ネタバレ注意!『アナ雪』こじらせ解説。“恋愛のスペシャリスト”って!?

LIFESTYLE

『アナと雪の女王』の名脇役編。今回は、岩・トロールです。え!?岩?って感じですが、雪だるまのオラフと同じように、彼らもまた『アナ雪』のテーマである『真実の愛』を知っている重要なキャラクターなんです♪

『愛』という概念は教えられるけど、『愛そのもの』は与えられない

frozen.disney.com

山男クリストフが『恋愛のスペシャリスト』と呼ぶトロールたち。普段はただの岩で、ぴくりとも動かないけど、実は『真実の愛』を知っている愛の専門家(←個人的には『恋愛のスペシャリスト』よりも『愛の専門家』と訳した方がしっくりきます)。幼い妹アナの頭に凍ったとき、アナを助けてくれた恩人でもあります。

幼いアナを助けたとき『凍ったのが心じゃなく頭でよかった、頭なら簡単に丸め込めるから』なんてトロールが言ってましたが、このセリフ、深い!
『愛』という概念を説明することはできる(=頭が凍ったなら助けられる)けど、『真実の愛』を教えたり、簡単に与えることはできない(=心が凍ったら助けられない)。

暖炉のシーンで『本当の愛が分からないの』って言ってるアナの様子からも、『真実の愛』は人に教わるものではなく、人から与えられるものなんだってことが分かります。

好き合っているように見えるってことは両思いってこと♡

www.thetoryparty.com

トロールのもとを訪れた妹アナと山男クリストフ(と雪だるまのオラフ♡)を見て、『結婚しちゃいなYO!』と勝手に盛り上がるトロールたち。『なんで彼じゃダメなの?』と、ふたりをグイグイくっつけようとします。

これ、アナたちの立場からすると『なんておせっかいなんだ!』って感じ。でもね、きっとトロールたちにはお似合いの二人に見えたんです。
実際クリストフはアナを大事に思っていたし、アナもまた同じようにクリストフに安心感を抱くようになっていた。トロールたちの見方は正しかったんです。

本人たちからしてみれば、婚約とかいろいろなしがらみがあって、一筋縄にはいかないと思ってたけど、周りから見たらそんなのどうでもいいこと。
人って物事を難しく考えるのが大好きだけど、意外と、見えたままのことが真実だったりしますよね。

誰も完璧じゃない、でも愛があればたいした問題じゃない

frozen.disney.com

アナが婚約していると聞いたあとも、『婚約は解消すればいい』『まだ指輪もしてないし』と、相変わらず強引にくっつけようとするトロールたち。
『彼も彼女もたしかに問題がある、誰も完璧じゃない。でも愛があれば大丈夫!』と明るく歌い上げます(Fixer Upper)。

うん、そうなんですよね。『アナ雪』って完璧な人がひとりも出てこない。王子ハンスは悪い人だし、山男クリストフはいまいちカッコよくないし、エルサとアナはこじれてるし。
でも、愛があれば相手を理解しようと思える、乗り越えようと頑張れる、人の心を変えられるのは愛だけ!っていうメッセージですね♡

幼いクリストフを支えてくれたのは、岩(トロール)だった

wallpaper.artlesskitchen.com

山男クリストフって、たぶん両親がいないんですよね。
幼い頃からトナカイのスヴェンと二人っきりだったクリストフを『可愛い♡うちの子にしちゃお♡』と、家族にしてくれたのがトロールでした。

さきほどのFixer Upperの中でも『(クリストフが)孤独を好むのは、愛を求めているから』っていう歌詞が出てきます。多くの愛を知らずに育ったクリストフは、あえてトナカイと二人っきりでいることによって、『トロールたちもいるし孤独じゃないぞ!』と、愛を噛み締めていたんでしょうね。

人って、期待すると落胆するけど、期待しなければ感謝できる。矛盾するようだけど、愛が欲しいなら、見返りを求めちゃいけないってことなのか。難しいね。

オラフにも『僕も恋愛のスペシャリストなんだよー』っていうセリフがあります。『真実の愛』を知っているキャラクターは、いつだって自信満々。愛の力は偉大ですね♡
<アナこじらせ解説>
http://4meee.com/articles/view/494654 
<エルサこじらせ解説>
http://4meee.com/articles/view/195770 
<オラフこじらせ解説>
http://4meee.com/articles/view/802045