なかなか告白してくれない!そんな彼の告白を後押しする言動とは?

LOVE

気になる彼といい感じ。
だけど告白はなかなかしてきてくれないという人のために!
彼が告白を決断するような最後の押しの一言を紹介していきます。

彼の告白を後押しする言動① 彼氏が欲しいことを伝える

周りに付き合いだしたカップルや幸せそうにしているカップルを見たとき、自然な流れで、自分も彼氏が欲しいことをアピールしちゃいましょう。

周りの影響に左右され、彼も恋人を作りたいと思うはずです。

いい感じの相手に言われたら、「俺と付き合いたいと思ってるのかな?」と感じて、告白に踏み込もうと思う人も多くいるはずですよ♪

彼の告白を後押しする言動②「恋人同士に見られてるかな?」

一緒にどこかへ遊びに行ったときなど、遊びに来ているカップルを見ながら「あたしたちも恋人に見えてるのかな?」と言ってみましょう。

そのとき、そうであってほしいと感じていることをアピールするように、嬉しそうに言うことがポイント!

「恋人同士に見えてほしい=付き合いたいと思っている」と感じるので、彼の告白を後押しできるはずです。

彼の告白を後押しする言動③「○○くんだけに話すんだよ」

彼のことを特別だと感じさせるフレーズを言うことで、告白を後押しできちゃいます。

自分が悩んでいることや相談したいことなど、他の人には話さないようなことを打ち明けてみましょう。

その時、「○○君だから話せる」などと、彼のことが特別だということをアピールしましょう。
彼との距離が縮まって、あなたからの好意も伝わるはずですよ。

彼の告白を後押しする言動④ 甘えすぎない

彼に心を許していることをアピールするために、甘えすぎてしまうのはNG。
いい感じの人でも恋人とは違う態度をとることは大切です。

甘えすぎてしまうと男性は今の状況に満足してしまい、告白しようという気が起きなくなってしまいます。

なかなか甘えてくれないあなたを見て現状に満足できなっていき、「自分の彼女にしたい!」と感じるようになっていくようですよ♪

女性は自分から告白するより、男性のほうから告白してほしいと思う人が多いですよね。
なかなか告白してくれないじれったい彼に、今紹介した後押しする言動を試してみてはいかがですか?