ダイエット中に体重が減らなくなったときの注意点!停滞期は焦らずに

BEAUTY

夏までに痩せたい、好きな人のために痩せたいなど、女性にはダイエットを成功させたいというさまざまな目標がありますよね。
しかし、ダイエットを頑張っていても体重が減らなくなることってありませんか?
そのときは気分も落ちてしまいますが、体重が減らないときこそ注意したいことがあるのです!

ダイエット中、体重が減らないときってどうしてる?

体重計とメジャー

女性にとって永遠のテーマともいわれているダイエットは、多くの女性が一度は経験しているはず。
中には、「最初は順調だったのに、突然減らなくなった」という経験をしたことがある女性も多いのではないでしょうか。

体重がなかなか減らないと思ったとき、主な原因は2つあるといわれています。

<体重が減らない原因>
・行っているダイエット方法が間違っている
・一ヶ月の減量が多くて、停滞期になっている

人間には、「ホメオスタシス」という身体を一定の状態に保つ機能があり、ダイエットを始めてから体重が5%以上減ってしまうと、ホメオスタシス機能が働いて今の状態を維持しようとするそう。
これが停滞期の原因になり、個人差があるものの一ヶ月ほど続くといわれているのです。

うまく乗り越えないとリバウンドの原因にもなるので、注意点をチェックしましょう。

ダイエット中の体重が減らないときの注意点①食事の量を一気に減らさない

ご飯を食べる女性

「ダイエットをするぞ」「短期間で痩せるぞ」と意気込んでいる女性の多くが罠にはまるのが“食べないダイエット”です。
当然、食べなければ重さが減り、摂取カロリーも減らすことができるので、最初のうちはすぐに体重の変化を実感することができますよね。

しかしこれは間違ったダイエット方法ですので、食べなければ痩せるという単純な考え方では、体重は落ちなくなりますよ。
そして体重が減らないどころか、食べないことにより自分の身体を「痩せにくく太りやすい身体」に変えてしまっているかもしれません。

もちろん、減らなくなったときに食べる量を無理して減らすのも良くありませんよ。

食べないのではなく、現体重でダイエットするには1日の摂取カロリーをどれくらいにすればいいのかを知り、食事制限をするようにしましょう。

ダイエット中の体重が減らないときの注意点②暴飲暴食に走らない

ソーセージとビール

ダイエット中に体重が減らないと思ったとき、まず気を付けてほしいのが暴飲暴食に走らないことです。

どうしても体重の変化を感じることができないと、「なんで痩せないの?」とイライラしたり、モチベーションが下がったりしてしまいますよね。
このことから、「ダイエットはまた今度でいいや」と諦めてしまうと、ダイエット中に溜まったストレスを解消するために、たくさん食べてしまうことがあります。

もしこのときが、停滞期だった場合、いつも以上に脂肪を溜め込みやすくなっているので、リバウンドどころか前回の体重よりも増えてしまう可能性が!

そしてこのようなダイエットを繰り返していると、痩せにくい体質になってしまうといわれているので、注意が必要なのです。
減らないからやめるのではなく、様子を見ながら今のダイエットを継続していくことが大切になります。

ダイエット中の体重が減らないときの注意点③炭水化物から食べ始めない

サラダを食べる女性

体重が減らないとき、食事の食べ方はどうでしょうか。
食べ方ダイエットがあるほど、ダイエット中の食事の食べ方や食べる順番はダイエッターの間でも基本になっています。

なぜ食べ方が重要になるのかというと、食べる順番に気を付けることで、血糖値の上昇を緩やかにすることができ、摂取したエネルギーが脂肪になりにくいという効果を期待することができるからです。

減量がなかなかうまくいかないと悩んでいる女性の皆さんは、炭水化物から堂々と食べてしまってはいませんか?
白米などの炭水化物は、血糖値を急激に上昇させる原因になるそうなので、食物繊維や発酵食品、タンパク質、そして最後に炭水化物という順番で食べることを意識してみましょう。

この順番に食べることで、最後に食べる炭水化物の量を調節することもできるので、自然としっかり食べながら総摂取カロリーを抑えることが期待できます。

ダイエット中の体重が減らないときの注意点④運動をしすぎている

筋トレをする女性

カロリーを燃焼しようとして、ダイエットをスタートさせたときからやたら運動ばかりしていませんか?
もしくは、体重が減らないことから、よりハードな運動に切り替えている女性もいるのではないでしょうか。

健康的なダイエットを成功させるためには、確かに食事だけでなく運動をすることが欠かせません。
気になるパーツの引き締めにも必要不可欠ですが、運動のやりすぎがかえって体重が増えてしまうのです。
なぜなら、脂肪が落ちても筋肉がついてしまうから。

筋肉は、見た目はスリムですが脂肪よりも重いのです。
「見た目は締まってきたのに、体重が落ちない」という女性であれば、筋トレの量を減らしてみてくださいね!

