これで失敗知らず♪お買い物上手になる4つのコツ

FASHION

セール中や好みのデザインを見つけたとき、ついつい衝動買いしてしまう洋服。
買ったときは満足なのに、
「あれ?何でこれ買ったんだっけ?」
「数年前に買って、結局1回も着てない」
という残念な経験がある方はいませんか? 

洋服の買い物が失敗しない4つのコツをお教えします!

買い物上手になるコツ①「手持ちの洋服を事前に把握しておくこと」

ルンルン気分で買った洋服♪ 

でも、家に帰ってクローゼットの中を見てみると、
「あれ?買った洋服と似てる!」
なんて経験したことある方はいませんか? 

洋服をたくさん持っている人ほど、クローゼットの中の洋服が把握できておらず、このような失敗をしてしまいがちです。

そうならないためにも、買い物に行く前にクローゼットの中を見て、自分はどんな洋服を持っているのか、今一度確認をしておきましょう。

買い物上手になるコツ②「試着をする」

洋服を買うとき、面倒くさがって試着をせずに買うのは失敗のモト。
洋服は、見たときの印象と、実際着たときの印象は結構大きく変わるからです。

「細身の洋服だと思ったら意外とブカブカだった」
「スカートのチャックが締まらない......」
「思ったより自分に似合わなかった」
など、サイズや着心地は実際に着ないと分からないことだらけ。

いくら面倒くさくても、試着は買い物上手になるには必須行動です。

「時間がなくて試着ができない」
なんて事態にならないように、買い物には十分な時間をとって行きましょうね。

買い物上手になるコツ③「事前に欲しいものリストをつけておく」

洋服の買い物が失敗してしまうのは、衝動買いがひとつの原因として挙げられます。

時には直感で買い物をするのも良いですが、「なんでこれ買ってしまったんだろう?」と後悔するケースも多々......

買い物は、計画的にいきましょう! 

事前にファッション雑誌やサイトを見て、欲しい洋服に目星をつけておくのです。
そして雑誌には付箋をつけたり、サイトはブックマークしたりすれば、見返すのもスムーズにいきますよ。

買い物上手になるコツ④「友達や店員さんに相談しながら買う」

購入した洋服が、自分に似合っているかどうかを最終的に判断するのは、他人です。
つまり、客観的な目で洋服を購入した方が失敗が少ないということ。

自分が「欲しい!」と思った洋服は、買う前に友達や店員さんに相談をしてみましょう。
そして、もらった客観的意見を購入の最終判断材料にするのが得策です。

友達と一緒にいるとショッピングに集中できないという方は、まず一人で回り欲しいものをリスト化しておき、後から友達を連れていくのが良いでしょう。

二度手間になりますが、これくらいする価値はアリ! 
きっと自分では気付けなかったような客観的意見をもらえて、コーデの参考になるはずです。

一部の女性にとって洋服は、買っても買っても足りない! と依存性のあるものです。
でも、なんでもかんでも買っていては失敗はつきもの。
ずーっと着られるくらいお気に入りの洋服が見つかるよう、上記4つのコツを実践して買い物上手さんになりましょう♪