簡単イメチェン♪チークの位置で印象が変わる!チークの付け方4パターン

BEAUTY

あなたはチークを普段ほっぺのどこの位置に塗っていますか?チークをする位置よって印象がガラっと変わります!!
意外と重要なチークの仕方をご紹介します♥!

①基本のチークの入れ方

最初にご紹介するのはベーシックなチークの入れ方!
チークの基本的な役割は顔を明るくしたり小顔に見せたりすること♪

チークを入れる位置は簡単に言うと、「ニコッと笑ったときにあがる頬骨より少し下、黒目の真ん中よりも外側」に入れることが基本です。この位置を間違うと大変なことになります!

つけ方は、耳側から顔の中心に向かって斜めに軽くブラシを動かします。
2-3回が自然な仕上がりになります。つけすぎると大失敗です。

②小顔効果が期待できるチークの入れ方

キュートに、小動物のような印象にするには、顔の中心に視線がいくように仕上げます。

頬骨の一番高い場所を中心に、ブラシを丸く動かします。
この時気を付けるポイントは、幅を狭くすること。
チークの位置が低いと老けた印象になってしまいます!低い位置はタブー。気を付けましょう。

頬骨の高い位置にチークをのせることで、スッキリとした印象にみせることができます。
ちなみに小顔効果を希望する子は、オレンジ系よりもピンク系のチークがおすすめです。

③知的でクールな印象になるチークの入れ方

知的でクールな雰囲気を演出したいときは、頬の高い位置よりも下の方に入れると大人っぽい印象に。

こめかみから頬骨の下の方向に向かってブラシを滑らすように動かします。
おすすめの色はブラウンやオレンジなどの落ち着いた色がおすすめです。

ブラウンカラーは顔をほっそりとした印象に見せてくれる効果があります。チークを塗る際はどんな場合も色をつけすぎてはいけません。少しづつ付けましょうね。

④清楚なイメージになるチークの入れ方

年上の方と、上司の方と、最初のデートなど女性らしいイメージを作りたい時は、「ふんわり感」を目標にチークを入れることが大切です。

頬骨の一番高い位置に、ふんわりとぼかすようにチークをのせます。頬の外側に横に入れる感じです。ただし、ぼかしの範囲を大きく作りすぎると顔が全体的に色味を帯びてしまいます。自分の顔の大きさに合わせてうまくぼかしを入れてくださいね。

おすすめのチークカラーはオレンジに近いピンクがベスト!
健康的で元気な印象を与えたいときは、オレンジ系のチークを頬骨より内側から頬全体に広げていきましょう♪

どんな人でもチークで簡単に印象が変わります。様々なシーンやイベントに合わせてチークを変えれば気分もルンルン♪
この記事で紹介した以外にも、自分で試してみると新しい自分に似合うチーク方法が見つかるかも!?♥