実は痩せる!シーズンスポーツ《スノボ》の嬉しいダイエット効果♡

まさに今が旬ともいえる、スノーボードやスキー。
スポーツとして楽しむために行く人が多いとは思いますが、実は痩せることもできるのです!
今回はスノーボードで痩せるポイントを紹介します♡

スノボで消費できるカロリーは?

スノーボードは有酸素運動になります。
消費カロリーは、テニスやフットサルと同等の消費量なのです。

消費量が多いともいわれている、テニスやスイミングにも匹敵する消費量なので効果的なダイエットになるのです。

たとえば、体重が50キロの人が1時間スノーボードを行うことで、約350カロリーを消費することができるのです♪
楽しみながら痩せられるなんて、とっても魅力的ですよね♡

スノボには引き締め効果も

スノーボードによる筋肉痛はよく耳にします。きっと行ったことある人なら、誰もが経験したことあるはず。

スノーボードは普段生活している筋肉と異なる筋肉を使うので、筋肉痛になるといわれています。
中腰の姿勢を維持して滑ることから、とっても下半身の筋肉を使うのです!よって、下半身の引き締めにも効果的なのです♪

太もも、お尻、ふくらはぎに継続的に力を入れていくので、筋肉のトレーニングのもなり脂肪燃焼も期待できるのだとか。なので、筋肉痛なるのです!

またバランスをとりながら滑るので、体幹やバランス機能も同時に鍛えられるのです♡

スノボで心肺機能アップ!

全国各地にスキー場があるとは思いますが、そのうちの多くが山の中にあるスキー場なのです。
なので、普段生活をしている感覚とは少し異なり薄い空気になるといわれています。

気圧が高くなればなるほど、空気が薄くなり、心肺機能が向上するのでダイエット効果が期待できるのです♪
100メートル高くなるごとに10ヘクトパスカル減少していくので、リフトで山の上まで行くだけでも、酸素を吸収する肺と酸素を運ぶ心臓を鍛えることができちゃうのです!

そのなかでスノーボードというスポーツをするわけですから、効果があることが納得できちゃいますよね♡

スノボで代謝アップ!

スキー場について感じることは、まずは寒い!ということですよね。
山は100メートル高くなればなるほど、気温が0.6度づつ低下していくといわれています。

なのでリフトで山頂に近づけば近づくほど、気温は寒くなっていくのです。
人間は誰もが周りが寒ければ寒いほど、体温を維持しようとするために代謝を高めて温めようとする機能があります♪

普段よりも寒いスキー場では、体が自然に代謝をあげて温めようとしているのです!
このようなことから、体温があがっていくことでスキー場にいるだけでも、カロリーが消費されているのです♡
いかがでしたか?
この時期にはスノーボードに行くという子も多いはず。
楽しみながら痩せれちゃうなんて嬉しいですよね!
ただ疲れたからっておいしいものを食べながらずっと休憩していては効果は期待できないので、要注意です♡

スノボ ダイエット 痩せる スノーボード

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

R♡

女子大生サークルLAllure

>もっとみる