「明日やろうはバカ野郎」タスクを先延ばしにしない4つの方法

LIFESTYLE

タスクを先延ばししようとする心は、誰にでもあります。
先延ばししたあとに残るのは、そのタスクと「なんでもっと早くやらなかったんだろう」という後悔。
今回はそうならないための方法についてご紹介します!

タスクを先延ばししない方法①やらない理由を知る

まずはやらない理由について自問自答してみましょう。
なぜやらないのか、もしくはやれないのか…。

もしも「めんどくさいから」とか「やり遂げることができるか心配だから」など、どんな理由を持ってそのタスクをやらないのか分かると、自分がどう動けばいいのか分かります。

たとえどんな理由だったとしても、できるだけ早めにやり始めることをおすすめします♪
やらなくても後悔するわけですから、とりあえず早めに取り掛かるべきです。

タスクを先延ばししない方法②できる理由を考える

やらない理由ではなく、できる理由を考えてみるのも、ひとつの手かもしれません。
自分を奮い立たせるためには最高の方法だと思いますよ!

すべてにおいて、「できる!」という理由を見つける必要はありません。(本当はそのほうがいいのですが…)
取り掛かりやすい物事・タスクからできる理由を見つけてみましょう。
そうすることで、すぐにそれに対して取り掛かる準備が出来ると思います◎

それを繰り返すうちに全ての物事を先延ばしにしない癖ができるといいですね♪

タスクを先延ばししない方法③トラブルを予測する

タスクや物事を推し進めている途中に、何らかのトラブルが起きそうで手がつけられなくなってる人、いませんか?
起こりうるトラブルについて、いろんな予測を立てることをおすすめします。

人は予想してなかったことに、驚き、過敏に反応します。
しかし、余録で来ていたことに関しては、さほど驚かないのです。
余裕すら感じるほどです☆

トラブルや困難を恐れているのなら、思いつく限りの予測を準備しておきましょう◎

タスクを先延ばししない方法④大掛かりのものはコツコツと!

物事やタスクにも、小さい大きいは必ずあります。
小さいものは先延ばしにしないんだけど、大掛かりのものはついつい先延ばしにしちゃうんだよね…という人は特に必読!

大きいものは、やりたくない・めんどくさいという気持ちになりやすいもの。
放っておくと、自然と先延ばしにされやすいものでもあります。

そうならないためには、分割して考えることをおすすめします。
大きいタスクをいくつかに分割して、計画的にひとつずつタスクをこなしていくようにしましょう♪
分割してみてもやりたくない衝動に駆られたら、更に分割しても構いません◎

タスク先延ばしにしてしまうことはどうしてもあります。
でも少しずつ片付けていけば、必ず最後には完了しているんです。
一度にいっぱい片付けなくても、少しずつやってみませんか?