パッと明るい顔立ちに!しつこい目の下のクマはヒアルロン酸が有効♪

寝不足の時に、「あっ、目の下にクマができている!」という経験、1度や2度はあるのではないでしょうか。
実は、目の下のクマは寝不足以外にも他の原因でできるということ、ご存じでしたか?
そんな厄介なクマの解消法から種類まで、ご紹介します。

この記事の監修

ゴリラクリニック 総院長 Dr. 稲見 文彦

目の下のクマはこんなにも見た目に影響している

みなさん、目の下に「クマ」ができたことはありますか?
また、目の下にクマがある人の顔の雰囲気は、どう見えるでしょうか?

クマができる原因といえば、寝不足や不規則な生活がよく知られていますね。学生の頃、テストの時期にクマを作りながら登校する人を見たこともあるのではないでしょうか。

目の下にクマができると顔全体の雰囲気が悪くなってしまったり、不健康に見られてしまったりすることがあります。女性は化粧で隠せるといっても、スッピンの自分の顔にも自信を持ちたいですよね。

実は目の下の「クマ」は1種類だけではない!

人の見た目に大きく左右してしまう目の下の「クマ」ですが、引き起こされる原因によって3種類に分けられます。

✔青クマ
→血行不良によるクマ(睡眠不足、疲労、ストレス、ドライアイ、喫煙などが原因)

✔茶クマ
→色素沈着によるクマ(紫外線によるシミの増加やメイクの刺激・摩擦が原因)

✔黒クマ
→肌のたるみや皮膚のへこみによるクマ(年齢と共に目元の皮膚がたるみ、むくみ、影ができることが原因)

目の下のクマは、引き起こされる原因によって種類が変わるのです。

気になる目の下の「クマ」、どうやったら撃退できるの?

では、それぞれのクマはどのようにしたら撃退できるのでしょうか?

まずは「青クマ」ですが、対処法としては血行を促進することがポイントになります。体を温めて血管を拡張させ、血行を促進することを意識してくださいね。

なお、青クマに速攻性のある対策として、「炭酸パック」がおすすめです。こちらは血行や血流を良くし、肌細胞を活性化させる効果があります。
また、美容クリニックではレーザーを使って青クマを治療しています。パックなどに比べると金額がかかりますが、肌の奥の方から本格的に改善することができるので、効果もバッチリです。

次に「茶クマ」ですが、シミと同じくメラニンが原因のため、シミやくすみ対策と同じものを行う必要があります。美白ケアを行うなど、地道に時間をかけて対策をしていく必要があります。
こちらも美容クリニックでは、レーザーや塗り薬を使って治療することが多いよう。数回の治療でキレイになりますが、クリニックによって治療法が異なることもあるので、よく相談してみましょう。

最後に「黒クマ」ですが、皮膚のたるみや脂肪、まぶたの下のへこみが原因となっているため、なかなか普段のお手入れでは撃退することができません。皮膚のたるみやへこみは加齢によるものなので、この改善に効果的なのが美容クリニックでの「ヒアルロン酸注入」なのです。

目の下の「クマ」に効果的!ヒアルロン酸はメリットがたくさん

黒クマを目立たなくしてくれるヒアルロン酸ですが、メスで切らないので体への負担がほとんどありません。出血も腫れもほとんど出ないのでダウンタイムが短くて済みます。
アレルギーの心配もほとんどありません。更に、クマが改善されることにより、見た目の若返り効果が期待できます!

ヒアルロン酸注入は、気になる目元のくぼみやシワ、たるみ部分に直接注射で注入するもの。切らないで治療が可能なのでキズが残らず、治療時間もたったの数分。化粧もすぐOK!

しかし、クマの程度によってはヒアルロン酸でうまく隠しきれないことや、症状が強い場合は改善に限界があるので、よく医師と相談することが大切。

費用はクリニックによりますが3〜10万円ほど、効果は半年~1年とされています。まれにヒアルロン酸が体に合わない人もいるので、カウンセリングで確認しましょう。

目の下の「クマ」に効果的!ヒアルロン酸のデメリット・リスクは?

手軽にできるヒアルロン酸注入ですが、効果が持続しないことがデメリット。注入されたヒアルロン酸は体内で分解され、少しずつ吸収されていきます。効果を持続させたい方は、定期的にクリニックでヒアルロン酸注入を繰り返すことをおすすめします。

しかし、入れすぎには要注意。ヒアルロン酸を短期間に大量に注入すると、却って不自然になるリスクがあります。医師の勧めに従って適量を入れて、自然でキレイな目元を手に入れましょう。

また、ヒアルロン酸が間違って血管に入ってしまうと一大事。塞栓(そくせん)という重大なリスクを起こすことがあります。しかし、塞栓を起こす可能性はごくわずか。経験豊富な医師にお願いすれば、リスクはほとんどゼロと言っても良いでしょう。
目の下のクマの種類や解決法をご紹介しました。
加齢と共に避けては通れない「黒クマ」。
体に安心・安全なヒアルロン酸で、明るく健康的な印象を取り戻せたら素敵ですね。

【関連記事】もう何年も治らない…。目の下のくまは治療でどんより顔→明るい顔へ

何年も消えず、目の下にしつこく残る「クマ」。重度のクマは、自己流よりも素早い治療がおす...

クマ ヒアルロン酸

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

柏木麻衣子

はじめまして! 美容と健康に力を入れています! 趣味はショッピングで、コスメショップ巡りなんかが大…

>もっとみる