ドライヤーの使い方がポイント!髪を早く乾かせる時短美髪ケア♡

BEAUTY

髪を洗ったあとはきちんとドライヤーを使って乾かしていますか? 
めんどくさいから自然乾燥......は髪を傷める原因になるので絶対にNGです! 
といっても、ドライヤーのあてすぎも髪を傷める原因になるし、
多忙な女性にとってはドライヤーをあてる時間すら惜しいなんてこともありますよね。
そこで、ドライヤーの時間を短縮するとっておきの4つの方法をお教えします! 

髪を早く乾かせる美髪ケア① 基本中の基本!「タオルドライ」

基本中の基本ですが、濡れた髪はしっかりタオルドライしていますか? 

髪の表面や、毛先だけのタオルドライでは不十分です。
根元の水分を拭わないと毛先に水が滴り、結局髪は濡れたままになるからです。

タオルドライは、髪をタオルの内側でぽんぽんっとはさんで、水分を拭っていきましょう。
このとき、ゴシゴシと髪をこするのは絶対にダメ! 
濡れている髪はキューティクルがはがれやすく、傷みやすいからです。

タオルで拭ったあとは、キッチンペーパーやティッシュで髪の水分をとれば完璧です。

ドライヤー前の下準備としてタオルドライをきちんとしておけば、時間をかなり短縮できます。

髪を早く乾かせる美髪ケア② タオルドライすらめんどくさいひとは「吸水ヘアターバン」

引用:item.rakuten.co.jp

タオルドライすらめんどくさい......という方は、吸水ヘアターバンを。

お風呂上がりに髪に巻くだけで、吸水性抜群のターバンが水分を吸収してくれるので、ドライヤーの時間を大幅に短縮することができるという優れもの! 

巻きながらボディケアやスキンケアができるというのも嬉しいですよね♪ 

100均、プラザやロフトで1000~2000円ほどで販売されていて、洗濯すれば何回でも使えるので、1個持っていればかなり重宝するはずです。

髪を早く乾かせる美髪ケア③ テレビでも紹介された「タオルかけドライヤー」

こちらはテレビでも多く紹介されている方法で、その名も「タオルかけドライヤー」! 
濡れている髪にタオルをかぶせて、その上からドライヤーをあてるという超簡単な方法なのですが、効果は絶大です。

タオルの中がサウナのようなホカホカ状態になり、髪の水分がタオルに吸い込まれていくのです。
そして、タオル自体はドライヤーの熱があたっているので、水分をいくら吸っても乾いたままの状態をキープできるというワケ。

テレビの実験結果によると、なんと髪を乾かす時間が半分くらいに短縮したのだそう。

さらに、髪に直接ドライヤーの熱があたらないので、髪へのダメージも軽減されるという一石二鳥の方法なのです! 

髪を早く乾かせる美髪ケア④ 髪の傷みを軽減!「根元から乾かすこと」

髪を早く乾かすためには、根元からドライヤーの熱をあてることが重要です。

毛先から乾かしても、根元に溜まっていた水分が流れてきて結局乾かないからです。

良い乾かし方は、根元を手で持ち上げて髪の内側からドライヤーの熱をあてること。
すると、乾くスピードが上がるうえ、髪に自然にボリュームが出るのでふんわり感を演出できます。

プラスワザとして、最後に冷風で仕上げるのがおすすめ。
髪にツヤが出て、ふんわり感をキープできます♪ 




髪を乾かすのってめんどくさいし、これから気温が上がる季節は熱いしでドライヤーが億劫になりますよね。
でも、美髪を育むために髪を乾かすことはマストです!  
以上の4つの方法、ぜひ今日から実践してみてくださいね。