NG習慣で身体をダメにしてない?美のカギを握る腸内フローラに注目

美肌や健康を維持するために、実はとても密接に関係している腸内フローラを、皆さんは気にしたことがありますか?
「腸内環境」ともいわれているのですが、この腸内フローラのバランスが崩れてしまうと便秘や肩こり、肌荒れ、体重増加などに繋がってしまうのです。

そこで今回は、腸内フローラのバランスを崩していまうNG習慣をみていきたいと思います。

腸内フローラを悪化させるNG習慣!腸内フローラとは?

人間の腸内には、多種多様な細菌が生息しており、なんと数百種600兆個以上あるといわれています。
特に、小腸から大腸にかけては様々な細菌が種類ごとにグループを形成して、腸の壁面に住んでいるそうです。
このグループがお花畑に見えることから、「腸内フローラ」と呼ばれるようになったんだそうですよ!

腸内の細菌は、大きく分けて3つに分類されています。
・悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動を促したり、身体にいい働きをしてくれる“善玉菌”。
・腸内で有害物質を作り出し、身体に悪い働きをしてしまう“悪玉菌”。
・善玉菌と悪玉菌の働きを見て、優勢なほうに同調して作用する“日和見菌”。


善玉菌や悪玉菌はよく耳にしますが、日和見菌はあまり耳にしませんよね。
ですが、善玉菌が多ければ善玉菌の味方をし、悪玉菌が多ければ悪玉菌の味方をしてしまうので、日和見菌もとても重要なカギを握る菌だと言えます。

ここからはこの腸内フローラのバランスを崩していまうNG習慣をご紹介していきます。

腸内フローラを悪化させるNG習慣!理想的な腸内フローラのバランス

腸内フローラの理想的なバランスとしていわれているのは、善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割です。
先ほどもお話したように、日和見菌はどちらの性質も持っており、優勢なほうに同調してくれるので、善玉菌が少しでも多ければ善玉菌を増やすことができるということが分かりますね。

しかしこの腸内フローラのバランスは、日々のNG習慣ですぐに崩れてしまいます。
さまざまなNG習慣で悪玉菌が増えてしまうと、腸内で悪玉菌が優勢に立ってしまうので、有害物質も増えてしまいます。

この有害物質は、便秘や下痢などお腹の調子を悪くするだけでなく、全身をめぐって肩こり、肌荒れ、老化などにも関係するといわれているんです。
ですので、「便秘気味で肌の調子も悪い……」と感じている女性は、もしかしたらこの腸内フローラのバランスが崩れているのかもしれません。

今すぐ腸内フローラのバランスを悪化させるNG習慣を見直していくことが大切です!

腸内フローラを悪化させるNG習慣!食生活の乱れ

腸内フローラを悪化させるNG習慣として、1つ目に挙げられることが食生活の乱れです。
肉類や加工食品、ファーストフードなど、栄養バランスが偏った食生活をしていませんか?
このような食生活では、腸内フローラのバランスを保つために必要な栄養素を摂ることができず、腸内フローラを悪化させていくばかりです。

たんぱく質を豊富に含む肉類は悪玉菌のエサになるので、悪玉菌が増えてしまい腸内フローラのバランスを悪化させてしまいます。
しかし、たんぱく質は私たちの身体を作るために必要不可欠な栄養素でもあるので、抜くことはNGです。

そこで見直すべきポイントは、善玉菌を増やすことです。
善玉菌を増やすためには、ヨーグルトや納豆、キムチなどの発酵食品、根菜類や緑黄色野菜、海藻類、バナナなどの食物繊維の多い食品を積極的に摂るように習慣づけることがおすすめです。

ダイエットによる無理な食事制限も腸内フローラのバランスを悪化させる原因になります。
1日3食はご飯を食べるようにして、バランスのとれた食生活を心がけてみてください。

腸内フローラを悪化させるNG習慣!運動不足

腸内フローラを悪化させるNG習慣として、2つ目に挙げられることが運動不足です。
腸は、物理的刺激を与えないと動きが鈍くなるといわれています。
すると便秘になりやすくなってしまうので、適度に運動を取り入れて腸を刺激してあげることが大切です。

また、便をするときは意外と筋力が必要であることをご存知でしたか?
あまり意識することはないですが、踏ん張る力がないとスムーズに排出することができなくなってしまいます。

運動不足は筋力の低下にも繋がってしまうので、腸内フローラのバランスを保つためにも毎日運動することを習慣づけていきましょう。
30分くらいのウォーキングでもいいですし、便秘を解消する体操でもいいです。
毎日続けることが大切ですよ!

