80年代が再ブーム♪海外で話題の「ドレーピングメイク」で小顔へ

BEAUTY

キム・カーダシアンさんが火付け役のコントゥアリングメイクやベーキングメイクが、日本でも流行りましたよね。
次に来るメイクは「ドレーピングメイク」だそうですよ♪

あのケイト・モスさんなどセレブも注目!ドレーピングメイクの方法とは?

海外セレブのケイト・モスさんもドレーピングメイクを普段からしているとのこと♡
海外セレブに興味のある人は、いちはやくチェックしておきましょう!

ドレーピングメイクは、1970〜80年代に大人気だったメイクアップアーティストのウェイ・バンディさんが考案したメイク方法が基礎になっています。
顔全体の自然な影を際立たせるために、色を強調したメイクです。

Marc Jacobs Beauty(マークジェイコブスビューティー)が現在このドレーピングメイクに注目しており、大々的にPRしています♡

意外に簡単♡ドレーピングメイクの方法

では早速、ドレーピングメイクの方法を学んでいきましょう。
ここでは、自然な仕上がりを目指したメイク方法をチェック♡

まずは濃い色のチークをブラシに取り、頬骨の下にあるくぼみから耳の下にかけてなぞっていきます。
その後、直線的にブラシを動かしながら頬骨の上のあたりまで色を付けていきます。

次に明るい色のチークをブラシに取り、頬骨の高い位置からこめかみにかけてササッと塗っていきます。
下の濃い色のチークと馴染ませるように強弱を作っていって!

頬の1番高い位置にはハイライトのみを残して高さを出していきます。

メイク方法は簡単!ドレーピングメイクの驚くべき効果♪

以前流行したコントゥアリングメイクやベーキングメイクは、わりと重厚感がありハードな印象もありました。

それに対しドレーピングメイクは、ソフトかつシャープなラインを作ることのできる方法です!
厚塗りをせず自然な立体感が欲しいという人におすすめ♡
日本人にも取り入れやすいメイクですね。

ファンデーションなどのベースメイクをそこまでいじらずにチークだけで立体感が出るので不思議!ぜひ試してみてください♪

メイク方法は簡単♪ドレーピングメイクはチークは塗りすぎ注意!

ドレーピングメイクの再ブームを巻き起こしたMarc Jacobs Beauty(マークジェイコブスビューティー)から出ているチークは、色の濃淡がはっきりしていておすすめ♡

ぜひ試してほしいドレーピングメイクですが、濃い色のチークを上から薄い色のチークでぼかしていくときに、濃い色のチークがあまりにもたくさん残っていると不自然な仕上がりに!

薄い色のチークをきちんと重ねて、自然な立体感を作りましょうね♪

ドレーピングメイクの方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?
ドレーピングメイクは海外セレブや、海外のおしゃれ女子たちの間で人気のメイク方法です。
ぜひいち早くあなたも取り入れて、周りと差をつけちゃいましょう!