途中で飽きちゃっていない?永久保存版の「手帳術」をマスターせよ♪

今年こそは丁寧に使い切るぞと意気込んだ手帳も、1ヶ月も経てば適当な使い方になっていませんか?
でも一度きちんとした使い方を身につけて癖にしてしまえば、一生使えるのが手帳術!
今回は少しのコツで丁寧に使い切ることができる、役立つ手帳術をご紹介していきます♪

使い方をマスター♪一生役立つ手帳術:手帳用シールを使う

手帳は絵を描くのが上手な人しか使えないと思っていませんか?
そういう人たちのためにあるのが手帳用シール!

数百円かかってしまうけれども、それで気に入った手帳を12ヶ月間使えると思えば安いものです♪

使い方をマスター♪一生役立つ手帳術:時間ブロック式

書き込むことがたくさんある人にオススメなのが“時間ブロック”を作ることです。
特に1日の時間軸を書き込む時に使えるテクです。

矢印や同じ色のペンで予定を囲むのは楽だけど、綺麗さには欠けてしまう部分も。
見た目が良くないから……と、手帳を1年の終わりまで使い切った経験がない人は、マーカーを一本用意しておき、時間ブロックを作ってみてください♪

使い方をマスター♪一生役立つ手帳術:定番の予定は記号化

1ヶ月のうちに何度もある予定は記号化しちゃいましょう。
もはや文字を書き込まないようにするのです♡

記号でも簡単なイラストでも、四角を色分けするだけでも構いません。

手帳を使い始める時は、予定は書いた方が楽だと思うかもしれません。
けれども記号化することが一度癖になれば、見にくさはなくなり、むしろ見栄えが良くなります♡

使い方をマスター♪一生役立つ手帳術:TODOリストは付箋かマスキングテープで!

TODOリストを手帳に書き込む人も多いですよね。
書き込むのはいいけれども、タスクが終了した後は邪魔でしかない!そんな悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

TODOリストを手帳に書き込む場合は、付箋かマスキングテープを使うようにすると手帳を汚さずにタスク管理ができます。

手帳と一緒にどちらかを携帯しておくと便利ですね♪

使い方をマスター♪一生役立つ手帳術:食事管理や家計簿にデイリーを活用

たくさん書き込める方がいいだろうと思って買った、大きめでデイリーページがついた手帳。

初めは日記を書こうと思っていたのに、3日坊主で終わってしまった……という人も多いのではないでしょうか。

デイリーは日記にして使うと漠然としていて続かない可能性もあるので、趣味や体調管理などの記録用に使いましょう。

ダイエットをしている人は体重管理やワークアウトの記録、節約家さんは買ったものを記録しておくのはいかがでしょう♪

使い方をマスター♪一生役立つ手帳術:所用時間の目安を書き込んでおく

忙しい人は時間管理をきっちりしたいですよね。

予定を時間とともに書き込むと思いますが、他にもやらなくちゃいけない仕事をどのスペースに入れるかだったり、その仕事にどれくらい時間がかかるのかという目安も書き込んでみましょう♪

マンスリーに書くと数字ばかりで邪魔になるので、デイリーなど広めのスペースがオススメです。

使い方をマスター♪一生役立つ手帳術:マンスリーとウィークリーに同じ内容を書かない

使いやすく作られている手帳ですが、上手に使いこなせていないと感じている人いませんか?
そういう場合は1冊の手帳の中でも、仕事とプライベートで書くスペースを分けましょう。

仕事は全体が見やすいマンスリーに、プライベートはウィークリーや、少し見にくくなりますがデイリーに書いておきます。

そうすることで見た目がスッキリするだけじゃなく、オンオフの切り替えが上手にできるようになります♪

役立つ手帳の使い方をご紹介しました!
手帳を綺麗に12ヶ月間使うことって難しいですよね。
しかし少しの工夫を癖にしてしまえば、この先ずっと困ることはありません♡

【関連記事】2017年はこれ!Instagramで流行中の「ジブン手帳」って?

みなさん、「ジブン手帳」というものを知っていますか?最近、Instagram(インスタグラム)でも...

手帳 役立つ 使い方 手帳術 活用

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

高月ルナ

>もっとみる