本物のシンデレラストーリー!グレース・ケリーから上品さを学ぼう♡

LIFESTYLE

2016年9月26日(月)まで開催中の「グレース・ケリー展〜モナコ公妃が魅せる永遠のエレガンス〜」。
松屋銀座で開催しているということもあり、既に訪れた方もいらっしゃると思います♡

家族の反対を押し切ってバイトをしながら演技を学び、女優デビュー!そして人気絶頂の中、モナコ大公のレーニエ3世と結婚し、モナコ王妃になります。
本物のシンデレラストーリーを経験したグレース・ケリーから上品さと色っぽさをお勉強しましょう♪

女優グレース・ケリーに学ぶ上品さ① 美しい人は趣味まで美しい♡

引用:www.gracekelly-exhibition.com

グレース・ケリーの趣味は「押し花」。
結婚当初はモナコの公用語であるフランス語が分からなく、孤独な日々を送ります。
そこでバラ園を造り、心から花を愛するようになり、次第にフランス語だけではなくドイツ語も身につけていきます♡

花に囲まれた生活をしている女性は、どこか気品があって美しいですよね。
お花屋さんに売られているお花は決して安い訳ではありませんが……生活に潤いをもたらしてくれるので、2週間に1度など、花を取り入れる生活を始めてみましょう。

花のある生活を始めると、季節の花に詳しくなったり、四季の美しさに触れることができますよ♪

女優グレース・ケリーに学ぶ上品さ② ファッションは「エレガンス」を意識

引用:www.facebook.com

現在でもファッション雑誌VOGUE(ヴォーグ)に、定期的に写真が登場するグレース・ケリー。
ファッションは常にエレガントで、Dior(ディオール)のアイテムが大好きだったのだそう♡

レースや白を取り入れたファッションが多く、トップスはデコルテが綺麗に出るセクシーなもの、スカートはふんわりと広がるフェミンなものを合わせているスタイルが目立ちます!

この絶妙なバランスのファッションが上品さを引き立てるポイントです♪

女優グレース・ケリーに学ぶ上品さ③ 文化を大切にする♡

引用:www.facebook.com

グレース・ケリーは「日本には歴史ある文化があるのですから、体で独自の文化を理解するようにしなさい。」と、アドバイスしています。
アメリカからモナコへ嫁いだからこそ、文化に関する想い入れが強く、数々の名言を残しているんです♡

他にも「優しさ、礼儀、美、敬愛といった美徳を、日本が失わずにいることを世界中が切望しています。」「ただ月を眺めるだけのために竹で縁側を作るとは、なんて素敵なセンスでしょう。」と、語っています。

海外の女性に憧れた時、その国の文化や流行ったファッションに着目しがちですが……まずは私たち“日本人”ということを大切にすることも、美しさの秘訣に繋がりそうですね♪

女優グレース・ケリーに学ぶ上品さ④「人生は、決して振り向いてはいけない。」

引用:www.facebook.com

グレース・ケリーは、「人生というものは、決して振り向いてはいけないものなんだと思います。」と強く語っています。
後悔を振り返るよりも、突き進む道を選んできた彼女らしい言葉です♡
この強さとひたむきさが、芯からの美しさを作っているよう。

また「大切なのは悔やまず前に進むこと。痛みのない人生は価値のないものです。」と語っています。

グレース・ケリーは振り返ることや傷つくことを否定しているのではなく、“受け止めても落ち込みすぎない”ということが大切だと教えてくれています♪

大女優のグレース・ケリーに学ぶ上品さをご紹介しました。
苦難を乗り越え、多くのことを学んできた彼女の言葉が胸に刺さりますね♡
彼女に関する本や映画をぜひ手にとって、真の美しさに触れてみてください!

オードリー・ヘプバーンに学ぶ♡”コンプレックス”との向き合い方