美容整形で治療できるの?憎きほうれい線の原因とその改善法

「ほうれい線」は実年齢よりも老けて見られてしまうので、何とかしたいと思う女性は多いはず。
でも、一度できたほうれい線は、どうやって改善すれば良いのでしょうか?
そこで今回、ほうれい線で本気で悩む女性のために、ほうれい線の改善方法についてご紹介します♡

目次

ほうれい線とは?

皆さんは、ほうれい線をご存知ですか?
ほうれい線とは、小鼻の両脇から口角に沿って伸びている2本の筋のことです。
「鼻唇溝」とも呼ばれています。

ほうれい線は、30歳以降にできるものだと思われがちですが、20代でもほうれい線があらわれる人もいるようです。

ほうれい線はシワのような見た目ですが、シワとは異なります。
ほうれい線の正体は、肌のたるみによるものなのです。

顔の高い位置にある頬の厚い脂肪を支えている皮膚や皮下組織がたるむことで、顔全体の位置が下がり、ほうれい線が目立つようになります。
ほうれい線が深く刻まれるほど、実年齢よりも年齢が高く見えてしまうため、女性にとってほうれい線は天敵です。

また、厄介なことにほうれい線は一度できてしまうと、なかなかなくなりません……。

ほうれい線の主な原因は、加齢によるものです。
そのため、マッサージなどのセルフケアで完全に阻止することは難しいのです。

ほうれい線ができる原因①骨格

ほうれい線ができる原因の一つが骨格よるものです。
元々の骨格によるものや骨格の歪みによって、ほうれい線が出やすくなります。

元々上あごの骨が飛び出ている人は、頬下との差でほうれい線のくぼみが出やすくなります。
また、前歯が出ている人や口元全体が前に出ている人も、頬骨の位置が高くなるため、ほうれい線が出やすくなります。

加齢や生活習慣の癖が原因で、顔面の骨格は変化をしていきます。
顔の骨格に歪みが生じると、左右の口角の高さに違いがあらわれることで、ほうれい線を招きます。

パソコンやスマホをよく使う人は、前かがみの姿勢を続けることで骨格に歪みを招きます。
頬杖をつく癖や噛み癖も、骨格に歪みが生じる原因につながります。

骨格を歪めないために、普段何気なくしている癖を正すように意識しましょう♪

ほうれい線ができる原因②筋肉の衰え

ほうれい線ができる原因の一つが、筋肉の衰えです。
でも、どうして筋肉の衰えがほうれい線と関係があるのでしょうか?

顔には30以上もの小さな表情筋があります。
表情筋は常に重力の影響を受けているため、重力によって年齢とともに筋肉が衰えていきます。
また、顔の筋肉を鍛える運動を怠れば、筋肉は自然に衰えていきます。

ほうれい線とつながりのある筋肉は、目の下から上唇の間にある「大・小頬骨筋」と、「上唇挙筋」といわれる2つの筋肉です。

顔の表面の皮膚は表情筋とくっついているので、筋肉の衰えがたるみとなって表面化することで、ほうれい線へとつながります。

笑ったり泣いたり口元の表情筋を使うことで、ほうれい線は深く刻まれていきます。
また、顎関節や筋肉に緊張状態が続くと、顔の筋肉はコリが溜まります。
筋肉のコリで老廃物が滞り血流が悪くなると、たるみを招く原因につながります。

ほうれい線を改善するためには、肌の表面だけでなく筋肉を鍛えるトレーニングが大切なのです。
表情筋を使ったエクササイズや、器具を使ったトレーニングがおすすめです♡

ほうれい線を改善する整形の種類

マッサージやエクササイズなど、ほうれい線対策には色々ありますが、美容整形で目立たなくすることも可能です。
ほうれい線の整形の種類には、様々な方法があります。

まず、整形の種類を大きく別けると2つに分類されます。
メスを使った施術方法と、メスを使わないプチ整形といわれる治療方法です。

メスを使う施術には、糸を使ったフェイスリフトやたるみを除去するフェイスリフトなどの方法があります。
メスを使わないほうれい線の治療方法には、注入治療やマシンによる照射方法があります。

メスを使った施術は、たるみの強い人や大きな効果を実感したい方におすすめの方法です。
メスを使わない治療方法は、すぐにでも効果を実感したい方や一時的な改善を望む方におすすめの治療方法です。

人によってほうれい線の状態も異なります。
ほうれい線の整形は、全ての人が同じ治療で同じ効果を発揮するものではないので、どんな治療方法が自分に合うのか専門医に相談するのがおすすめです♡

ほうれい線を改善する整形の費用はどのくらい?

ほうれい線の整形に興味はあるけれども、やっぱり気になるのは費用ですよね!

