アンチエイジングにオススメ!「成長ホルモン療法」とは

BEAUTY

年齢と共に肌の質感が衰え、代謝や体力の低下を感じたり、イライラすることが増えてきていませんか?
その原因は成長ホルモン分泌の低下のせいかも。
「成長ホルモン療法」によって成長ホルモンを補うと、アンチエイジング効果が得られます!
今回は、成長ホルモン療法についてご紹介します。

あの頃に戻りたい……!アンチエイジングに効果的な方法とは?

若い頃は特別なケアなしでも肌にハリやツヤがあり、少し寝れば体力もすぐに回復していました。
しかし、綺麗に歳を重ねたつもりでも体の衰えは感じるはず。

女性の多くは、加齢による肌トラブルに悩むはず。その原因として「成長ホルモン」の分泌低下が挙げられます!

成長ホルモンの分泌の低下は、体力の衰えだけでなく、イライラや記憶力・集中力の低下といった症状も引き起こします。
年齢を重ねた後に成長ホルモンを補う方法とは、一体何なのでしょうか?

「成長ホルモン療法」でアンチエイジング!

成長ホルモンは下垂体から分泌され、そのピークは思春期後半です。
ピークを過ぎると年々下り坂傾向で減少し、30〜40代でピーク時の半分以下にまで落ち込みます。50代では、1/4ほどに……。

適正量で治療をすれば出ない人がほとんどですが、肌の質感だけでなく、人体的な機能も衰えてしまいます。特に女性は月経不順や夜間頻尿などの性的機能に影響が大きく出るのです。

「成長ホルモン療法」では、減少した成長ホルモンを直接注射することで補います!加齢による身体のトラブルを、成長ホルモンが改善してくれるのです。

レーザーなど外側からのアンチエイジング法に比べ効果が現れやすいと評判に。
画期的なアンチエイジング法として注目されています!

「成長ホルモン療法」は自宅でアンチエイジング可能

成長ホルモン療法は、患者さんによる自己注射で治療を進めます。
インスリン注射のように簡単な仕様となっており、扱いやすいペン型タイプのものを使用します。

医療スタッフによる使用説明に基づき行うため、初心者の方でも安心して利用することができます。
さらに、定期的な検査など安全面のサポートも充実しています。

無駄な手間や時間を省くことができるため、仕事で忙しい方などから評判が高いです。
通院がネックという方は検討してみてはいかがでしょうか?

アンチエイジングに効果的な「成長ホルモン療法」の副作用

治療を行う上で、考えられる副作用がいくつかあります。

・むくみ
・頭痛
・手根管症候群
・わずかな血圧の上昇
・甲状腺ホルモン生成の低下

体内で作れなくなった成長ホルモンを外的に補うので、わずかな副作用が出てしまう可能性は否めません。
ですが、適正量で治療をすれば副作用が出ない人がほとんどです。

不安になる場合は、医師と相談をしながら治療に取り組みましょう!

湘南美容外科の成長ホルモン療法はこちら!

私たちの体を若々しく健康的に維持するのに必要不可欠な成長ホルモン。
年齢と共に減少していきますが、成長ホルモン療法によって補うことは可能です!
いつまでも若さを保つことができる究極のアンチエイジング方法、ぜひ検討してみてください。