべきことをピックアップ!今からできる結婚式準備7選

彼からプロポーズを受けたら、顔合わせ食事会をして結婚式場を決めて……と、やることがたくさ...

格安婚 メリット デメリット 結婚式 見積もり

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

フリーデザイナー・アパレルマーケティングのお仕事をしています*

アパレルデザイナー・プ…

>もっとみる