両親に感謝を伝える結婚式にしたい♡おすすめの演出5パターン♪

結婚式は、基本的に挙式と披露宴で構成されており、大体4〜5時間というわずかな時間で終了してしまいます。
「なんだ、長いじゃん!」と思う人もいるかもしれませんが、その時間内に何をメインに進行していくかを決めておかないと、ただあっという間に時間が過ぎてしまったということになりかねません!
「両親に感謝を伝える結婚式にしたい」
そう考えているプレ花嫁さんに向けて、その気持ちが伝わる結婚式の際の演出を5つ例に挙げてご紹介します。

両親に感謝を伝えられる♡結婚式の演出①▶おにぎりバイト

両親に感謝を伝えられる結婚式の演出1つ目は、おにぎりバイトです。
サンクスバイトやファーストミートなど、結婚式では“食べさせる”ことを行う演出が多く存在しています。

そのどれもが新郎から新婦、新婦から新郎に向けてのイベントとして構成されているケースがほとんど。

しかしこのような注目を集める演出で、両親への感謝を伝えたい、と考えるカップルも多くいます。

そんなカップルにおすすめしたい演出が、「おにぎりバイト」です。

結婚する今日その日まで、何個食べたかわからない、お愛情たっぷりの母さんお手製のおにぎり♡

その思い出の味を、結婚式のイベントとして活用するのが「おにぎりバイト」です。

この「おにぎりバイト」では、その場で両家のお母さんがおにぎりを作って、子供に食べさせるという演出を行います。

新郎も新婦も、お母さんから食べさせてもらう最後のおにぎりを味わって食べることで、感謝の気持ちが大きくなるのではないでしょうか。

一見面白いように思えるこのイベントですが、実は最後のおにぎりを味わうという感動のひとコマであることから、最近結婚式の演出として取り入れる人が急増しています。

両親に感謝を伝えられる♡結婚式の演出②▶プロフィールブック・ウェルカムボード

www.farbeco.jp

両親に感謝を伝えられる♡結婚式の演出2つ目は、プロフィールブック・ウェルカムボード
です。

結婚式の際に作成するプロフィールブックやウェルカムボードは、ただ見た目がかわいいだけでなく、どんな夫婦であるかを参列者の方々にわかってもらうためのツールでもあります。

プロフィールブックやウェルカムボードは、力を入れるプレ花嫁さんも多く、ここで両親への感謝を込めるというのもひとつの手なのです♡

例えば、ただ夫婦2人について紹介する内容にするだけでなく、そこに写真付きの家系図を盛り込んでみましょう。

すると両親だけでなく、親せきの紹介をすることもできて一石二鳥なんです♪

ウェルカムボードに関しては、感謝の気持ちよりも見た目のかわいさを重視して選ぶという方法をとるカップルも多く、いかに自分たちの世界観に合っているかを重視するのも良いでしょう。

しかしプロフィールブックに関しては、かわいさよりもむしろ内容重視で、ここに両親への感謝の気持ちを込めると、思い出として形に残るのでおすすめです。

主役である夫婦2人に関する内容はもちろん欠かせませんよね。2人のプロフィール以外に、もし2人の写真を並べるページを設けるのであれば、そのページに家系図を載せて、家族を紹介するほうが内容として充実します。

それだけでなく、両親や親せきにとって思い出に残る1冊になるのではないでしょうか♡

両親に感謝を伝えられる♡結婚式の演出③▶プロフィールムービー

両親に感謝を伝えられる結婚式の演出3つ目は、プロフィールムービーです。

プロフィールブックで家族や親せき以外の参列者全員に家族のことが記載されているものを持って帰ってもらうのも気が引ける……と考える人は、プロフィールムービーを活用して、両親への感謝の気持ちを伝えるのも良いでしょう。

