残業の毎日から脱却!日々の習慣を見直して仕事の効率を上げよう♪

LIFESTYLE

日本でも最近では、残業している人の方が“よく働いている”と考えられることが少なくなりました。
むしろ就業時間に効率を上げられずに、仕事ができない人と思われることが増えてきています。
これからはノー残業・ノー非効率の時代!
今回は誰でも簡単にできる「仕事の効率を上げる習慣」をご紹介します♪

仕事の効率を上げる習慣:適当なスマホチェックの仕方を覚える

学生や休日なら気の向くままにスマホをチェックすれば良いのですが、仕事中となると我慢するのが基本です。
しかし、私的に使っているスマホを仕事にも使っている人も多いでしょう。

一つの端末の中に仕事とプライベートが混在しているというのは、なかなか使い方が難しいですよね。
いい意味で“適当”にスマホをチェックする術も身につけておきたいところ!

数分に一度スマホをチェックしているようでは、いつまで経っても仕事が片付きません。
プライベートな内容は、休憩中と終業後などと完全に決めて、それ以外は一切見ないように習慣づけましょう。

また、自分の仕事の中に小休憩を見つけてスマホをチェックすると、ストレスも溜まりません。
緊張感を持って、仕事に集中すれば簡単にスマホのことを忘れることができますよ!

仕事の効率を上げる習慣:自分に合った場所選びをする

仕事場の環境や人間関係などを見直してみましょう。
あなたの集中力や効率とは直接関係がないように見えても、実は大きく関係している場合もあります。

終始賑やかで「仕事モード」になりづらい職場で、合っていないなら、潔く転職を考えることもおすすめ。
フリーアドレスを適用してくれる職場なら、落ち着いたカフェでがっつり集中して仕事を終わらせましょう。

仕事内容同様に仕事環境や場所選びも、あなたの立派な仕事です!

仕事の効率を上げる習慣:準備を万全にする

準備を万全にしたか、怠ったかで仕事の効率は変わってきます。

効率が変われば仕事の結果も変わり、あなたへの評価も大きく変わることとなります。
つまり準備を入念にすることで、あなたの評価を上げることができるのです。

しかし仕事が増えてくると、準備を適当に済ませてしまう癖が身に付き始めます。
「これくらいでいいだろう」そんな風に捉えてしまうのです。
仕事で「準備不足で……」と頭をさげるのは堪えますよね。
恥ずかしい気持ちと後悔に襲われ、その姿が結果に表れ、評価に繋がってしまう可能性も。

新しい仕事や久々に手をつける仕事は、背景や前回までの経緯などを徹底的に分析するなど、下準備は念入りに行いましょう!

仕事の効率を上げる習慣:スマホの通知設定は必要なもののみに切り替える

スマホの通知設定は便利な機能だけれど、仕事中には集中力を妨げる悪者になる可能性もあります。
仕事の効率を上げたいのなら今一度、通知設定を見直してみてはいかがでしょうか。

仕事用に使うタスク系アプリ等の通知は設定をONに。
ゲームやコラム(仕事・勉強系を除く)などの通知は、全てOFFにしておきます。

通知が全て仕事用なら、スマホはこまめにチェックすべき便利なアイテムとなります。
一方で、誘惑に負けてしまいそうな娯楽系アプリは、通知画面を完全にシャットアウトするようにしましょう。

スマホのトップ画面を仕事用とプライベート用に分けるのもおすすめです!

仕事の効率を上げる習慣:マルチタスクは類似性のあるものでまとめる

マルチタスクを得意とする人も、考えごとが増えて頭の切り替えがうまくいかないこともあるでしょう。
一方で、マルチタスクが苦手で可能ならば避けたいと願ってやまない人もいるはずです。

両者におすすめなのが、“類似性のある仕事(タスク)は並行して済ませる”ということです。類似性のある仕事なら、頭を完全に切り替えないので混乱も少なく、一斉に片付けることができます♪

また思わぬところで共通点や応用できるポイントが見つかって、結果効率を上げることに繋がるかもしれません。

仕事の効率を上げる習慣:会話は一つ一つ100%の気持ちで聞く

どんな些細な会話でも、職場で話されている会話には、真摯に向き合いましょう。
上司との会話や会議中の言葉には常に100%、いや120%くらいの気持ちで聞きましょう!

また、仕事をしながら話すくだらない会話の中にも、もしかすると仕事へのヒントが隠されているかもしれませんので、聞き耳を立てておいてもいいかも。

直接仕事に関係なくても、職場環境や人間関係を良くするために使える情報が詰まっているかもしれません♪

仕事の効率を上げるとなると、新たなスキルを学ぶなどという大掛かりなものを考えがち。
しかし日頃の習慣を少し見直して改善するだけで、結果が変わることもあるんです!
ぜひ「仕事の効率を上げる習慣」を試してみてくださいね♪