美容院に頼る前にトライして♪「枝毛」を改善する5つの方法

髪の毛は女性の命!やはり髪の毛が綺麗だと気分も上がりますよね。反対に、髪の毛が傷んでいると気分も下がりがち……。
中でも枝毛は、髪の毛の傷みを象徴するものですよね。パサパサの髪の毛じゃ、どんなに可愛い服とメイクでも台無し!
そこで今回は枝毛を防止&改善する方法を紹介します♪

枝毛を防止するヘアケア①シャンプーを泡立てながら洗う

髪の毛のキューティクルは、刺激に弱いんです。
そのため髪の毛を洗うときに刺激を必要以上に与えてしまうと、枝毛ができやすくなってしまいます。

シャンプーをするときは、シャンプーをしっかり泡立ててから、摩擦を軽減して洗うようにしましょう。

シャンプーをつける前には髪の毛をしっかり濡らしたり、スタイリング剤がついているときはぬるま湯でまずは汚れを落とすようにすると、シャンプーが泡立ちやすいですよ♪

枝毛を防止するヘアケア②髪の毛とドライヤーは20cm以上離す

髪の毛の洗い方と同じくらい、ドライヤーの仕方もとても大切なんです!

ドライヤーの熱風は、髪の毛にダイレクトに当たるとダメージになってしまいます。

そこでドライヤーと髪の毛は20cm以上離し、一点をずっと乾かすのではなく、左右に振りながら均等に乾かすようにしましょう。

枝毛を防止するヘアケア③お風呂からあがったらなるべくすぐに乾かす

髪の毛を洗った後にそのまま放置する方、もしくは半乾きのまま寝てしまう方もいるかもしれませんが、これはNG!

濡れたまま枕に横たわると、カビや雑菌繁殖の元になってしまう可能性があります。

濡れた髪の毛は枕に擦れてしまうと、ますます枝毛の原因に……。
お風呂からあがったらすぐに乾かすようにしましょう♪

枝毛を防止するヘアケア④髪専用のハサミでカット

枝毛を見つけたら、ついつい指で引っ張ったりしてしまいそうですが……余計にダメージを与えてしまうことになるのでNGです。

枝毛を発見したら、髪の毛専用のハサミで3cmほどカットするのが◎

枝毛を防止するヘアケア⑤パーマやカラーは期間をあけるようにする

パーマやカラーは想像以上に髪の毛を傷める原因になります。
そのため期間をあけることが大切です。

具体的にどのくらいの期間をあけたらいいかは、美容師さんに聞くのが1番良いですよ♪

カラーやパーマの際にはトリートメントをしてもらうのがおすすめです。
いかがでしたか?
枝毛を防ぐコツは、なるべく摩擦を与えないことが最優先です!
たまにはしっかりトリートメントでダメージケアを行うことによって、つやつやの髪の毛をキープしましょう♪

美容師さんに聞きました!
天パ&うねりを時短でまっすぐにする方法

枝毛 防止 ヘアケア ダメージケア ケア ヘア

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

Misaki

>もっとみる