友達止まりはもうおしまい。恋人候補になるための秘訣

とても優しいけれど、恋愛対象にはならず友達止まりで関係が発展しない人がいますよね。
好きなタイプでよくランクインする「優しい人」なのに、なぜ恋愛には不向きなのか、その理由と恋人候補に昇格するための方法をご紹介します。

優しい人が恋愛関係に発展しない理由①平和主義で、怒らない→本音がわからない

優しい人の一番の問題は、本音がわからないこと。

優しい人は平和主義者で、何があっても怒らずに許してくれる反面、何が嫌なのかが相手に伝わりにくいというデメリットも。自分自身も本音を言わずに我慢することで、相手に対する不満を溜め込んでしまうこともあります。

誰にでも優しい八方美人よりも、本音で話せる人の方が一緒にいたいと思いますよね。

恋人関係ではなく、良い友達関係で終わらせるためにも、本音で話せるような信頼関係を築き上げることが大切です。

優しい人が恋愛関係に発展しない理由②相手を優先→自分は必要ないと思われてしまう

優しい人は、相手に遠慮して人のことを振り回しません。

相手を優先した行動をとるので、都合の良い人間になってしまったり、相手に「自分を必要としていないんだな」と思われてしまう可能性も。

たまには頼ってみたり、自分の感情のままに動いてみることで守ってあげたい、気になる存在に変わるかも♪

人に合わせつつ、相手を必要とすることで友達からのステップアップにつながるのではないでしょうか。

優しい人が恋愛関係に発展しない理由③困った時に優しくしてくれる→相談相手止まり

恋愛や人間関係などで悩んでいる時に、優しい人は親身になって相談に乗ってくれます。

でも、それだけではただの良い人で終わってしまいます。相談相手から恋人として意識させるには相手の話を聞くだけでなく、相手のことを知り、自分にも興味を持ってもらうことが大切。

「自分の話を覚えてくれている」「自分のことを良く理解してくれている」と感じさせれば上出来です♪

優しい人が恋愛関係に発展しない理由④なんでもいいよと言ってくる→積極性がなくてガッカリ。

優しい人は、少し優柔不断な面もあるかもしれません。

遊ぶ場所やお店などを決める時に、なんでもいいよと言うと相手をガッカリさせてしまうことも。相手に合わせるべきところは合わせて、決める時には積極的に提案すると良いでしょう。

相手まかせにするのではなく、「あなたと行きたい所がある」という風に提案すると相手も嬉しいはず♪

優しい人が恋愛関係に発展しない理由⑤一緒にいて安心する→ドキドキを感じられない

優しい人は一緒にいて安心する反面、少し落ち着きすぎてしまうと恋のドキドキ感がなくなってしまいます。

一緒にいて安心する人は友達でいいと思われてしまう可能性も。一緒にいてドキドキするように、時々ファッションや髪型などの変化を見せると良いかも♪

男性の場合もレディーファーストなど、相手を女の子扱いしてあげると良いですよ。
友達止まりから恋人候補へのステップアップには、優しすぎるだけではダメなんですね。
相手に自分を意識させるように工夫してみては?

【関連記事】男性が「友達」から告白されて思わずグッとくるセリフ4つ

「本当はずっと好きだったのに相手は友達としか思ってくれていない」こんなことありませんか...

優しい 恋愛 関係 モテ 恋人

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

Mio Tsuchiya

>もっとみる