「もったいない」なら捨てないでOK!今すぐキチンと片付く方法

Lifestyle

みなさんは、部屋の片付けが得意ですか?
多くの収納、片付けの本には、片付ける前に捨てないと!と書かれていますが、あなたは捨てられる人でしょうか?
捨てるのは、なんだかもったいなくてできない。でも、片付けたい!というあなたに、捨てなくてもできる、片付けの方法をご紹介します。

mariko tsuboi
mariko tsuboi
2017.06.04

捨てないでOK!片付く方法①もったいない、と言って捨てられないあなた

片付ける前に、まずは持ち物をチェックして、いらないものは捨てましょう。
多くの片付けの本にはそのように書かれていると思います。

もちろん、片付けのためには収納スペースが必要で、スペースを作るには不要品を捨てることが不可欠です。

ですが、やはり捨てることが難しいという人もいますよね。

パッと捨てないでも、ちょっと工夫するだけでスッキリしたお部屋に片付く方法があるんです。

捨てないでOK!片付く方法②まずは使い切る。そして同じものは買わない

部屋の中にたくさんのものが溢れている状態だけど、捨てないで片付く方法が知りたい!それなら、まずは使い切ることを考えましょう。

化粧品の試供品や、ストックしていたもののなかなか使わない洗剤や、缶詰などの食品。

ストックが大量にある状態から、まずは脱却しましょう。

これらのものは使い切って、そのあとは同じものをもう買わないことに決めます。
すると、使い切る頃には、部屋のものが減り、スッキリするわけです。

捨てないでOK!片付く方法③もったいなくて使っていないものこそ、普段使いにする

もったいない!と思って捨てられない……の前に、そもそも使うこともできていない高価な頂き物などはありませんか?

引き出物のいいタオルや食器などが、クローゼットの隅に眠ったままの人もいるかもしれませんね。

ですが、こんな高価な頂き物こそ、眠らせておくほうがもったいないんです。

眠らせるくらいなら、いっそ普段使いにするのが片付く方法。
普段から、いいものを使うことで、暮らしのセンスアップにもつながります。

高価でもったいないから使えない!と思っていたものがあるなら、すぐに今使っているものと交換して、使っていきましょう。これなら捨てないで、有効活用できますよね♪

捨てないでOK!片付く方法④捨てるのに忍びないなら、売るか譲る

クローゼットの整理をしていると、捨てるのには忍びない高価なもの、新品同様のものなのに実は全く使っていない……と思うようなものがでてくることもあります。

これらのものは、今の流行と違っていたり、サイズが合わなくなっていることもありますよね。

こんなとき、高かったから捨てられない。まだ新品だから、いつか使うかも!と思うかもしれませんが、高かったものも、手に入れた瞬間からものの価値は下がっています。

いつか着るかも、いつか使うかも、と思っているものも、いつかがやってくることはないと思っていいでしょう。

これらのものは、捨てないで、潔く売るか譲る方法を選択しましょう。

捨てるよりは、少しでもお金になったり、誰かの役に立てれば嬉しいものですよ。

そのまま捨てるのは、なんだかもったいなくてできない……と思っているあなたも、捨てるより使い切る、日常的に使う、売る・譲るというコツを覚えれば、だんだんとものは減っていきます。
あとは、ものが減った状態を維持するだけ!
これ以上ものが増えないように気をつけながら、キチンと片付いたお部屋を目指しましょう!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。