オン・オフ兼用のバッグは使っちゃダメ?休日に仕事を忘れる方法4つ

「休日も仕事のことばかり考えちゃって心身がヘトヘト状態……」なんて悩みを抱えている社会人女性は、少なくないでしょう。
そこで今回は、「休日に仕事を忘れる方法」をご紹介していきます!

休日も仕事のことばかり考えてしまう人は「休む練習」が必要!

休日も仕事のことばかり考えてしまう人は、「休む練習」が必要です。

仕事を当たり前にやっているように、休むことも習慣化しないと、心身がヘトヘトどころか病気になってしまうかも……。

これからご紹介する「仕事を忘れる方法」を実践しても、すぐには仕事のことを一切考えないなんて、できないでしょう。
習慣化するには、練習を重ねてコツを掴む必要があるので、すぐ諦めずに継続してくださいね!

休日に仕事を忘れる方法① とりあえず外に出る

仕事を忘れる1つ目の方法は「とりあえず外に出る」。

個人差はあると思いますが、家に居ると視野が狭くなりがちです。
視野が狭い状態になれば、仕事を忘れるどころか1日中考え続けてしまうことになりかねません。

大きな空・新鮮な空気・たくさんの人たちを見て触れるだけで、視野が広がることもあります。
仕事のことで頭がいっぱいになってしまったら、とりあえず近くのカフェや公園へGO!

休日に仕事を忘れる方法② 人と会って、頭をつかう話を聞く

仕事を忘れる2つ目の方法は「人と会って、頭をつかう話を聞く」。

1つのことにとらわれてしまうと、自分でそこから抜け出すのはなかなか難しいものです。
そんな時は、他人のペースに巻き込まれるのが手っ取り早い解決策だと思います。

たとえば、近所に住むご高齢の方に会いに行くと、政治や経済の話題、今と昔の違い……など、頭を使わないとついていけない話の連続でしょう。
話を一生懸命聞いているうちに、仕事のことなんて忘れているのでは?

「難しい話は聞きたくない」と思う人もいそうですが、ご高齢の方の話は宝の宝庫!
ご高齢の方と話すのに慣れると、同世代の友達との会話が退屈に感じるくらいになってるかもしれません♪

休日に仕事を忘れる方法③ 仕事関連のものと距離を置く

仕事を忘れる3つ目の方法は「仕事関連のものと距離を置く」。
一瞬仕事を忘れることができたとしても、仕事関連のものを見たり聞いたりすれば、思い出してしまうものです。
思い出しやすい状況を回避する努力も、したほうがよさそうですね。

たとえば、デスクワーク系の仕事をしているなら、休日はパソコンを視界に入れない工夫をしたいところ。
パソコンのキーボードを打つ音が聞こえるカフェにも、行かないほうがいいでしょう。

また、休日に仕事を忘れたいならオン・オフ兼用のバッグを使うのはやめましょう。
仕事用と休日用を用意すれば、休日の充実感が上がるかもしれませんよ♪

そして、仕事を忘れたい休日は、仕事の話が大好きな友達と会うのは控えた方がよいかも……。
また、若者が多い職場で働いているなら、若者が集う飲み会に行かず、人生の先輩に会うことをオススメします。

思い出しやすい状況を回避する方法は他にもたくさんあると思うので、見つけたらどんどん実践してくださいね!

休日に仕事を忘れる方法④ 開き直る

仕事を忘れる4つ目の方法は「開き直る」。

「やり残した作業のこと、苦手な上司のことを忘れよう忘れよう……」なんて自分に言い聞かせるのは、仕事のことを頭に刻んでいるのと同じです。

「仕事のこと考えちゃうな。まっ、仕方ないか」と開き直ったほうが、気づけば仕事を忘れて、休日を思いっきり楽しめているでしょう♪
「休日に仕事を忘れる方法」を探してみました。
仕事を忘れることに罪悪感を抱いている人もいるかもしれませんが、忘れる時間は仕事と同じくらい大事です!
罪悪感を手放し、心からリラックスした方が、結果として仕事もはかどることでしょう♪

【関連記事】早く忘れたい!嫌なことを早く忘れる4つの方法

人に言われた嫌なこと、経験…できれば無かったことに、忘れたい!と思ってもなかなかそうはい...

仕事 休日 忘れる

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル、サロンモデル、WEBライター
野菜コーディネーター、国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる