SNSはもう一人の自分。SNS投稿するときに気を付けたい4つのこと

LIFESTYLE

ほとんどの人が毎日チェックしてるSNS。
今やSNSの種類はどんどん増え、SNS中毒の人も少なくありません。
多くの人が見ているSNSに投稿するとき、気を付けなくてはいけないこともたくさんあるのを忘れていませんか?

SNS投稿するときに気を付けたいこと①SNSはもう一人の自分である

SNSの中では、自分を認めてもらうことが現実世界よりも簡単で、それを確認することも簡単ですよね。
自分の投稿がお気に入りされたり、「いいね!」されたりすれば誰でも嬉しいはずです。

これが原因となって、SNS中毒になりやすいのも事実。
しかし、投稿内容は自分が思っているよりも多くの人がきちんと見ています。
SNSアカウントが、もう一人の自分だということを忘れないでください。
直接会う時のあなたと何ら変わりのない姿を、SNSで投稿することが重要!

SNS用に違う自分を演じる必要はどこにもないし、誰も求めていません。
いつかSNS上で自分が作り上げたキャラクターに苦しむくらいなら、最初から素の自分を投稿しましょう。

SNS投稿するときに気を付けたいこと②直接会って話す内容は投稿しない

SNS内で会話がスタートすることも多いですよね。
SNSは手軽に意見することができるというメリットがある分、誹謗中傷などにあいやすい環境であるというデメリットも、利用者は理解して気を付ける必要があります。

たしかにネガティブ発言をしたくなる時もあります。
誰にも言えない不満のはけ口はSNSだって人もいるのではないでしょうか。
しかし、そこに実名や詳細を書き込んだりしていませんか?

『面と向って言えないことは書き込まない』
SNS利用者にとってこれは守るべき最低限のマナーです!

SNS投稿するときに気を付けたいこと③喜ばせる投稿を増やす

SNSは決してネガティブなものではありません。
良い面も盛りだくさんですよね♡
誰かの投稿に勇気をもらったり、なかなか会えない友達の吉報が入ったり…。

投稿する前に、もう一つ確認してほしいことがあります。
『その投稿は誰かを喜ばせることができるかな。』
多くの人を喜ばす必要はありません。
少数でも、誰かの有益な情報になっていればいいと思うんです。

SNS投稿するときに気を付けたいこと④SNSを不安要因にしない

SNS世代の私たちからSNSを取り上げることはもはや不可能です。
中毒性が高いことや、誹謗中傷などのデメリットはありますが、その分便利になったことも格段に多いはずです。

SNSは生活に密着しています。
密着しているからこそ、精神的に影響を及ぼしやすいということも忘れてはいけません。
SNS投稿したり、コメントをするのが義務的に感じはじめ、窮屈に思われ始めたら、勇気をもって画面を閉じましょう。
もっと自由な、開放感をもって生活するべきです。

いかがでしたか?
何気なく投稿した内容を、友達がバッチリ見ていて驚くことが多々あります。
それだけSNSの投稿は、みんなちゃんと見ているんです。
そんなSNSだからこそマナーを守って楽しく使いましょう◎