つけま・マツエク時代終わり!?ほどよく色っぽいまつげを作るテク♪

BEAUTY

ドーリーで可愛いつけまやマツエクは長さ・ボリュームが出て魅力的!でも、その時代ももう終わりかけ。
“ナチュラル”思考の現代に必要なメイクは、まつげで言えばマスカラテクニック♪
秋の新作には、長さとボリュームにプラスして、色っぽさもあるマスカラにバージョンアップしています♡

色っぽい目元をつくるテク①マスカラは、ボリュームよりセパレートタイプを選ぶ

マスカラのタイプ別で見ると、ボリュームとセパレートがよくあります!
色っぽさを演出するには、セパレートタイプを選ぶのが最適。

ボリュームで強調しすぎるのはNG!
ダマになりやすいのも特徴で、毛の質感は全くゼロ♪
重ね付けすると、まるでつけまのような、人工的なまつ毛になってしまいます。

一方、セパレートタイプはコーム状のブラシだから、1本1本にマスカラが付着。
そして、ロングにしてくれるから、ナチュラルなのにまつ毛が長くなるメリットがあります♡
きれいにブラッシングされた“髪”のような繊細な毛流れ感。
そして隙間感をつくってみてください!

マスカラの選び方ひとつにしても、色っぽまつげをつくりあげるためのテクですよ。

色っぽい目元をつくるテク②まつ毛の黄金バランスをマスターせよ!

今度は、どんなマスカラにも言えるテクをご紹介!
塗り方に注目していきましょう〜。

今時のマスカラテクには、縦2:横3の黄金バランスがポイント☆
ちょっぴり外側の、目尻に向かって流すのが目を大きく見せるポイントです。
イメージとしては、ライン風に目尻へ丁寧に流すように。

また、より大きく見せるときには、目尻先を下向きに流して“影”をつくってあげると上級者です!
あくまでも、ふさふさなまつ毛を意識して自然体に仕上げることが、色っぽい目元になるポイント♡

色っぽい目元をつくるテク③ビューラーはナチュラルに

よくやりがちな“カクンまつ毛”!
ビューラーで根元を一気にあげて上向きにする方法です。
これは、前から見たらロングに見えるけど、横から見たら無理矢理長く見せていたのがバレバレです。

色っぽい目元をつくるビューラーテクは、根元から程よい力加減で、3・4回のステップに分け、緩やかなカーブをつくっていくのがポイント♪
ビューラーで上がり切らなくても、マスカラを塗ることによって最終的に程よいカーブをつくってくれます♡
「急がば回れ」の精神で、細かいステップを心がけてくださいね☆

テクだけじゃない!マスカラだって進化してる!今はツヤありマスカラが流行り♪

引用:www.dior.com

最近のマスカラは進化し続けているから、毎回ぬるのが楽しみになりますよ♡

肌にツヤを与えるように、マスカラもその演出が可能になってきているんです♪
濡れたような輝きや光を投入して、目元に落ちる影に、洗練された色気を出してくれそう。
ラメではないから、上品な質感で女性の綺麗と言われる要素を、引き出してくれます。
繊細なタッチでナチュラル仕上げにしていきましょう〜!

おすすめなマスカラはこちら。
Dior(ディオール)[マスカラ ディオールショウ デザイナー 090]です。

マスカラ ディオールショウ デザイナー

¥4,536

販売サイトをチェック

マスカラは種類やテクニックによって仕上がりが変わるのが特徴。
いまどきに合うマスカラは、ちょっぴり奮発して良いものを使ってみませんか?♡
誰にも負けない、色っぽいまつげをつくっちゃいましょう♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。