ダイエット中の体重が減らないときの注意点⑤間違った運動法になっているか見直す

ダイエットに必要な道具と食べ物

間違った運動を取り入れることも、体重が減らない原因になります。
短期間で痩せようとハードな運動をしている女性であれば、もちろん見直しが必要です。

ハードな運動ではなくても、皆さんは身体を休める日を作っていますか?
運動は継続することが大切ですが、身体や筋肉を休める日も作らないと、ストレスが溜まってしまいます。

また、休ませることでダイエット中の停滞期を脱出することにも繋がるそうなので、もう一度今の運動法を見直してみてください。

理想的な運動としていわれているのが、一日おきに休む日を作ること。
有酸素運動や筋トレをした翌日は休憩を入れ、その翌日はいつも通りの有酸素運動と筋トレをするという流れになります。

週に3~4回の運動でいいのであれば、自然と気持ちも楽になってくるのではないでしょうか。

ダイエット中の体重が減らないときの注意点⑥ストレスを溜め込みすぎない

目を閉じる女性

「ダイエットはストレスと戦うもの」「ストレスがあって当然」だと思い込んでいる女性がたくさんいるようですが、ダイエットによるストレスこそが減量を妨げているのです。

ストレスとは、一種の緊張状態のこと。
身体が緊張状態に陥ると、イライラや睡眠不足など、さまざまな影響をもたらすといわれています。

そして体重が減らないだけではなく、女性の大敵である便秘、生理不順、肌荒れなどを引き起こす原因にもなってしまうようです。

「自分ならできる」というようなプラスになるストレスもありますが、「もうやめたい」というストレスではマイナスになるので、溜め込みすぎないようにしましょう。

ストレスを0にすることは難しいですが、週に一度だけ好きなものを食べたり、没頭できる趣味を見つけたりするといいですよ。

ダイエット中の体重が減らないときの注意点⑦少しの体重変化に左右されない

鏡を見る女性

「今日も体重が減らない」「昨日よりも1kg増えてしまった……」などと、少しの体重変化に一喜一憂しないようにしましょう。

ダイエット中であっても、その日の体内の水分量や月経前後であれば減らなくなることもありますし、増えてしまうこともあります。

そのたびに悩んでいては、ストレスが溜まってしまいますよね。
そこから暴飲暴食に繋がってしまうこともあるので、1~2kgくらいの体重変化であれば、気にしないようにしましょう。

毎日体重計にのって記録するのもいいですが、少し増えただけでも気分が下がってしまう女性であれば、体重計に乗らない方がマシかもしれません。

その分、毎日鏡で自分のボディラインをチェックし、どこが引き締まってきたのか、どこがたるんできたのかチェックするといいですよ。

ダイエット中の体重が減らないときの注意点⑧睡眠不足にならない

横向きで寝る女性

ダイエット中に体重が減らなくなれば、その悩みで夜も寝れなくなってしまう女性もいるかと思いますが、減らないときこそ睡眠時間はたっぷり確保しましょう。

睡眠不足が続くと、食欲を抑える「レプチン」というホルモンを減少させます。
その一方で、食欲を刺激する「グレリン」というホルモンの分泌を促してしまうそうなので、ダイエットにも良くないことが分かりますよね。

睡眠には、身体のさまざまな器官を回復させる働きもあるので、十分な睡眠が取れなくなることで代謝機能の低下も招いてしまうそうです。

眠りの深い睡眠が良いといわれているので、できるだけリラックスした状態で眠れるように環境を整えてみましょう!
反対に、スマートフォンやパソコンなどのブルーライトは、脳を覚醒させてしまうので、いつまでも使用し続けることは控えてください。

ダイエット中の体重が減らないときの注意点⑨身体を冷やさない

コップを持つ女性

身体の冷えは、多くの女性が悩まされていることですよね。
実はこの冷えも、体重が減らない原因に繋がり、ダイエット中もマイナスになるそう。

なぜなら、冷えは体内の血行を悪くさせ、脂肪がつきやすい身体にさせてしまうからです。
そして基礎代謝も下がり、脂肪が燃焼されにくくなってしまうそうなので、冷えには注意しましょう。

身体を冷やす主な原因としては、冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎていることや、湯船に浸からずシャワーだけで済ませていること、普段から薄着をしていることなど、さまざまです。

まずは、夏場でも温かいものを飲むように心掛けたり、必ず湯船に浸かって芯から身体を温めたりするようにしましょう。

ダイエット中の体重が減らないときの注意点⑩短期間で痩せようとしない

驚いた顔の女性

ダイエットをするのであれば、短期間で痩せたいと思う女性が多いかと思いますが、短期間で痩せることは一ヶ月に減る体重の量も増えるので、停滞期を招きやすいのです。

そして体重が減らない原因に繋がり、暴飲暴食に繋がってしまう可能性があるので、リバウンドしてしまう可能性も高くなってしまうのだとか。

ですので減らなくなったときは、焦らずにダイエット計画を見直してみるのも一つの方法です。
目標体重を設定しつつも、無理な計画はやめて、1年など長い期間をかけて少しずつ痩せられるような方法を考えてみてくださいね。

ダイエット中に体重が減らなくなったときの注意点をご紹介させていただきました。
体重が減らないと、無理なダイエットにシフトしたり、ダイエットが嫌になってやめてしまう女性も多いかと思いますが、それは逆効果になってしまう可能性もあるのです。
正しいダイエット方法を実行すれば体重は必ず落ちますし、健康な身体作りも目指せるので、ダイエット方法を見直しながら焦らずに継続していきましょう!