これだけはNG!美容にタブーの4つの夏習慣とは?

BEAUTY

夏は、美容にとって最も過酷な季節といわれています。
暑すぎてついケアを怠りがちな夏だけど、日頃の習慣を意識するかしないかで、夏終わりの姿は全然違います。
美容にとってタブーな4つの習慣はこちら! 

美容にタブーの夏習慣①「UVケアをしない」

夏といえば、大量の紫外線ですよね。
紫外線は、肌を黒くするだけでなく、肌の奥の組織にまで影響を与えて、数年後のシミやシワの原因にもなり得る恐ろしいものです。

また、紫外線は肌だけでなく、髪にも大きなダメージを与えます。

頭の先から指先までUVケアをする、日傘をさす、美白サプリメントを飲むなどして紫外線対策を徹底的に行いましょう!夏のUVケアをどれだけしたかが、将来の自分の姿に影響します。

美容にタブーの夏習慣②「乾燥対策をしない」

夏は気候がカラッとしているので、冬ほど乾燥しないと思われがちですが、実は冬と同じくらい乾燥する環境にあります。

クーラーや紫外線により、私たちの夏の肌は常に乾燥する状態にさらされているからです。
だから、冬と同様の乾燥対策が必須! 
肌へのこまめな水分チャージで、潤いをキープしましょう。

朝晩のスキンケアはもちろんですが、乾燥しやすい日中は潤い成分配合のミストやスティックを携帯すれば完璧です。

携帯用保湿アイテムで特に人気が高いのが、IPSAの「ザタイムリセット デイエッセンススティック」。肌の上でくるくるっと滑らせるようになじませれば、枯渇していた肌に潤いが蘇ります。メイクの上からも使えるところがポイント高し。ファンデノリが良くなりますよ。

美容にタブーの夏習慣③「カラダを冷やすこと」

暑さが厳しい夏は、氷がたくさん入ったコールドドリンクを飲んだり、アイスを食べたり、クーラーが必須になったりと、カラダを冷やすことをしがち。

これで暑さは回避できても、美への悪影響は増すばかりです。
”冷えは万病のもと”といわれていて、カラダを冷やすと血流が悪くなったり、肩こりや頭痛がおこったりと様々なことがおこります。

そうならないためには、ドリンクは常温で飲む、冷たい食べ物は口にしないよう心がける、クーラーは時間制限を決めて利用するなどの工夫が必要です。

美容にタブーの夏習慣④ 「お風呂はシャワーのみ&髪を乾かさない」

暑かったり、仕事に追われて時間がなかったりという理由でお風呂はシャワーのみ...... 
これは美容面からみると良い習慣ではありません。
カラダの冷えにつながったり、疲れが残ったりしてしまうからです。

入浴は10分でもかなりの効果があるといわれています。
モデルや美容家のような美のプロは、どんなに忙しくても湯船に毎日浸かることにしているそうですよ。

また、髪を乾かさないという習慣もタブーです。
濡れた髪はキューティクルがはがれやすいので、ボロボロに傷みやすいからです。

ドライヤーできちっと乾かして、洗い流さないヘアトリートメントをつければ鬼に金棒です! 

夏は美の大敵となる習慣をついついやってしまいがちです。
でもこの数ヶ月をどのように過ごすかが、将来の自分の姿に大きく影響します。
今年の夏は美習慣を心がけましょうね♡ 

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。