例えば、両親2人を追跡する内容を盛り込み、そこで夫婦それぞれの幼少期のエピソードなどを撮っておくと、見ている側にとっても興味を引く内容になります。

そして、こうした両親が出演している内容のプロフィールムービーを撮っておくことにより、さらに感謝の気持ちが深まっていくのではないでしょうか。

結婚とは、両家がそれぞれ家族になり、今まで歩んできた人生の裾を広げていくこと。であれば、お互いがどんな人生を歩み、どんな両親に育ててきてもらったのかということを知りたいと思うのは自然なことですよね。

両親への感謝の気持ちを持つだけでなく、お互いの家族のことを知るうえでも、プロフィールムービーを有効に活用する方法はおすすめ♡

自分たちで取材をするのは照れ臭いと言う人は、中の良い友人に意図を伝え、代わりに両親に取材をしてもらうのも、意外な本音を聞き出すことのできるテクニックの1つです。

両親に感謝を伝えられる♡結婚式の演出④▶鏡開き

両親に感謝を伝えられる結婚式の演出4つ目は、鏡開きです。

両家の両親と新郎新婦が一緒にできる結婚式のイベントとしておすすめしたいのが、「鏡開き」です。

結婚式の際に行う鏡開きとは、掛け声に合わせて酒樽の蓋をたたくというもの。

結婚式は、和装の夫婦が2人で鏡開きをする図を目にする機会は多いのですが、両家の両親を交えた6人で行う姿は、あまり目にしないかもしれません。

しかし6人で力を合わせて鏡開きをすることで、絆を再確認できるというメリットが♡

実際に6人で力を合わせるという機会は、後にも先にもなかなかないもの。
お互いの家族が仲良くなるためにも、こうしたイベントを結婚式に盛り込むのも、ひとつの手ですよね。

実際に演出に両親を交えた鏡開きを取り入れた先輩花嫁からは、「両親同士の笑顔が見られ、良い表情を写真に収めることができた」という意見も出ています♪

和装で挙式を行うカップルや、お色直しで和装をするカップルに、ぜひ取り入れてほしい演出の1つです。

両親に感謝を伝えられる♡結婚式の演出⑤▶水合わせの儀

両親に感謝を伝えられる結婚式の演出5つ目は、水合わせの儀です。

先ほどご紹介した鏡開きのように、家族を巻き込める演出としてご紹介したいのが、「水引の儀」です。

水引の儀とは、新郎新婦が2人で水をひとつの器に注ぎ入れるというもの。

これには、「異なる環境でで育った新郎新婦が共に苦難を乗り越えて1つとなり、これから幸せな新しい家庭を築くことができますように」という意味があります。

通常は2人で行うこの演出を、“両家の初めての共同作業”として6人で行うのも素敵ですよね♡

6人で水引の儀を行うのであれば、どんな順番で水を注いでいくかを決めておくと、両家バランスのとれた見栄えのする演出に仕上がります。

結婚式当日はどこか緊張を隠せないという両家の両親も、こうした共同作業を行う演出を盛り込むことで、自然と笑顔になれるのがうれしいですよね♡

結婚式当日はあまり両親とじっくり会話を交わすタイミングがないので、このような演出を盛り込むことで、両親と触れ合う機会を設けることができます。
これから両親のもとを離れて、新しい家族を築いていく2人。
だからこそ、結婚式の機会に両親への感謝の気持ちをたくさん伝えておきたいと考えているプレ花嫁さんも多いのではないでしょうか。
両親を巻き込む結婚式の演出は、こうして見るとたくさん存在しています♡
2人にとって、そして両家の両親にとってかけがえのない1日になるよう、素敵な演出を企画してくださいね。

【関連記事】BGM選びって大切♡両親への感謝をつづったおすすめ結婚式ソング8曲

結婚式の内容を決めていくと同時に、それぞれの演出に合うBGM選びも、新郎・新婦の仕事の1つ...

両親 感謝 演出 結婚式 両家 家族 結婚 夫婦 笑顔

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

フリーデザイナー・アパレルマーケティングのお仕事をしています*

アパレルデザイナー・プ…

>もっとみる