腸内フローラを悪化させるNG習慣!ストレス

腸内フローラを悪化させるNG習慣として、3つ目に挙げられることがストレスです。
意外に感じてしまう女性も多くいると思うのですが、実はストレスと腸内フローラは密接に関係しています。
ストレスを脳で感じてしまうと、自律神経が乱れて交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズにできなくなってしまいます。

すると血管が縮んで血行が悪くなり、消化活動が低下してしまうので、便秘になりやすくなってしまうのです。
便秘や下痢になると腸内フローラのバランスが悪化するといわれています。

その理由は、便秘が悪玉菌を増やして毒素を産生させてしまうからです。
ストレスでも便秘になることを忘れずに、できるだけストレスのない生活を心がけてみてください。
そのためにはオンオフをしっかり切り替えたり、自分の中でストレス発散法を見つけたり、生活習慣を改善していきましょう。

腸内フローラを悪化させるNG習慣!便意を我慢する

腸内フローラを悪化させるNG習慣として、4つ目に挙げられることが便意を我慢することです。
忙しい女性や、外出先で恥ずかしいと感じている女性は便意を我慢する習慣がついてしまっているのではないでしょうか?
「自分の家でゆっくりリラックスしないとできない」と言う女性も多いのですが、便意の我慢もNG習慣に含まれます。

我慢をしていると、便が行き場を失ってしまい、滞留してしまいます。
このことによって腸内フローラが悪化し、数日続くと固まって便秘の原因になってしまうのです。

ですから日ごろから我慢している女性は、便意に身を任せることから始めることが大切になってきます。
何事にも言えることですが、我慢のしすぎは身体にも心にもよくないので、少しずつ改善していきましょう。

腸内フローラを悪化させるNG習慣!不規則な生活

腸内フローラを悪化させるNG習慣として、5つ目に挙げられることが不規則な生活です。
生活リズムが少しでも乱れてしまうと、体調不良を感じてしまう女性も多いのではないでしょうか。
「なんとなく体調が優れない」ということは、腸内フローラにも何らかの影響があるサインです。

たとえば、遅い時間に飲食してその後すぐ寝てしまうと消化活動がスムーズに行われず、腸に大きな負担をかけてしまい消化不良を起こします。
これが習慣になってしまうと、腸内フローラのバランスが崩れてしまうのは一目瞭然。

また、遅い時間まで起きていると睡眠不足になり、疲労が溜まりやすくなってしまいます。
腸内も疲労が溜まり、活発に活動することができなくなってしまうので、不規則な生活も見直していきましょう。
なるべく就寝時間と起床時間、食事の時間を同じにして、遅い時間にならないよう生活リズムを整えていくといいですよ!

腸内フローラを悪化させるNG習慣!薬の飲み過ぎ

腸内フローラを悪化させるNG習慣として薬の飲み過ぎも挙げられます。
なぜなら、病院で処方される抗生物質には病原菌や腐敗菌だけでなく、腸内のビフィズス菌も殺してしまう可能性があるといわれているからです。

年齢を重ねれば不可欠になりますし、服用する習慣がある場合いきなり薬を飲まないようにすることは難しいですよね。

薬のダメージで腸内細菌が全滅するわけではないので、善玉菌を増やす食事やサプリメントを活用したり、整腸剤などを利用することもひとつの手です。
医師と相談しながら、腸内フローラのバランスを保っていきましょう。
美のカギを握る腸内フローラについてご紹介いたしました。
当てはまったNG習慣を見直していくことで、腸内フローラのバランスを整えていくことができます。
腸内フローラが正常になれば、肌にも健康にも嬉しい働きをしてくれるので、ぜひ注目してみてください。

【関連記事】好きなことを見つけてみない?「トレンドの朝活」で魅力的な私に♡

新生活シーズンは、なんだか特別な気分になり、新しい刺激がほしくなりますよね。今までの生...

腸内フローラ NG 習慣 身体

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる