セフレから本命彼女に昇格する方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第105弾】

彼とカラダの関係は持っているんだけど、、なんかカラダ以上には必要とされていない感じ。もしかしたら私、セフレ扱いされてるかも!?

そんな風に感じたことはありますか?今回はセフレから本命彼女に下剋上する方法を書きます。

カラダだけの関係は侮れない

自分がセフレだと認識している女性に知っておいて欲しいのは「カラダだけの関係」というのは案外侮れないということです。

世の中の常識では、本命彼女のほうがレベルとしては格上でセフレが格下というような共通理解があります。それは、本当なんでしょうか?自分は本当に負けているのでしょうか??もう一度、考え直してみるといいでしょう。

例え話をすると、彼は彼女に対して本音を話していません。セフレがいることは言えないはずです。でも、セフレに対してなら彼は安心して本音を打ち明けていると思います。彼女がいることを伝えています。自分のほうが彼の本音も聞けているし一歩リードしているとポジティブに解釈すれば良いのです。

一度知ったら抜け出せない女になればいい

殆どの女性が本命彼女や一番の女が「良い女」だという罠に引っかかっています。ではなぜ本命彼女がいても浮気する男性がいるのでしょうか??

答えは簡単です。他の女性が入り込めるぐらい、二人が築いている関係性が脆いからです。男性が「コイツだけは別格なんだ」と大して思っていなければ、いくらでも他の女性が入る隙が出来てしまいます。ですから、セフレはセフレなりの戦い方をしたらいいのです。カラダを求められたら期待以上の仕事を毎回していればいいのです。

「一度知ったらもう他の女性じゃ満足できないかもな」と彼が感じるようになれば彼の価値観は変わっていくと思います。というか「カラダだけ」っていうような関係では済まされなくなってきて、「コイツはセフレだから」なんて、頭では割り切れなくなってきちゃうんですよねぇ。そこまで時間をかけていってしまえば本命彼女よりも遥かに強い存在になれるんですけどね。

「彼女がメイン」と思っていた女性が彼の気持ちの中で逆転して「いつの間にかセフレがメインっぽくなっちゃった。でもこれでいっか」と彼に思わせたら圧勝ですね\(^o^)/

好きな人に夢中になったら「負け」

自分が好きな人に夢中になることは容易なのです。恋愛がうまくいかない原因は、そこにあるのかもしれません。「自分が夢中になること」よりも「相手を夢中にさせることに夢中になる」ほうがうまくいきます。

夢中にさせる方法はいくつもありますが、相手が言われて嬉しいことや気持ちいいことを言えるような女性になるという目標を1つ持つだけでもこれまでとは変わっていくと思いますよ^ ^

強いオスの匂いを身体につけてみる

元々セフレだったのに本命彼女に昇格したことのある女友達に話を聞いたことがあります。「どうやって?」と聞いたら彼女は教えてくれました。「元々、わたしたちはセフレだったんだよね~。セフレだから、まいっかと思って私が彼氏を作ったんだよね。そしたらセフレの彼が怒って、私たちが付き合うことになった」らしいです。女友達、流石です。天然でそれが出来るっていいですね!

モテる女の共通点は、男性の独占欲を刺激するのがうまいところです。競争に勝って人気がある女を独占したい男性側の本能をくすぐるんだと思います。

女友達の話に戻ると、セフレだった頃にはしなかった「別のオスの匂い」が、彼氏を作った彼女の身体からするようになったのでしょう。男性の独占欲が芽生えて、狙っていなかったけど本命彼女になっちゃったというパターンです!

二人の関係性は自分から決めるもの

「セフレ」に悩む女性と話しながら気付いたことがあるのですが、セフレであろうと本命彼女であろうと、関係性は相手に選ばれるものではなく自分から決めていくものです。「彼とどんな関係になりたいのか」という具体的なイメージを持っていますか??

イメージを持ち続けていればそのような現実になっていきます。関係性は自分から設定してください。そこに好きな彼を巻き込んでみてください。

イメージを信じる力がつよい女性は、好きな相手と好きな関係になれますよ!
↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

【関連記事】モテ続けるアラサー女とモテなくなるアラサー女の決定的な違い

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第49弾】 先日、「現実の伝道師だね」とある方にあだ名を...


【関連記事】「上位5%のいい男」の本命彼女に選ばれる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第40弾】 今回は、頭が良くてルックスも良くて稼ぎもいい...


【関連記事】26歳女子がすべき「方向転換」とは?

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第51弾】 26歳といえば女の転換期に入りはじめたぐらいか...


【関連記事】 「また会いたい!」と思われる女性になるための信頼関係の作り方 4つ

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第45弾】 今回は、一度きりの出会いを次に繋がるチャンス...


【関連記事】飛び抜けて綺麗なオトナ女子が「透明感を保つためにやっていること♡」

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第53弾】 「透明感があるよね!」という言葉は最高の褒め...


【関連記事】高収入の彼に振られない女になる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第57弾】 「高収入の彼に愛される女」になるためには「高...


【関連記事】彼とセックスレスにならずに長続きさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第26弾】 彼との関係が長く続いてくると「家族」のような...


【関連記事】もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】 好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルー...


【関連記事】カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】 世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読む...


【関連記事】いい男にどうしても欲しいと思わせる!魔性の女テク3つ♡

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第30弾】 「いい女」の定義は曖昧なところがありますが「...


【関連記事】絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】 私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産...


【関連記事】忙しい彼に会いたがられる女性は何をしているのか?

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第33弾】 女性たちが女を磨くのは大好きな彼にもっと愛さ...

セフレ 本命彼女 昇格

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

斎藤美海

斎藤美海(さいとう みうな)

恋愛することで美しいオトナ女性になれるコラムを執筆してい…

>もっとみる