ぽってり唇が羨ましい♡唇が小さい人のメイク方法と注意点をチェック

「顔のバランスに比べて唇が小さい」と悩んでいる女性はいませんか?
周りからは可愛いといわれても、本人からすればコンプレックスに感じてしまうこともありますよね。
そこで今回は、唇が小さい人向けのメイク方法をご紹介します。

小さい唇はメイクでカバーできる?

「顔のバランスに比べて、極端に小さい唇はどうすればいいんだろう」と悩んでいる女性が多くいます。

周りからすれば、お人形さんのようで可愛い、小さくて上品さがあるなど、小さい唇でも魅力を感じますが、やはり本人からすれば、ぷっくりしたボリュームのある唇に憧れてしまいますよね。

小さい唇だと、頬が大きく見えたり、リップメイクをしても唇の色が物足りなかったり……意外と悩みがいっぱい。

でも、メイク次第で小さい唇をカバーすることはいくらでもできます。
今回は、小さい唇で悩む女性のために、唇重視のメイク方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

唇が小さい人向けのメイク方法

それでは早速、小さい唇を重視したメイク方法を見ていきましょう!

①定番のオーバーラインやオーバーリップで、唇にぽってり感を出します。
コンシーラーやファンデーションなどで唇の輪郭を消したら、リップライナーで本来の唇の輪郭よりも、少し大きく描きましょう。
あとは、その中を埋めるようにリップを塗るだけです。

②唇の中央にグロスをのせて、ぽってり感を演出します。
オーバーライン・オーバーリップで土台を作ったら、仕上げにグロスをのせて、よりぽってり感を演出していきましょう。
ポイントは、唇の中央に多めにのせ、口角へ向かうほど薄くしていくことです。
自然な立体感が生まれますよ!

③チークはピンクよりもオレンジ系をチョイスします。
ピンク系のチークは、血色感を与え、頬をふっくら見せてくれますが、それだと唇の存在感がなくなってしまいますよね。
オレンジ系ならヘルシーで健康的な印象を作り、唇の存在感を消す心配もありません。

メイクしなくてもOK!小さい唇も上手に活かそう♡

メイクでカバーすることができる小さい唇は、今まで悩んでいた方も、すぐに試すことができます。
ちょっとしたテクニックで、唇の印象をガラリと変えられるのは嬉しいですよね♡

また、小さい唇だからこそできるテクニックもあるんですよ!
それは、たくさんのラメを贅沢にのせることです。

唇が大きいと、ラメの光によって主張しすぎるどころか、下品な印象になってしまいがち。
しかし、唇の小さい方がラメを取り入れると、さり気なく強調され、上品で華やかな印象を演出することができます。

このように小さい唇でも上手に付き合っていくことで、他にはない凝ったリップメイクを楽しめます。
コンプレックスに思わず、自分にしかできないリップメイクをどんどん試していきましょう♪

小さい唇を重視したメイク方法での注意点

最後に、小さい唇を重視したメイク方法で注意したい点をご紹介いたします。

・オーバーラインになりすぎないこと
魅力的な唇にするため、先程もオーバーラインのメイク方法をご紹介させていただきましたが、度がすぎると不自然な仕上がりになります。
自分では大丈夫だと思っていても、周りからすると目立っていることもあるので、気を付けてください。

・派手な色や発色のいい色は避ける
派手な色の方が、小さい唇をカバーできそうに思ってしまいがちですが、かえって小さい唇が目立ってしまうので、避けた方が良さそうです。
程よい血色感を演出してくれる色や、ラメ入りグロスでぽってり感を意識してみましょう。
唇が小さいと悩んでいる女性のための、唇重視のメイク方法をご紹介させていただきました。
いつものメイクにちょい足しをするだけで、簡単に小さい唇をカバーすることができます。
また、小さい唇だからこそできるテクニックでもあるので、ぜひチャレンジしてみてください♪

【関連記事】顔の印象はリップだけでパッと変わる♡なりたいイメージ別リップ4色

4MEEE magazine Vol.1 p.90〜「アラサーメイクこれが正解!」女性にとって、自分を輝かせるた...

小さい メイク

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小湊 瑠衣

beautiful daysをあなたに♡

>もっとみる