ほうれい線の整形にかかる費用は、自由診療のため保険適用外になります。
ほうれい線の深さや選ぶ治療方法によって、費用は異なってきます。

注入による治療は、半永久的な効果はありませんが、手軽なうえに即効性があるので人気の治療方法です。
病院によって費用に差はありますが、一回の注入につきおよそ数万円前後なので、比較的リーズナブルな価格で施術を受けることができます。

最新のマシンを使った照射による治療は、一度の照射につきおよそ5万円~10万以上するものまで幅広くなっています。
メスを使った大掛かりな施術方法になると、数十万円と費用も高額になります。

同じ施術方法でも、クリニックによっては費用が違ってきます。
使う薬品や器具にこだわりのあるところ、アフターフォローがきちんと整ったところは費用もそれなりに高くなります。

安全性を重視するのか、技術の高さを重視するのか、費用を重視するのか、人によって重視するものが異なるので、幾つかのクリニックへ足を運んで比較してみるのがおすすめです。

初めてほうれい線の施術を受けようと思う人は、初めての人のために初回だけトライ料金を設けているクリニックもあります。
通常価格よりもお得に施術を受けることができるので、そういったものを選ぶのもおすすめです♪

ほうれい線を改善する整形のメリット

ほうれい線の整形をすることで、あらゆるメリットがあります♡
メリットを知れば、ほうれい線の整形にさらに興味を持つはずです。

ほうれい線の整形による最も大きなメリットは、即効性です。
マッサージやスキンケアなど、セルフケアではどうにもならないほうれい線が、施術を受けることで確実に目立たなくなります。
諦めかけていた強いたるみに対しても、美容整形なら自分に合った治療方法が見つかります。

また、治療方法によってはほうれい線を目立たなくするだけでなく、肌に潤いやハリを取り戻す、美肌効果を同時に期待できるものもあります。
さらに、肌に表面化しているほうれい線だけではなく、たるみの予備軍を予防する効果のある治療方法もあります。

ほとんどのほうれい線治療は入院する必要がなく、メスを使うようなハードな施術でなければ、ダウンタイムも最小限に済むものが多いので、他人に知られることなく施術することができる点もメリットです。

ほうれい線が目立なくなることで、若返り効果が期待できるので、自分の自信へとつながりますね。
疲れたように見えていた表情も明るくなり、笑顔に満ちた日々を過ごすことができます♡

ほうれい線を改善する整形のデメリット

ほうれい線の整形には、メリットがある一方でデメリットもあります。
本気で整形を考えている人は、デメリットもあるということを覚えておいてください。

ほうれい線の整形は、半永久的な効果が持続するものではありません。
治療方法によって、数週間から数年間と効果の持続性には差があります。

持続性の短い治療であれば、繰り返し治療を受けることで、それだけ費用もかかってしまいます。
持続性の高い治療になると、何度も繰り返して治療を受ける必要はありませんが、一回の治療費用が高額です。

また、皮下出血やしこりなどの合併症が併発する可能性もあります。
ほうれい線の整形は安全性の高いものが多いですが、整形にはリスクが伴うということを理解しておきましょう。

ハイドロキシアパタイト(レディエッセ)の注入によるほうれい線の治療方法は、長持ちするメリットがある反面、素材が溶かせないというデメリットもあります。
そのため、何も知らずに治療を行って、後で修正したくてもできないということも……。

デメリットをよく理解したうえで、ほうれい線の整形をするかどうか判断してください♡

ほうれいを改善するおすすめ整形クリニック①銀座セオリークリニック

tarumi-clinic.com

ほうれい線をどうにかしたいと強く思う方は、専門のクリニックに通うという方法もあります。
プロの意見を聞いて、少しでも悩みを軽くできたらいいですよね!

ほうれい整形におすすめのクリニックをご紹介します。

まずは、銀座セオリークリニック。
若返りやアンチエイジングの治療をその人の状態に合わせて、治療法を提案してくれる美容外科クリニックです。

また、銀座セオリークリニックで行われているほうれい線の治療法としては、下記があります。

・タイタンXL
・フォトRF(オーロラ)
・アルテミス・シェイプ

気になる方は、クリニックへ相談してみてくださいね♪

ほうれいを改善するおすすめ整形クリニック②品川スキンクリニック

www.shinagawa-skin.com

次におすすめのクリニックは、品川スキンクリニックです。
若返りやアンチエイジングなど、肌の様々なトラブルを最新の医療治療で、肌の悩みをサポートしてくれる美容外科クリニックです。

また、品川スキンクリニックで行われているほうれい線の治療法としては、下記があります。

・NEWマトリックスIR
・ダブロ
・ポラリス
・ボツリヌス・トキシン注入法
・エランセ

無料カウンセリングを行っているので、気になる方は是非一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

ほうれいを改善するおすすめ整形クリニック③湘南美容外科クリニック

次におすすめのクリニックは、湘南美容外科クリニックです。
変化し続ける多様なニーズにこたえるため、患者様の立場になり物事を考えて、高品質な施術をリーズナブル価格で提供する美容外科クリニックです。
北海道エリアから沖縄エリアまで、全国で56院展開しています。

また、湘南美容外科クリニックで行われているほうれい線の治療法としては、下記があります。

・肌再生FGF注入療法
・コンデンスリッチフェイス法
・シルキーリフト
・小顔若返りリフト
・ナチュラルクイックリフト

気になる方は、クリニックへ相談してみることも1つの方法かもしれませんね♪
いかがでしたか?
今からでも、ほうれい線のケアを始めることは決して遅くはありません。
地道なケアをすることで、将来の顔の印象が確実に異なるので諦めないでください♡

美容整形 ほうれい線 改善 骨格 口元

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

cocoa

>もっとみる